Janelle Monae(2017.7.10)-史上6頭目のリオデジャネイロ牝馬三冠馬-

Result

Janelle Monae(ジャネールモネイ) 牝 鹿毛 2017.7.10生 伯国・Haras Santa Rita da Serra生産 馬主・Haras Santa Rita Da Serra 伯国・L Esteves厩舎

Janelle Monae(2017.7.10)の4代血統表
アグネスゴールド
鹿毛 1998.4.10
種付け時活性値:0.625【18.5】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
エリザベスローズ
栗毛 1989.5.3
ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
Northern Dancer 1961.5.27
Lady Victoria 1962.2.20
ノベンバーローズ
黒鹿毛 1982.2.7
Caro 1967.4.11
Jedina 1976.5.17
Just Lucky(BRZ)
鹿毛 1999.8.24
仔受胎時活性値:0.25【17】

Spend a Buck(USA)
鹿毛 1982.5.15
種付け時活性値:0.125【16.5】
Buckaroo
鹿毛 1975.2.13
Buckpasser 1963.4.28
Stepping High 1969.2.21
Belle de Jour
鹿毛 1973.4.9
Speak John 1958.2.7
Battle Dress 1966.5.7
Sawmill Dollars(USA)
黒鹿毛 1980.4.29
仔受胎時活性値:0.625【18.5】
Our Native(USA)
鹿毛 1970.4.25
種付け時活性値:0.25【9】
Exclusive Native 1965.4.17
Our Jackie 1964.2.10
Ahrex(USA)
栗毛 1975.2.27
仔受胎時活性値:1.00【4】
Dr. Fager(USA)
鹿毛 1964.4.6
種付け時活性値:0.50【10】
Seven Locks(USA)
鹿毛 1968.3.10
仔受胎時活性値:1.50【6】

<5代血統表内のクロス:なし>

Janelle Monae(2017.7.10)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
アグネスゴールド
(サンデーサイレンス
系)
▲Spend a Buck
(Buckpasser系)
Our Native
(Raise a Native系)
Dr. Fager
(Himyar系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
アグネスゴールド 3.375 半兄が伯GII勝ち馬
(No. 2-n)
11番仔?

*

2021年のエンリケ・ポッソーロ大賞(伯GI。ガベア芝1600m)の結果(上位5頭。着差は1着馬との差を示す)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 Janelle Monae 牝3 57 H Fernandes 1:36.39 L Esteves 2
2 8 I Believe In Magic 牝3 57 A Mota クビ C Oliveira 8
3 6 Cherie Vi 牝3 57 V Gil 1/2 S Lobo 5
4 4 Queller 牝3 57 W Xavier 1 C Oliveira 7
5 12 Nuit Noire 牝3 57 L Henrique 2 3/4 D Guignoni 12

2021年のエンリケ・ポッソーロ大賞。出走12頭中2頭がアグネスゴールド産駒。決勝点、僅かに「クビ」だけ差し切ったのはデビュー2戦目のJanelle Monae。

*

2021年のディアナ大賞(伯GI。ガベア芝2000m)の結果(上位5頭。着差は1着馬との差を示す)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 Janelle Monae 牝3 57 H Fernandes 1:59.20 L Esteves 1
2 3 Idle Ways 牝3 57 B Queiroz 1 1/2 C Oliveira 3
3 10 Rita Di Cascia 牝3 57 F Chaves 2 L Esteves 8
4 5 Cherie Vi 牝3 57 A Gulart 3 1/4 S Lobo 4
5 13 I Believe In Magic 牝3 57 A Mota 3 1/2 C Oliveira 5

2021年のディアナ大賞。出走13頭中5頭がアグネスゴールド産駒。道中先行3番手から内ラチ沿いを綺麗に抜けて来たのはJanelle Monae。

*

2021年のゼリア・ゴンザガ・ペイショト・デ・カストロ大賞(伯GI。ガベア芝2400m)の結果(上位5頭。着差は1着馬との差を示す)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 10 Janelle Monae 牝3 57 H Fernandes 2:26.14 L Esteves 1
2 1 Zarabatana 牝3 57 Jorge A Ricardo 1 C Morgado Neto 5
3 3 Non Merci 牝3 57 W S Cardoso 3 3/4 D Guignoni 3
4 6 Idle Ways 牝3 57 B Queiroz 4 3/4 C Oliveira 2
4 11 The Sister 牝3 57 Jose Aparecido da Silva 同着 R M Lima 6

2021年のゼリア・ゴンザガ・ペイショト・デ・カストロ大賞。出走12頭中5頭がアグネスゴールド産駒。そうしてJanelle Monae、Zarabatana(2017.8.23)、Non Merci(2017.8.7)、The Sister(2017.9.2)の4頭でワン・ツー・スリー・フォーフィニッシュ(!!!!)。Janelle Monaeは4戦4勝、無敗を以て史上6頭目となるリオデジャネイロ牝馬三冠を達成しました。

Janelle Monaeの前にリオデジャネイロ牝馬三冠を達成したのは、Indian Chris(1987.9.4)、ヴァージニー(1994.8.8)、ビーフェアー(1996.8.13)、Old Tune(2008.7.16)、No Regrets(2013.8.7)の5頭ということ。

https://www.jcb.com.br/home/noticias/289953/rainha-janelle-monae-a-sexta-triplice-coroada-do-turfe-carioca/

ええ。気合が入った時は地球の裏側の情報も確認しますよ(^^)。なお、名前を挙げた5頭のうち、ヴァージニーとビーフェアーは母Misty Moon(1986.9.11)の半姉妹です。そしてカタカナ表記の通り、2頭共に繁殖牝馬として輸入されています。そんな姉妹の祖母父にダンサーズイメージ(1965.4.10)が配されていることが、東洋の競馬ファンの琴線に触れました。

*

アグネスゴールド産駒がブラジルを席巻、ダービー制覇にリオ牝馬三冠 | JRA-VAN Ver.World
 2001年にスプリングステークスなど重賞を2勝し、種牡馬としてブラジルにわたったアグネスゴールドの産駒が目覚ましい活躍を見せている。  現地11日、ガベア競馬場で行われたG1ブラジルダービー(3歳
【海外競馬】ブラジル・リオ牝馬三冠をアグネスゴールド産駒が無敗で達成! | 競馬ニュース - netkeiba.com
 現地時間11日、ブラジルのガベア競馬でゼリア・ゴンザガ・ペイショト・ディ・カストロ大賞(G1・3歳牝・芝2400m・12頭立て)が行われた。 道中は4番手から進んだ単勝1.2倍の1番人気ジャネールモ… No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬ニュース。

伯国におけるアグネスゴールド産駒の席巻ぶりは、日本でサンデーサイレンス産駒が走り始めた頃-1990年代中期-を思い出すところです。しかし残念なことに、アグネスゴールドは感染症により生殖機能の問題が発生し、2020年に種牡馬引退したということ。

アグネスゴールド、2度目のチャンスを得た南米でまばゆい輝きを放つ|木下 昂也(Koya Kinoshita)|note
本記事は、アルゼンチンの競馬メディア "Turf Diario" が2021年3月16日に掲載した "Agnes Gold deslumbra en Sudamérica, donde encontró su segunda oportunidad"()を翻訳、一部改変したものになります。 アグネスゴールドは日本と...

ともあれ、アグネスゴールド産駒は伯国を中心とした南米でまだまだGI勝ちを収めるでしょうし、場合によってはIvar(2016.10.4)のように北米移籍してGI制覇ということもあるでしょう。

Ivar(2016.10.4)-第35回シャドウェルターフマイルS(米GI)の勝ち馬-
Ivar(アイバー/イヴァール) 牡 黒鹿毛 2016.10.4生 伯国・Stud Rio Dois Irmaos生産 馬主・Bonne Chance Farm, LLC and Stud R D I, LLC. 米国・Paulo H. Lobo厩舎

競走馬としてはケガの影響もあり日本のGII勝ちに留まったアグネスゴールド。けれど万事塞翁が馬で、遠く離れた異国の伯国において、種牡馬として「黄金の輝き」を見せてくれました。アグネスゴールド、今はゆっくりと仔どもたちの活躍を見守ってあげてください。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

#余談。本稿の主役であるJanelle Monaeと共に、昨日アップした

Olympic Kremlin(2017.9.6)-第138回クルゼイロ・ド・スル大賞(伯GI)の勝ち馬+α-
Olympic Kremlin(オリンピッククレムリン) 牡 栗毛 2017.9.6生 伯国・Haras Regina生産 馬主・Stud H & R 伯国・L Esteves厩舎 Culo E Camicia(クーロエカミーチャ) 牡 栗毛 2017.9.14生 伯国・Stud Principessa di Capri生産 馬主・Stud Principessa Di Capri 伯国・R Morgado Neto厩舎

にて紹介したOlympic Kremlin(2017.9.6)Culo E Camicia(2017.9.14)の4代血統構成を確認してみますと、、、

2021年のリオデジャネイロ三冠と牝馬三冠を制したアグネスゴールド産駒たち
馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
[料の遺伝]
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
第138回
クルゼイロ・ド・スル大賞
(伯GI。ガベア芝2400m)
Olympic Kremlin
(2017.9.6)

[9-f]
7番仔?
(7連産目?)
[6.125 or 4.125]
アグネスゴールド
(サンデーサイレンス系)
★Lemon Drop Kid
(Mr. Prospector系)
Green Tune
(Nijinsky系)
The Minstrel
(Northern Dancer系)
2021年の
フランシスコ・エドゥアルド・デ・パウラ・マシャド大賞
(伯GI。ガベア芝2000m)
Culo E Camicia
(2017.9.14)

[5-h]
3番仔?
(3連産目?)
[4.875]
アグネスゴールド
(サンデーサイレンス系)
▲Northern Afleet
(Mr. Prospector系)
Roi Normand
(Raise a Native系)
Clever Trick
(Nearctic系)
史上6頭目の
リオデジャネイロ
牝馬三冠馬
Janelle Monae
(2017.7.10)
[2-n]
11番仔?
[3.375]
アグネスゴールド
(サンデーサイレンス系)
▲Spend a Buck
(Buckpasser系)
Our Native
(Raise a Native系)
Dr. Fager
(Himyar系)

0の理論的には3頭共にブルードメアサイアーがミニモの遺伝(準ミニモの遺伝を含む)を与えています。大馬の母父が0交配と言いますと、我が国で言えばミスターシービー(1980.4.7)シンボリルドルフ(1981.3.13)コントレイル(2017.4.1)という三冠馬たちやダイワメジャー(2001.4.8)&ダイワスカーレット(2004.5.13)兄妹を思うところです。