タニノチカラ(1969.4.14)-優駿賞年度代表馬の同期生を辿る(No.2)-

Series

タニノチカラ 牡 栗毛 1969.4.14生~1980.4.10没 静内・カントリー牧場生産 馬主・谷水雄三氏 栗東・島崎宏厩舎

タニノチカラ(1969.4.14)の4代血統表
ブランブルー(FR)
鹿毛 1959
種付け時活性値:0.25【9】
Klairon
鹿毛 1952
Clarion
鹿毛 1944
Djebel 1937
Columba 1930
Kalmia
鹿毛 1931
Kantar 1925
Sweet Lavender 1923
Sans Tares
栗毛 1939
Sind
鹿毛 1933
Solario 1922
Mirawala 1923
Tara
栗毛 1932
▲Teddy 1913
Jean Gow 1920
タニノチエリ
栗毛 1963.6.20
仔受胎時活性値:1.25【5】
テイエポロ(ITY)
鹿毛 1955.4.17
種付け時活性値:1.75【7】
Blue Peter
栗毛 1936
Fairway 1925.4.15
Fancy Free 1924
Trevisana
鹿毛 1945
Niccolo Dell’Arca 1938
Tofanella 1931
シーマン(NZ)
栗毛 1951
仔受胎時活性値:0.625【10.5】
Able Seaman(GB)
黒鹿毛 1943
種付け時活性値:1.875【7.5】
Admiral’s Walk 1936
Charmeuse 1937
Vermah(NZ)
栗毛 1942
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】
▲Vermeer(GB)
1933
種付け時活性値:0.125【8.5】
Marheke(NZ)
栗毛 1934
仔受胎時活性値:1.75【7】

<5代血統表内のクロス:Solario4×5、Phalaris5×5>

タニノチカラ(1969.4.14)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ブランブルー
(Clarion系)
テイエポロ
(Fairway系)
Able Seaman
(Hyperion系)
Vermeer
(Gainsborough系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Able Seaman
(Rosedrop)
5.625 or 3.625 半兄タニノムーテイエ
(No. 12-g)
3番仔
(3連産目)

*

1973年の第68回天皇賞(東京芝3200m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢 騎手 走破
時計
着差 調教師
1 4 タニノチカラ 牡4 田島 日出雄 3:22.7 島崎 宏 2
2 9 ミリオンパラ 牡5 戌亥 信昭 3:23.0 2 戌亥 信義 7
3 5 オンワードガイ 牡5 蓑田 早人 3:23.2 1 森 末之助 4
4 2 ストロングエイト 牡4 中島 啓之 3:23.3 クビ 奥平 真治 6
5 1 インタープライド 牡4 東 信二 3:23.3 クビ 境 勝太郎 8

*

1974年の第19回有馬記念(中山芝2500m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢 騎手 走破
時計
着差 調教師
1 3 タニノチカラ 牡5 田島 日出雄 2:35.9 島崎 宏 2
2 1 ハイセイコー 牡4 増沢 末夫 2:36.7 5 鈴木 勝太郎 3
3 5 タケホープ 牡4 嶋田 功 2:36.7 クビ 稲葉 幸夫 1
4 9 ホウシユウエイト 牡4 福永 洋一 2:37.9 7 日迫 淸 5
5 8 ストロングエイト 牡5 中島 啓之 2:37.9 アタマ 奥平 真治 8

*

「花の47年組」の中では遅れてやって来た大物、タニノチカラ。2度の骨折を乗り越えた後、現年齢表記4歳時と5歳時、2年連続で優駿賞の最優秀4歳以上牡馬-当時は「最優秀5歳以上牡馬」-に選出されました。タニノチカラ、勝ったレースの動画を見れば、5歳秋以降は鬼のような強さ。クビの低い走法、栗毛がターフに映えて、タニノチカラ。これは確かにオールドファンの方が「タニノチカラ最強」と声を上げられるのも頷けます。

「賢兄賢弟」となるのは、なかなかに難しいこと。けれど、タニノチエリから生まれたタニノムーティエ(1967.5.9)とタニノチカラは、その毛色もあいまって「黄金兄弟」となりました。兄が東京優駿と皐月賞、弟が天皇賞・秋と有馬記念。尊ぶべきは母タニノチエリ、敬うべきは兄タニノムーティエ、そして称えるべきは弟タニノチカラ。

*

嘘か真か分かりかねますが、谷水信夫オーナーは、ドルメロの地に足を運んだことがあるそうな。

【魚拓】偉大なるブリーダー(その2) | 中山競馬倶楽部~競馬場はもっと楽しい~
- 2012年11月11日 17:58 - ウェブ魚拓

「リディアの御利益」の中の1頭がタニノチカラだった訳ですが、黄金兄弟のブルードメアサイアーはティエポロ。ティエポロはドルメロ産馬であり、新国牝系馬との遠隔地交配で生み出されたのが黄金兄弟の母タニノチエリでした。

#余談。タニノチカラと同期である「花の47年組」の東京優駿勝ち馬ロングエース(1969.4.2)のブルードメアサイアーもティエポロです。ロングエースの母ウインジエスト(1963.3.8)もロングワン(1968.4.14)、ロングエース、ロングファスト(1972.3.25)と3頭の重賞勝ち馬を産んだ名繁殖牝馬でした。

本稿の終わりとして、カントリー牧場の創業期を飾った1960年代の代表生産馬の4代血統構成を確認しておきます。

カントリー牧場の1960年代の代表生産馬
馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
[料の遺伝]
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
GI マーチス
(1965.5.11)
[13-a]
6番仔?
(5連産目?)
[4.375]
ネヴアービート
(Never Say Die系)
クモハタ
(Gainsborough系)
セフト
(The Tetrarch系)
ルフエーヴル
(St. Simon系)
GI タニノハローモア
(1965.4.23)

[12-f]
7番仔?
(7連産目?)
[5.00]
★ハロウエー
(Fairway系)
Borealis
(Teddy系)
Scottish Union
(Pharos系)
Foxhunter
(Son-in-Law系)
GI タニノムーテイエ
(1967.5.9)
[12-g]
初仔
[5.125 or 3.125]
ムーテイエ
(Sicambre系)
テイエポロ
(Fairway系)
Able Seaman
(Hyperion系)
Vermeer
(Gainsborough系)
GI タニノチカラ
(1969.4.14)
[12-g]
3番仔
(3連産目)
[5.625 or 3.625]
ブランブルー
(Clarion系)
テイエポロ
(Fairway系)
Able Seaman
(Hyperion系)
Vermeer
(Gainsborough系)

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[タニノチカラ(1969.4.14)の主な競走成績]

  1. 有馬記念、天皇賞・秋、京都記念・春、京都大賞典、ハリウッドターフクラブ賞、朝日チャレンジC
  2. サンケイ大阪杯、京都記念・春
  3. マイラーズC、目黒記念・秋

通算24戦13勝、2着5回、3着4回。

- YouTube
Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on Yo...