ゼンノロブロイ(2000.3.27)

【ありがとうゼンノロブロイ】2004年ジャパンカップ https://youtu.be/1LkvPCm9vk8 Obituary
【ありがとうゼンノロブロイ】2004年ジャパンカップ https://youtu.be/1LkvPCm9vk8

ゼンノロブロイ 牡 黒鹿毛 2000.3.27生~2022.9.2没 白老町・白老ファーム生産 馬主・大迫 忍氏→大迫 久美子氏 美浦・藤沢 和雄厩舎

ゼンノロブロイ(2000.3.27)の4代血統表
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:1.25【13】

Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason
黒鹿毛 1958.4.18
Turn-to 1951
Nothirdchance 1948
Cosmah
鹿毛 1953.4.4
★Cosmic Bomb 1944
Almahmoud 1947.5.18
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding
栗毛 1963.2.17
★Promised Land 1954.3.31
Pretty Ways 1953.3.21
Mountain Flower
鹿毛 1964.3.23
Montparnasse 1956
Edelweiss 1959.2.15
ローミンレイチェル
鹿毛 1990.4.18
仔受胎時活性値:0.25【9】
マイニング
栗毛 1984.4.4
種付け時活性値:1.25【5】
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
I Pass
鹿毛 1978.4.8
Buckpasser 1963.4.28
Impish 1972.5.19
One Smart Lady
鹿毛 1984.5.3
仔受胎時活性値:1.25【5】
Clever Trick
黒鹿毛 1976.3.10
種付け時活性値:1.75【7】
Icecapade 1969.4.4
Kankakee Miss 1967.4.16
Pia’s Lady
鹿毛 1971.4.11
仔受胎時活性値:1.00【12】
Pia Star
鹿毛 1961.4.20
種付け時活性値:0.25【9】
Plucky Roman
鹿毛 1954.4.13
仔受胎時活性値:2.00【16】

<5代血統表内のクロス:なし>

ゼンノロブロイ(2000.3.27)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
サンデーサイレンス
(Halo系)
マイニング
(Mr. Prospector系)
Clever Trick
(Nearctic系)
Pia Star
(Hyperion系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Clever Trick
(ローミンレイチェル)
4.50
(【9】+【5】+【12】+【16】)
母が米GI勝ち馬
(No. 2-b)
5番仔
(5連産目)

*

2003年のサラ系3歳新馬(中山芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 10 ゼンノロブロイ 牡3 56 横山 典弘 1:37.8 13-11-10 35.0 504
[初出走]
藤沢 和雄 1
2 1 ペイシャンスキング 牡3 56 内田 博幸 1:38.2 2 1/2 3-3-3 35.9 450
[+2]
成島 英春 11
3 13 エイユースパイダー 牡3 56 D.バルジュー 1:38.2 アタマ 6-7-7 35.7 472
[初出走]
鈴木 伸尋 7
4 6 メジロモーガン 牡3 56 江田 照男 1:38.2 クビ 2-2-2 36.0 452
[初出走]
谷原 義明 4
5 3 メジロフェリシア 牝3 54 柴田 善臣 1:38.3 1/2 12-9-7 35.6 430
[初出走]
尾形 充弘 9
2003年のサラ系3歳新馬(中山芝1600m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.5 – 12.0 – 12.5 – 12.5 – 12.6 – 11.9 – 11.8 – 12.0
ラップの
累計タイム
12.5 – 24.5 – 37.0 – 49.5 – 1:02.1 – 1:14.0 – 1:25.8 – 1:37.8
上り 4F 48.3 – 3F 35.7

*

2003年の山吹賞(中山芝2200m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 10 ゼンノロブロイ 牡3 56 横山 典弘 2:14.9 3-3-3-3 34.7 496
[-4]
藤沢 和雄 1
2 1 ルーベンスメモリー 牡3 56 後藤 浩輝 2:15.3 2 1/2 8-7-7-6 34.8 470
[0]
高橋 祥泰 3
3 9 フルーツマシン 牡3 56 吉田 豊 2:15.5 1 1/2 9-9-9-8 34.4 496
[+2]
大久保 洋吉 6
4 6 スズカラムクン 牡3 56 小野 次郎 2:15.6 3/4 4-4-3-3 35.4 430
[0]
伊藤 圭三 10
5 4 タイキヴァンベール 牡3 56 蛯名 正義 2:15.8 1 1/4 2-2-1-1 35.9 442
[-2]
田中 清隆 4
2003年の山吹賞(中山芝2200m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.5 – 11.0 – 12.5 – 12.7 – 13.1 – 12.5 – 13.0 – 12.6 – 11.9 – 11.7 – 11.4
ラップの
累計タイム
12.5 – 23.5 – 36.0 – 48.7 – 1:01.8 – 1:14.3 – 1:27.3 – 1:39.9 – 1:51.8 – 2:03.5 – 2:14.9
上り 4F 47.6 – 3F 35.0

*

2003年の第10回テレビ東京杯青葉賞(GII。東京芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 11 ゼンノロブロイ 牡3 56 横山 典弘 2:26.3 6-5-4-5 34.1 488
[-8]
藤沢 和雄 1
2 4 タカラシャーディー 牡3 56 佐藤 哲三 2:26.5 1 1/4 4-5-4-8 34.2 468
[+2]
佐々木 晶三 2
3 7 クラフトワーク 牡3 56 勝浦 正樹 2:26.5 ハナ 12-9-10-11 34.0 448
[-2]
後藤 由之 3
4 8 マイジョーカー 牡3 56 池添 謙一 2:26.5 アタマ 15-13-12-11 34.0 456
[0]
池添 兼雄 5
5 5 ヨシサイバーダイン 牡3 56 小野 次郎 2:27.3 5 6-9-7-3 35.3 456
[0]
嶋田 潤 11
2003年の第10回テレビ東京杯青葉賞(GII。東京芝2400m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.9 – 11.4 – 11.6 – 11.6 – 12.2 – 13.3 – 13.6 – 12.6 – 12.6 – 11.3 – 11.4 – 11.8
ラップの
累計タイム
12.9 – 24.3 – 35.9 – 47.5 – 59.7 – 1:13.0 – 1:26.6 – 1:39.2 – 1:51.8 – 2:03.1 – 2:14.5 – 2:26.3
上り 4F 47.1 – 3F 34.5

*

2003年の第51回神戸新聞杯(GII。阪神芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 2 ゼンノロブロイ 牡3 56 K.デザーモ 1:59.5 6-6-6-4 34.8 492
[+2]
藤沢 和雄 3
2 9 サクラプレジデント 牡3 56 武 豊 2:00.1 3 1/2 10-10-8-4 35.0 478
[-2]
小島 太 1
3 11 ネオユニヴァース 牡3 56 福永 祐一 2:00.2 1/2 5-6-6-4 35.3 490
[0]
瀬戸口 勉 2
4 7 リンカーン 牡3 56 横山 典弘 2:00.2 ハナ 4-4-5-4 35.5 466
[+4]
音無 秀孝 5
5 5 ザッツザプレンティ 牡3 56 安藤 勝己 2:00.4 1 1/2 2-2-2-1 35.9 492
[+4]
橋口 弘次郎 4
2003年の第51回神戸新聞杯(GII。阪神芝2000m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.7 – 11.5 – 12.4 – 12.1 – 11.8 – 12.2 – 11.7 – 11.6 – 11.7 – 11.8
ラップの
累計タイム
12.7 – 24.2 – 36.6 – 48.7 – 1:00.5 – 1:12.7 – 1:24.4 – 1:36.0 – 1:47.7 – 1:59.5
上り 4F 46.8 – 3F 35.1

*

2004年の第130回天皇賞・秋(GI。東京芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 13 ゼンノロブロイ 牡4 58 O.ペリエ 1:58.9 11-8-9 34.4 498
[+6]
藤沢 和雄 1
2 4 ダンスインザムード 牝3 54 C.ルメール 1:59.1 1 1/4 3-3-3 34.9 466
[-8]
藤沢 和雄 13
3 8 アドマイヤグルーヴ 牝4 56 武 豊 1:59.3 1 1/2 9-8-8 34.9 464
[-12]
橋田 満 9
4 5 ツルマルボーイ 牡6 58 蛯名 正義 1:59.3 クビ 13-11-13 34.5 464
[+6]
橋口 弘次郎 3
5 10 ローエングリン 牡5 58 横山 典弘 1:59.5 1 1-1-1 35.7 484
[+4]
伊藤 正徳 6
2004年の第130回天皇賞・秋(GI。東京芝2000m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.6 – 11.4 – 11.8 – 12.2 – 12.1 – 11.8 – 11.9 – 11.4 – 11.4 – 12.3
ラップの
累計タイム
12.6 – 24.0 – 35.8 – 48.0 – 1:00.1 – 1:11.9 – 1:23.8 – 1:35.2 – 1:46.6 – 1:58.9
上り 4F 47.0 – 3F 35.1

*

2004年の第24回ジャパンカップ(GI。東京芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 9 ゼンノロブロイ 牡4 57 O.ペリエ 2:24.2 7-7-7-6 34.3 502
[+4]
藤沢 和雄 1
2 10 コスモバルク 牡3 55 C.ルメール 2:24.7 3 2-2-2-2 35.3 492
[+6]
田部 和則 2
3 7 デルタブルース 牡3 55 安藤 勝己 2:24.8 クビ 10-9-9-11 34.6 512
[-14]
角居 勝彦 7
4 1 ポリシーメイカー 牡4 57 S.パスキエ 2:24.8 アタマ 6-5-5-4 35.1 454
[前計不]
E.ルルーシュ 14
5 4 ナリタセンチュリー 牡5 57 柴田 善臣 2:24.9 1/2 9-9-9-8 34.9 460
[-4]
藤沢 則雄 4
2004年の第24回ジャパンカップ(GI。東京芝2400m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.8 – 11.2 – 11.9 – 11.7 – 11.8 – 12.0 – 12.3 – 12.8 – 12.7 – 11.7 – 11.4 – 11.9
ラップの
累計タイム
12.8 – 24.0 – 35.9 – 47.6 – 59.4 – 1:11.4 – 1:23.7 – 1:36.5 – 1:49.2 – 2:00.9 – 2:12.3 – 2:24.2
上り 4F 47.7 – 3F 35.0

*

*

2004年の第49回有馬記念(GI。中山芝2500m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 1 ゼンノロブロイ 牡4 57 O.ペリエ 2:29.5 レコード 2-2-2-2 35.3 508
[+6]
藤沢 和雄 1
2 9 タップダンスシチー 牡7 57 佐藤 哲三 2:29.6 1/2 1-1-1-1 35.7 504
[前計不]
佐々木 晶三 3
3 6 シルクフェイマス 牡5 57 四位 洋文 2:29.8 1 1/2 7-6-6-5 35.1 480
[+14]
鮫島 一歩 9
4 8 ダイタクバートラム 牡6 57 武 豊 2:30.0 1 10-10-9-10 34.9 498
[0]
橋口 弘次郎 5
5 10 デルタブルース 牡3 55 D.ボニヤ 2:30.0 クビ 4-4-4-3 35.6 530
[+18]
角居 勝彦 4
2004年の第49回有馬記念(GI。中山芝2500m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
7.0 – 11.6 – 11.5 – 11.7 – 12.3 – 12.4 – 12.0 – 11.7 – 11.8 – 11.9 – 11.6 – 11.6 – 12.4
ラップの
累計タイム
7.0 – 18.6 – 30.1 – 41.8 – 54.1 – 1:06.5 – 1:18.5 – 1:30.2 – 1:42.0 – 1:53.9 – 2:05.5 – 2:17.1 – 2:29.5
上り 4F 47.5 – 3F 35.6

*

File Not Found JRA

つい先日タイキシャトル(1994.3.23)を送る記事を書いたのですが、

タイキシャトル(1994.3.23)
タイキシャトル(Taiki Shuttle) 牡 栗毛 1994.3.23生~2022.8.17没 米国・Taiki Farm生産 馬主・(有)大樹ファーム 美浦・藤沢 和雄厩舎

藤沢和雄厩舎の後輩ゼンノロブロイを送ることになろうとは……。

ゼンノロブロイ。3歳2月のデビューから青葉賞までポンポンと駆け上がり東京優駿(GI)でもネオユニヴァース(2000.5.21)から半馬身差の2着。ひと夏越えた後の神戸新聞杯が出色の強さで、東京優駿で一緒に戦ったサクラプレジデント(2000.4.11)、ネオユニヴァース、リンカーン(2000.3.18)ザッツザプレンティ(2000.5.26)等を相手に完勝。「おぉ、この世代の筆頭はゼンノロブロイやったか」と思った後、何故か敗戦が続いてしまいました。菊花賞(GI)4着、有馬記念3着、日経賞(GII)2着、天皇賞・春(GI)2着、宝塚記念(GI)4着、京都大賞典(GII)2着……。

善戦マンに陥っていたゼンノロブロイでしたが、久しぶりに走った左回りのレース、天皇賞・秋で目が覚めたかのような走りを見せてGI初制覇を遂げました。その天皇賞・秋の優勝で憑き物が落ちたのか、ジャパンカップを当時のレース史上最大着差3馬身差の快勝、そしてグランプリ有馬記念を芝2500m2分29秒5のレコードタイムで勝利。ゼンノロブロイ、2022年の現在でもテイエムオペラオー(1996.3.13)とゼンノロブロイだけしか達成していない秋の中長距離GI3連勝を決めてみせました。

そうしてゼンノロブロイ、サンデーサイレンス産駒として初めてJRA年度代表馬の栄誉に浴したのでした。

*

↑で引いたJRAニュースの記事において

大迫家にとってたくさんの夢と幸せを与えてくれた馬なので、ただただ感謝しかありません。

と、馬主であった大迫久美子氏のコメントが発表されています。黒光りする馬体が格好良かったゼンノロブロイ、競馬ファンにとってもたくさんの夢と幸せを与えてくれた名馬でした。22歳、逝くにはまだ早かった。合掌。

 

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

[ゼンノロブロイ(2000.3.27)の主な競走成績]

  1. ジャパンカップ(GI)、有馬記念(GI)、天皇賞・秋(GI)、神戸新聞杯(GII)、青葉賞(GII)
  2. 英インターナショナルS(GI)、東京優駿(GI)、天皇賞・春(GI)、天皇賞・秋(GI)、京都大賞典(GII)、日経賞(GII)
  3. ジャパンカップ(GI)、有馬記念(GI) 、宝塚記念(GI)

通算20戦7勝、2着6回、3着4回。

#2022年09月02日(金)初出、2023年11月25日(土)記事改め。

JRA賞年度代表馬を辿る(其の拾漆)-ゼンノロブロイ(2000.3.27)-
ゼンノロブロイ 牡 黒鹿毛 2000.3.27生 白老・白老ファーム生産 馬主・大迫忍氏→大迫久美子氏 美浦・藤沢和雄厩舎
ゼンノロブロイ(2000.3.27)-ジャパンカップ(GI)の勝ち馬を辿る(No.24)-
ゼンノロブロイ(Zenno Rob Roy) 牡 黒鹿毛 2000.3.27生 白老・白老ファーム生産 馬主・大迫忍氏 美浦・藤沢和雄厩舎
Electrocutionist(2001.2.24)-折々の勝負を辿る(No.2)-
Electrocutionist(エレクトロキューショニスト) 牡 鹿毛 2001.2.24生~2006.9.9没 米国・Compagnia Generale生産 馬主・Earle I. Mack→Godolphin 伊国・Valfredo Valiani厩舎→UAE・Saeed bin Suroor厩舎