ジェンティルドンナ(2009.2.20)-ジャパンカップ(GI)の勝ち馬を辿る(No.33)-

Series

ジェンティルドンナ(Gentildonna) 牝 鹿毛 2009.2.20生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・石坂正厩舎

ジェンティルドンナ(2009.2.20)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:1.50【6】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963
Highclere 1971
ドナブリーニ
栗毛 2003.3.27
仔受胎時活性値:1.25【5】
Bertolini
鹿毛 1996.2.9
種付け時活性値:1.50【6】
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Aquilegia
栗毛 1989.4.25
Alydar 1975.3.23
Courtly Dee 1968.3.8
Cal Norma’s Lady
栗毛 1988.5.7
仔受胎時活性値:1.50【14】
リフアーズスペシヤル
鹿毛 1980.2.17
種付け時活性値:1.75【7】
Lyphard 1969
My Bupers 1967.6.1
June Darling
鹿毛 1983.4.18
仔受胎時活性値:1.00【4】
ジユニアス
黒鹿毛 1976.3.15
種付け時活性値:1.50【6】
Beau Darling
栗毛 1966
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【16】

<5代血統表内のクロス:Lyphard4×4、Northern Dancer4×5×5>

ジェンティルドンナ(2009.2.20)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
Bertolini
(Danzig系)
リフアーズスペシヤル
(Lyphard系)
ジユニアス
(Bold Ruler系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
リフアーズスペシヤル
(ドナブリーニ)
5.75 or 3.75 母が英GI勝ち馬&全姉ドナウブルー
(No. 16-f)
2番仔
(2連産目)

*

2013年の第33回ジャパンカップ(GI。東京芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 7ジェンティルドンナ 牝4 55 R.ムーア 2:26.1 3-3-3-4 33.9 470
[0]
石坂 正 1
2 9 デニムアンドルビー 牝3 53 浜中 俊 2:26.1 ハナ 12-14-13-13 33.2 434
[-6]
角居 勝彦 7
3 5トーセンジョーダン 牡7 57 W.ビュイック 2:26.1 クビ 2-2-2-2 34.1 480
[+4]
池江 泰寿 11
4 6 アドマイヤラクティ 牡5 57 C.ウィリアムズ 2:26.2 3/4 9-9-10-10 33.5 484
[+2]
梅田 智之 4
5 10 ドゥーナデン 牡7 57 J.スペンサー 2:26.3 クビ 14-11-10-10 33.6 464
[前計不]
M.デルザングル 13

2013年の第33回ジャパンカップ。三冠馬どうしの激しいぶつかり合いから1年。

ジェンティルドンナ(2009.2.20)-ジャパンカップ(GI)の勝ち馬を辿る(No.32)-
ジェンティルドンナ(Gentildonna) 牝 鹿毛 2009.2.20生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・石坂正厩舎

ジェンティルドンナ自身の勝利も1年ぶり。果たされたのは「ジャパンカップ史上初の連覇」。そして、ディープインパクト牝駒のワンツーフィニッシュ。

ジェンティルドンナについては

ジェンティルドンナ(2009.2.20)-牝馬三冠馬を辿る(No.4)-
ジェンティルドンナ 牝 鹿毛 2009.2.20生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・石坂正厩舎

でも記しましたが、史上4頭目のJRA牝馬三冠馬は、

牝馬三冠の後も史上初の3歳牝馬によるジャパンカップ(GI)制覇、やはり史上初のジャパンカップ連覇、日本の牝馬としては初めてのドバイシーマクラシック(UAE・GI)勝利、そしてまた大団円となった引退レースの有馬記念(GI)勝ち。最終的にはGI7勝を挙げたジェンティルドンナ、日本競馬史上に残る名牝の一角として、その名を刻みました。

改めて戦歴を振り返れば、東京競馬場でGI3勝、阪神競馬場でGI1勝、京都競馬場でGI1勝、UAEのメイダン競馬場でGI1勝、中山競馬場でGI1勝と、コースも距離も不問で強さを見せ続けた大名牝ジェンティルドンナ。日本が誇る稀に見る貴婦人の仔孫の走りも期待しています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

[ジェンティルドンナ(2009.2.20)の主な競走成績]

  1. ジャパンカップ(GI)2回、有馬記念(GI)、優駿牝馬(GI)、桜花賞(GI)、秋華賞(GI)、ドバイシーマクラシック(UAE・GI)、ローズS(GII)、シンザン記念(GIII)
  2. 天皇賞・秋(GI)2回、ドバイシーマクラシック(UAE・GI)
  3. 宝塚記念(GI)

通算19戦10勝、2着4回、3着1回。