ローズキングダム(2007.5.10)-ジャパンカップ(GI)の勝ち馬を辿る(No.30)-

Series

ローズキングダム(Rose Kingdom) 牡 黒鹿毛 2007.5.10生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・橋口弘次郎厩舎

ローズキングダム(2007.5.10)の4代血統表
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:1.25【5】
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Miesque
鹿毛 1984.3.14
Nureyev 1977.5.2
Pasadoble 1979.4.1
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン
鹿毛 1983.5.9
トライマイベスト 1975.4.28
Mill Princess 1977.5.21
Pilot Bird
鹿毛 1983.2.9
★Blakeney 1966.3.28
The Dancer 1977.3.31
ローズバド
青毛 1998.4.29
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.75【11】
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ロゼカラー
鹿毛 1993.2.15
仔受胎時活性値:1.00【4】
Shirley Heights
鹿毛 1975.3.1
種付け時活性値:0.25【17】
Mill Reef 1968.2.23
Hardiemma 1969
ローザネイ
栗毛 1988.2.9
仔受胎時活性値:1.00【4】
Lyphard
鹿毛 1969.5.10
種付け時活性値:0.50【18】
Riviere Doree
栗毛 1980.4.11
仔受胎時活性値:1.75【7】

<5代血統表内のクロス:Mill Reef4×5、Northern Dancer5×5×5>

ローズキングダム(2007.5.10)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
Shirley Heights
(Mill Reef系)
Lyphard
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
キングカメハメハ
(マンファス)
5.75 or 3.75 母と祖母がJRA重賞勝ち馬
(No. 1-w)
3番仔
(3連産目)

*

2010年の第30回ジャパンカップ(GI。東京芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 6 ローズキングダム 牡3 55 武 豊 2:25.2  5-7-5-6 34.2 462
[-2]
橋口 弘次郎 4
2 16ブエナビスタ 牝4 55 C.スミヨン 2:24.9 (1位降着) 12-14-12-10 33.5 462
[+6]
松田 博資 1
3 2ヴィクトワールピサ 牡3 55 M.ギュイヨン 2:25.2 ハナ 2-2-2-2 34.4 510
[前計不]
角居 勝彦 8
4 8 ジャガーメイル 牡6 57 R.ムーア 2:25.3 3/4 15-15-16-16 33.7 484
[0]
堀 宣行 7
5 7 ペルーサ 牡3 55 安藤 勝己 2:25.3 クビ 18-18-18-18 33.5 510
[+8]
藤沢 和雄 3

2010年の第30回。第5回の勝ち馬であるシンボリルドルフ(1981.3.13)が30回の記念として東京競馬場に来場しました。

シンボリルドルフ(1981.3.13)-ジャパンカップ(GI)の勝ち馬を辿る(No.5)+α-
シンボリルドルフ(Symboli Rudolf) 牡 鹿毛 1981.3.13生~2011.10.4没 門別・シンボリ牧場生産 馬主・シンボリ牧場 美浦・野平祐二厩舎 ロッキータイガー(Rocky Tiger) 牡 黒鹿毛 1981.5.12生~2007.4.2没 新冠・松浦牧場生産 馬主・児玉孝氏 船橋・泉孝厩舎

当年とって29歳とは思えない若々しい姿に「サスガはルドルフ!!」という声も多く寄せられたそうな。そんなルドルフ来場に合わせたのか、ブエナビスタ(2006.3.14)が父スペシャルウィーク(1995.5.2)と共に「ルドルフとテイオーに続く2例目の父仔制覇」を遂げたかに見えたゴール直後。

スペシャルウィーク(1995.5.2)-ジャパンカップ(GI)の勝ち馬を辿る(No.19)-
スペシャルウィーク(Special Week) 牡 黒鹿毛 1995.5.2生~2018.4.27没 門別・日高大洋牧場生産 馬主・臼田弘義氏 栗東・白井寿昭厩舎

府中の杜に住まいし神様は、ブエナビスタの斜行をよしとせず、意外な結末をもたらしました。ジャパンカップ史上初の1位降着、2着馬の繰り上がり優勝。果たして、ブエナビスタは勝利の忘れ物を取り返すことが出来たのか。絶景の物語の続きは翌2011年の第31回に。

*

ローズキングダム。薔薇一族悲願のGI制覇を遂げたバラの王国。現行のJRAの斤量制度では別定GII戦ではGI馬でも58kg止まりであり、ローズキングダムが2011年に制した京都大賞典(GII)が、別定GII戦でGI馬が59kgを背負って勝利を収めた最後の例となっています。そしてまたその京都大賞典が、後藤浩輝騎手の関西圏のJRA競馬場における最後の重賞勝利でもありました。

2011年の第46回京都大賞典(GII。京都芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 7 ローズキングダム 牡4 59 後藤 浩輝 2:24.1  3-3-3-3 33.1 468
[+2]
橋口 弘次郎 1
2 8ビートブラック 牡4 57 安藤 勝己 2:24.3 1 1/4 3-4-4-4 33.2 506
[-10]
中村 均 4
3 4オウケンブルースリ 牡6 58 浜中 俊 2:24.3 クビ 5-5-4-5 33.1 488
[+2]
音無 秀孝 3
4 3 ジャガーメイル 牡7 58 四位 洋文 2:24.3 アタマ 5-5-6-5 33.0 486
[-2]
堀 宣行 2
5 1 フォゲッタブル 牡5 57 N.ピンナ 2:24.7 2 1/2 2-2-2-2 34.1 496
[+6]
池江 泰寿 7

やはり別定GIIは、GI馬が59kgを背負って他馬をねじ伏せるレースであって欲しいと思う、若干古いファンの意見です^^;

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[ローズキングダム(2007.5.10)の主な競走成績]

  1. ジャパンカップ(GI)、朝日杯フューチュリティS(JpnI)、京都大賞典(GII)、神戸新聞杯(GII)、東京スポーツ杯2歳S(JpnIII)
  2. 東京優駿(GI)、菊花賞(GI)
  3. 日経賞(GII)、日経新春杯(GII)、スプリングS(GII)

通算25戦6勝、2着2回、3着3回。

引退馬牧場 Yogiboヴェルサイユリゾートファーム | 北海道
引退名馬数、国内トップクラスの引退馬が余生を過ごす引退馬牧場ヴェルサイユリゾートファーム。引退馬支援、預託馬を随時募集しております。