エイシンサニー(1987.3.29)

Obituary

エイシンサニー 牝 鹿毛 1987.3.29生~2021.2.17没 浦河・栄進牧場生産 馬主・平井豊光氏 栗東・坂口正則厩舎

エイシンサニー(1987.3.29)の4代血統表
ミルジヨージ
鹿毛 1975.4.12
種付け時活性値:0.75【11】
Mill Reef
鹿毛 1968.2.23
Never Bend
鹿毛 1960.3.15
Nasrullah 1940.3.2
Lalun 1952
Milan Mill
鹿毛 1962.2.10
Princequillo 1940
Virginia Water 1953.4.18
Miss Charisma
鹿毛 1967
Ragusa
鹿毛 1960
Ribot 1952.2.27
Fantan 1952
マタテイナ
鹿毛 1960
Grey Sovereign 1948.3.30
Zanzara 1951
エイシンナツコ
鹿毛 1980.3.18
仔受胎時活性値:1.50【6】
ダイアトム
黒鹿毛 1962.6.13
種付け時活性値:0.25【17】
Sicambre
黒鹿毛 1948
Prince Bio 1941
Sif 1936
Dictaway
黒鹿毛 1952
▲Honeyway 1941
Nymphe Dicte 1935
ラウンドマザー
栗毛 1971.4.29
仔受胎時活性値:2.00【8】
チヤイナロツク
栃栗毛 1953
種付け時活性値:0.25【17】
Rockefella 1941
May Wong 1934
レデイアリス
栗毛 1956
仔受胎時活性値:1.50【14】
Alycidon
栗毛 1945.3.15
種付け時活性値:0.50【10】
Pontoon
芦毛 1940
仔受胎時活性値:1.75【15】

<5代血統表内のクロス:Nasrullah4×5(父方)、Prince Rose5×5>

エイシンサニー(1987.3.29)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ミルジヨージ
(Mill Reef系)
ダイアトム
(Prince Bio系)
チヤイナロツク
(Hyperion系)
Alycidon
(Blandford系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ミルジヨージ 6.75 メジロタイヨウと同牝系
(No. 3-f)
2番仔
(2連産目)

*

1990年の第51回優駿牝馬(GI。東京芝2400m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢 騎手 走破
時計
着差 調教師
1 17 エイシンサニー 牝3 岸 滋彦 2:26.1 坂口 正則 5
2 20アグネスフローラ 牝3 河内 洋 2:26.2 3/4 長浜 博之 1
3 5 ケリーバッグ 牝3 菅原 泰夫 2:26.5 2 山田 要一 3
4 3 ビクトリヤシチー 牝3 柴田 政人 2:26.7 1・1/4 奥平 真治 12
5 4ダイイチルビー 牝3 武 豊 2:27.1 2・1/2 伊藤 雄二 2

1990年の第51回優駿牝馬。最後の直線、先に行った桜花賞(GI)馬アグネスフローラ(1987.6.18)を内から競り負かしたエイシンサニー。岸滋彦騎手、クラシック初制覇の瞬間でした。東京芝2400mの勝ち時計2分26秒1は、馬場改修される前の東京競馬場で行われた優駿牝馬のレコードタイムとして残りました。

思えばこの1990年前後がミルジョージ産駒の最盛期だったのでしょう。エイシンサニーの他にもイナリワン(1984.5.7)オサイチジョージ(1986.4.13)、ロジータ(1986.5.26)、リンデンリリー(1988.3.16)等が走っていました。種牡馬ミルジョージ、芝ダート問わずに活躍馬が出て、1989年、つまりは平成最初の日本首位種牡馬に輝きました。

90年オークス馬エイシンサニー死す | 競馬ニュース - netkeiba.com
 90年オークス馬のエイシンサニーが17日に死んだことが分かった。34歳。ジャパン・スタッドブック・インターナショナルが18日、発表した。 同馬は栗東・坂口正則厩舎から89年8月に小倉でデビューすると… No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬ニュース。

エイシンサニー、34歳の大往生。今はただただ、合掌。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[エイシンサニー(1987.3.29)の主な競走成績]

  1. 優駿牝馬(GI)、報知杯4歳牝馬特別(GII)

通算20戦4勝、2着1回、3着1回。

#余談。エイシンサニーが制した優駿牝馬の前週の安田記念(GI)ではオグリキャップ(1985.3.27)が東京芝1600m1分32秒4、翌週の東京優駿(GI)ではアイネスフウジン(1987.4.10)が東京芝2400m2分25秒3と、3週続けてのレースレコード更新。結局、馬場改修が行われた2002年までに、この3レースのレコードタイムを更新する馬は現れませんでした。強く速い馬たちが駆けた1990年春の東京芝におけるJRAGIレースでした。