ブエナビスタ(2006.3.14)-【2010年】のJRA・GI勝ち馬を辿る(No.15)-

Series

ブエナビスタ 牝 黒鹿毛 2006.3.14生 早来町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・松田 博資厩舎

ブエナビスタ(2006.3.14)の4代血統表
スペシャルウィーク
黒鹿毛 1995.5.2
種付け時活性値:0.50【10】

サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
キャンペンガール
鹿毛 1987.4.19
マルゼンスキー
鹿毛 1974.5.19
Nijinsky 1967.2.21
シル 1970.4.22
レディーシラオキ
鹿毛 1978.4.3
セントクレスピン 1956
ミスアシヤガワ 1964.5.24
ビワハイジ
青鹿毛 1993.3.7
仔受胎時活性値:1.00【12】
Caerleon
鹿毛 1980.3.27
種付け時活性値:1.00【12】
Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
Northern Dancer 1961.5.27
Flaming Page 1959.4.24
Foreseer
黒鹿毛 1969.4.12
Round Table 1954.4.6
Regal Gleam 1964.3.17
アグサン
青毛 1985.3.23
仔受胎時活性値:1.75【7】
Lord Gayle
黒鹿毛 1965
種付け時活性値:0.75【19】
Sir Gaylord 1959.2.12
Sticky Case 1958
Santa Luciana
黒鹿毛 1973.4.4
仔受胎時活性値:0.75【11】
★Luciano
鹿毛 1964.5.7
種付け時活性値:0.00【8】
Suleika
黒鹿毛 1954
仔受胎時活性値:0.50【18】

<5代血統表内のクロス:Nijinsky4×3、Hail to Reason4×5、Turn-to5×5>

ブエナビスタ(2006.3.14)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
スペシャルウィーク
(サンデーサイレンス系)
Caerleon
(Nijinsky系)
Lord Gayle
(Sir Gaylord系)
Luciano
(Owen Tudor系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Caerleon 4.00 母と妹も2歳牝馬王者
(No. 16-c)
6番仔
(3連産目)

*

2010年の第142回天皇賞・秋(GI。東京芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 2 ブエナビスタ 牝4 56 C.スミヨン 1:58.2 9-8-8 34.1 456
[-4]
松田 博資 1
2 7 ペルーサ 牡3 56 安藤 勝己 1:58.5 2 17-17-17 33.6 502
[-4]
藤沢 和雄 4
3 12 アーネストリー 牡5 58 佐藤 哲三 1:58.7 1 1/2 4-4-4 34.8 530
[0]
佐々木 晶三 2
4 5 オウケンサクラ 牝3 54 北村 宏司 1:58.9 1 1/4 2-2-2 35.2 492
[-12]
音無 秀孝 17
5 14 ネヴァブション 牡7 58 後藤 浩輝 1:58.9 クビ 11-10-10 34.7 492
[+6]
伊藤 正徳 11
JRAホームページ|データファイル|競走成績データ

2010年の第142回天皇賞・秋。4歳を迎えてからの主戦であった横山典弘騎手の落馬負傷により、クリストフ・スミヨン騎手がテン乗りとなったブエナビスタ。誰が鞍上でも、どの競馬場でも、相手が牡牝でも関係なしに、ただひたすらにトップを目指して駆けたブエナビスタ。そんな彼女が単純に「強い!!」と思わせてくれたレースのひとつが、史上初の天皇賞・秋「父娘」制覇となった2010年の第142回天皇賞・秋でした。

父スペシャルウィークが好きだった私は、自然と娘ブエナビスタも応援していた訳ですが、天皇賞・秋を制した際に以下のように記していました。

ブエナビスタという牝馬は、ウオッカとダイワスカーレットを足して2で割ったような感じがする牝馬です。あの剛胆さと安定性の同居は、そんな風にしか表現できない。オメメぱっちりの可愛らしいを顔しているし、華奢な感じもするのですが、ね。しかし、よくもまぁ、立て続けに歴史的名牝に出逢うもの。

馬に対して「足して2で割った」とは失礼な表現をしたものです^^;。ともあれ、ブエナビスタ。21世紀の日本の名牝たちの系譜に名を連ねる1頭であることは間違いありません。その絶景の物語、代を重ねても続いて行きますように。

ブエナビスタ、その馬名意味は「素晴らしい景色、絶景(西)」。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[ブエナビスタ(2006.3.14)の主な競走成績]

  1. ジャパンカップ(GI)、天皇賞・秋(GI)、優駿牝馬(JpnI)、桜花賞(JpnI)、阪神ジュベナイルフィリーズ(JpnI)、ヴィクトリアマイル(GI)、京都記念(GII)、チューリップ賞(JpnIII)
  2. ジャパンカップ(GI)、有馬記念(GI)2回、宝塚記念(GI)2回、ヴィクトリアマイル(GI)、ドバイシーマクラシック(UAE・GI)、札幌記念(GII)
  3. 秋華賞(GI)、エリザベス女王杯(GI)

通算23戦9勝、2着8回、3着3回。

ブエナビスタ(2006.3.14)-【2010年】のJRA・GI勝ち馬を辿る(No.7)-
ブエナビスタ 牝 黒鹿毛 2006.3.14生 早来町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・松田 博資厩舎
ブエナビスタ(2006.3.14)-ジャパンカップ(GI)の勝ち馬を辿る(No.31)-
ブエナビスタ(Buena Vista) 牝 鹿毛 2006.3.14生 早来・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・松田博資厩舎
ブエナビスタ|3分でわかった気になる名馬 JRA