ビッグウィーク(2007.3.20)-【2010年】のJRA・GI勝ち馬を辿る(No.14)-

Series

ビッグウィーク 牡 青鹿毛 2007.3.20生 新ひだか町・カントリー牧場生産 馬主・谷水 雄三氏 栗東・長浜 博之厩舎

ビッグウィーク(2007.3.20)の4代血統表
バゴ
黒鹿毛 2001.2.3
種付け時活性値:1.25【5】
Nashwan
栗毛 1986.3.1
Blushing Groom
栗毛 1974.4.8
Red God 1954.2.15
Runaway Bride 1962
Height of Fashion
鹿毛 1979.4.14
Bustino 1971
Highclere 1971.4.9
Moonlight’s Box
鹿毛 1996.2.2
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
Northern Dancer 1961.5.27
Special 1969.3.28
Coup de Genie
鹿毛 1991.5.7
Mr. Prospector 1970.1.28
Coup de Folie 1982.4.2
タニノジャドール
鹿毛 1998.4.7
仔受胎時活性値:2.00【8】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.75【11】
Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
タニノブーケ
鹿毛 1982.4.17
仔受胎時活性値:1.75【15】
ノーザンデイクテイター
鹿毛 1974.1.28
種付け時活性値:1.75【7】
Northern Dancer 1961.5.27
Dictates 1964
タニノヒユールパス
鹿毛 1966.4.7
仔受胎時活性値:1.75【15】
Hugh Lupus
鹿毛 1952
種付け時活性値:1.25【13】
イシユクーダー
鹿毛 1959
仔受胎時活性値:1.50【6】

<5代血統表内のクロス:Halo3×5、Northern Dancer4×4>

ビッグウィーク(2007.3.20)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
バゴ
(Blushing Groom系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
ノーザンデイクテイター
(Northern Dancer系)
Hugh Lupus
(Djebel系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ノーザンデイクテイター
(タニノブーケ)
7.00 祖母がGII勝ち馬
(No. 2-u)
2番仔
(不受胎後)

*

2010年の第71回菊花賞(GI。京都芝3000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 6 ビッグウィーク 牡3 57 川田 将雅 3:06.1 3-3-2-2 34.4 450
[+6]
長浜 博之 7
2 10 ローズキングダム 牡3 57 武 豊 3:06.3 1 1/4 13-13-10-10 33.9 464
[+2]
橋口 弘次郎 1
3 12 ビートブラック 牡3 57 幸 英明 3:06.3 クビ 4-4-3-3 34.4 510
[0]
中村 均 13
4 2 レーヴドリアン 牡3 57 福永 祐一 3:06.4 3/4 5-5-7-8 34.1 460
[-10]
松田 博資 5
5 14 コスモラピュタ 牡3 57 津村 明秀 3:06.4 クビ 1-1-1-1 35.9 478
[+2]
高橋 祥泰 11
JRAホームページ|データファイル|競走成績データ

2010年の第71回菊花賞。ビッグウィーク、好発から先行3番手の位置で折り合い、淀の勝負どころである向こう正面の坂では2番手。坂の下りで行き脚を付けてビッグウィーク、直線で逃げ粘るコスモラピュタ(2007.5.2)を捉えると、2着争いを繰り広げる後続を尻目に悠々と抜け出し。ビッグウィーク、京都芝3000mの決勝点では2着のローズキングダム(2007.5.10)に1と4分の1馬身差を着けて、「1番強い馬が勝つ」と言われる菊花賞で重賞初制覇かつGI初制覇を遂げたのでした。

この菊花賞勝ちを以て、バゴ産駒はJRA・GI初勝利、オーナーブリーダーのカントリー牧場はクラシック三冠を達成、そしてまた長浜博之調教師もクラシック三冠を果たされました。ビッグウィーク、その馬名意味は「重大な週」ということです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[ビッグウィーク(2007.3.20)の主な競走成績]

  1. 菊花賞(GI)
  2. 神戸新聞杯(GII)

通算26戦5勝、2着5回、3着1回。

#カントリー牧場のクラシック三冠について補足しておきますと、

  1. 皐月賞
    →マーチス(1965.3.4)、タニノムーテイエ(1967.5.9)
  2. 東京優駿
    タニノハローモア(1965.4.23)タニノムーテイエ(1967.5.9)タニノギムレット(1999.5.4)ウオッカ(2004.4.4)
  3. 菊花賞
    ビッグウィーク(2007.3.20)

##長浜師のクラシック三冠についても補足しておきますと、

  1. 皐月賞
    アグネスタキオン(1998.4.13)
  2. 東京優駿
    アグネスフライト(1997.3.2)
  3. 菊花賞
    ビッグウィーク(2007.3.20)

###ビッグウィークはタニノブーケの孫というだけでエコヒイキしたくなる馬でした。良血なんですよね。タニノブーケ自身がデイリー杯3歳S(GII)の勝ち馬であり、直仔にタニノボレロ(1988.5.17)、タニノクリエイト(1992.4.26)の重賞勝ち兄弟を送り出した名繁殖牝馬でもありました。そしてまたやはり直仔であるテンシンランマン(1990.3.28)も、競馬を見始めた時に応援していた馬でしたので。

引退名馬