ステイフーリッシュ(2015.2.22)-2022年のレッドシーターフH(沙GIII)の勝ち馬-

Result

ステイフーリッシュ(Stay Foolish) 牡 鹿毛 2015.2.22生 千歳市・社台ファーム生産 馬主・(有)社台レースホース 栗東・矢作 芳人厩舎

ステイフーリッシュ(2015.2.22)の4代血統表
ステイゴールド
黒鹿毛 1994.3.24
種付け時活性値:1.00【20】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ゴールデンサッシュ
栗毛 1988.4.23
デイクタス
栗毛 1967.4.11
Sanctus 1960.2.11
Doronic 1960.3.25
ダイナサツシユ
鹿毛 1979.3.16
ノーザンテースト 1971.3.15
ロイヤルサツシユ 1966
カウアイレーン
黒鹿毛 2006.4.9
仔受胎時活性値:2.00【8】
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:1.00【4】
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
シルバーレーン
黒鹿毛 1985.2.10
仔受胎時活性値:1.00【20】
Silver Hawk
鹿毛 1979.4.20
種付け時活性値:1.25【5】
Roberto 1969.3.16
Gris Vitesse 1966.3.2
Strait Lane
黒鹿毛 1974.3.27
仔受胎時活性値:0.50【10】
Chieftain
黒鹿毛 1961.4.9
種付け時活性値:1.00【12】
Level Sands
青毛 1949
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【24】

<5代血統表内のクロス:Hail to Reason4×5>

ステイフーリッシュ(2015.2.22)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ステイゴールド
(サンデーサイレンス系)
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
Silver Hawk
(Roberto系)
Chieftain
(Bold Ruler系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Silver Hawk
(カウアイレーン)
5.50 or 3.50 伯父ブラックホーク
(No. 5-g)
3番仔
(3連産目)

*

2022年のレッドシーターフH(沙GIII。キングアブドゥルアジーズ芝3000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 8ステイフーリッシュ 牡7 60 C.ルメール 3:06.08 矢作 芳人 8
2 1 Sonnyboyliston せん5 62 Ben Coen 4 1/4 J P Murtagh 2
3 9 Siskany せん4 59.5 James Doyle 1 3/4 Charlie Appleby 1
4 4 Baron Samedi せん5 60 Ryan Moore 2 Joseph Patrick O’Brien 3
5 5 Dubai Future せん6 60 Pat Cosgrave ハナ Saeed bin Suroor 7
ステイフーリッシュが待望の勝利、サウジG3レッドシーターフHで欧州の強豪を一蹴 | JRA-VAN Ver.World
 サウジアラビアのキングアブドゥルアジーズ競馬場でG3レッドシーターフハンデキャップ(4歳以上、芝3000m)が現地26日に行われ、日本から遠征したステイフーリッシュが欧州の一流ステイヤーに4馬身1/

2022年のレッドシーターフH。今年2022年から国際GIIIとなったレッドシーターフH、1着賞金が150万米ドルですから、1ドル115円換算とすると1億7千250万円という世界各国の賞金基準からしても並のGIレースよりも高額賞金となった一戦。そんなレッドシーターフHを制したのはステイフーリッシュ。黒の帽子に「黄、黒縦縞、袖青一本輪」の勝負服をまとったクリストフ・ルメール騎手に御されると、斤量60kgもいとやせず、14頭立てのキングアブドゥルアジーズ芝3000mを逃げ切り。2着のSonnyboyliston(2017.3.5)は昨年2021年の愛セントレジャー(GI)勝ち馬であり、欧州のGI馬相手に4と4分の1馬身差の快勝を遂げました。ステイフーリッシュ、父ステイゴールドに続いて父仔2代の海外Gレース制覇。そしてまたステイフーリッシュ自身にとっては、2018年の京都新聞杯(GII)以来、3年9ヶ月ぶりのGレース制覇と相成りました。

えー、結局ですね、

オーソリティ(2017.2.12)-2022年のネオムターフC(沙GIII)の勝ち馬-
オーソリティ(Authority) 牡 鹿毛 2017.2.12生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)シルクレーシング 美浦・木村 哲也厩舎
ソングライン(2018.3.4)-2022年の1351ターフスプリント(沙GIII)の勝ち馬-
ソングライン(Songline) 牝 青鹿毛 2018.3.4生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 美浦・林 徹厩舎

オーソリティ(2017.2.12)、ソングライン(2018.3.4)、ステイフーリッシュと「親仔で海外Gレース制覇」かつ「鞍上はクリストフ・ルメール騎手」による日本馬のサウジカップデー3連勝でした^^;

父同様に7歳で海外Gレースを勝利して見せたステイフーリッシュ。海外転戦のノウハウも豊富な矢作芳人厩舎所属馬だけに、2022年の動向を楽しみにしておきます。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。