ナムラリコリス(2019.4.26)&セリフォス(2019.3.7)-2022年のクラシック候補生を確認する(No.1)-

Pedigree

ナムラリコリス 牝 芦毛 2019.4.26生 浦河町・桑田 正己氏生産 馬主・奈村 睦弘氏 栗東・大橋 勇樹厩舎

ナムラリコリス(2019.4.26)の4代血統表
ジョーカプチーノ
芦毛 2006.4.11
種付け時活性値:1.00【12】
マンハッタンカフェ
青鹿毛 1998.3.5
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
サトルチェンジ
黒鹿毛 1988.4.2
Law Society 1982.2.16
Santa Luciana 1973.4.4
ジョープシケ
芦毛 2000.2.11
フサイチコンコルド
鹿毛 1993.2.11
Caerleon 1980.3.27
バレークイーン 1988.4.16
ジョーユーチャリス
芦毛 1988.5.15
トウシヨウボーイ 1973.4.15
ジヨーバブーン 1977.4.17
ナムラキッス
鹿毛 2011.5.4
仔受胎時活性値:1.75【7】
マツリダゴッホ
鹿毛 2003.3.15
種付け時活性値:1.75【7】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ペイパーレイン
栗毛 1991.3.23
Bel Bolide 1978.2.5
Floral Magic 1985.4.20
ナムラシンシア
栗毛 2002.4.4
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】
パントレセレブル
栗毛 1994.3.17
種付け時活性値:1.75【7】
Nureyev 1977.5.2
Peinture Bleue 1987
ナムラヒミコ
鹿毛 1994.5.2
仔受胎時活性値:1.75【7】
キンググローリアス
黒鹿毛 1986.2.6
種付け時活性値:1.75【7】
ダイナハニー
栗毛 1980.5.10
仔受胎時活性値:1.25【13】

<5代血統表内のクロス:サンデーサイレンス3×3>

ナムラリコリス(2019.4.26)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ジョーカプチーノ
(サンデーサイレンス系)
マツリダゴッホ
(サンデーサイレンス系)
パントレセレブル
(Nureyev系)
キンググローリアス
(Mr. Prospector系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
マツリダゴッホ
(ペイパーレイン)
6.75 or 4.75 ナムラホームズと同牝系
(No. 16-h アラバスターゼセカンド系)
3番仔
(4連産目)

*

2021年の第53回函館2歳S(GIII。函館芝1200m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 11ナムラリコリス 牝2 54 泉谷 楓真 1:09.9 3-3 35.7 464
[-2]
大橋 勇樹 3
2 6カイカノキセキ 牝2 54 鮫島 克駿 1:10.1 1 1/4 3-3 36.0 474
[+2]
池添 学 2
3 1グランデ 牡2 54 坂井 瑠星 1:10.2 1 8-6 35.1 458
[0]
吉田 直弘 10
4 3イチローイチロー 牡2 54 池添 謙一 1:10.3 1/2 5-5 35.8 424
[+2]
北出 成人 8
5 5カワキタレブリー 牡2 54 加藤 祥太 1:10.4 アタマ 8-9 35.4 418
[-4]
杉山 佳明 9

2021年の第53回函館2歳S。2019年生まれ世代JRA最初の重賞を制したのはナムラリコリス。6月19日の札幌芝1200mの新馬戦を8番人気2着、7月3日の函館芝1200mの未勝利戦を1番人気1着、そして7月17日の函館2歳Sを3番人気1着。中1週続きの3戦目、デビュー2年目の泉谷楓真騎手のエスコートに応えたナムラリコリス、泉谷騎手にも重賞初制覇をプレゼントしました。ナムラリコリス、その馬名意味は「冠名+花の名前」。

“純国産”の孝行娘 ナムラリコリスのさらなる活躍に期待 | 競馬ニュース - netkeiba.com
 7月17日に行われた函館2歳Sは、泉谷楓真騎手騎乗のナムラリコリス(牝2歳、栗東・大橋)が快勝。キャリア3戦目の若駒と、デビュー2年目の若武者が北の大地で輝きを放った。 あれから半月。灼熱の栗東トレ… No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬ニュース。

↑の記事、良いお話と思いました。父方は冠名「ジョー」がボトムラインに並び、母方の直牝系は冠名「ナムラ」が並ぶ。カタカナ馬名が4代血統表内に数多く現れるナムラリコリス、鞍上と共に頑張って欲しいものです。

*

セリフォス 牡 栗毛 2019.3.7生 安平町・追分ファーム生産 馬主・(株)G1レーシング 栗東・中内田 充正厩舎

セリフォス(2019.3.7)の4代血統表
ダイワメジャー
栗毛 2001.4.8
種付け時活性値:0.25【17】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
スカーレットブーケ
栗毛 1988.4.11
ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
Northern Dancer 1961.5.27
Lady Victoria 1962.2.20
スカーレツトインク
栗毛 1971.5.5
Crimson Satan 1959.5.4
Consentida 1962.4.6
シーフロント
鹿毛 2011.5.9
仔受胎時活性値:1.75【7】
Le Havre
鹿毛 2006.2.4
種付け時活性値:1.00【4】
Noverre
鹿毛 1998.5.2
Rahy 1985.2.18
ダンスールファビュルー 1982.3.2
Marie Rheinberg
黒鹿毛 2002.3.11
★Surako 1993.4.15
Marie d’Argonne 1981.3.21
Freedom Herself
鹿毛 1999.3.6
仔受胎時活性値:0.75【11】
Freedom Cry
鹿毛 1991.4.7
種付け時活性値:1.75【7】
ソヴィエトスター 1984.4.20
Falling Star 1980.5.11
Redeem Herself
栗毛 1982.3.7
仔受胎時活性値:2.00【16】
General Assembly
栗毛 1976.4.30
種付け時活性値:1.25【5】
Redowa
栗毛 1964
仔受胎時活性値:0.25【17】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5>

セリフォス(2019.3.7)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ダイワメジャー
(サンデーサイレンス系)
Le Havre
(Blushing Groom系)
Freedom Cry
(Nureyev系)
General Assembly
(Bold Ruler系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Freedom Cry
(Northern Dancer)
4.75 母が仏GIII3着馬
(No. 9-e)
2番仔
(2連産目)

*

2021年の第41回新潟2歳S(GIII。新潟芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 1セリフォス 牡2 54 川田 将雅 1:33.8  6-6 32.8 486
[+6]
中内田 充正 3
2 8アライバル 牡2 54 C.ルメール 1:34.0 1 1/4 6-6 33.0 482
[+8]
栗田 徹 1
3 6オタルエバー 牡2 54 幸 英明 1:34.1 3/4 1-1 33.9 464
[-4]
中竹 和也 2
4 11コムストックロード 牝2 54 柴田 大知 1:34.2 クビ 2-2 33.8 432
[-2]
中野 栄治 9
5 5スタニングローズ 牝2 54 松山 弘平 1:34.3 1/2 12-11 32.9 488
[+10]
高野 友和 5

2021年の第41回新潟2歳S。中内田充正厩舎が得意な2歳重賞と言いますと新潟2歳Sという感も出来つつあります。2016年の第36回を制したヴゼットジョリー(2014.2.28)、2017年の第37回を制したフロンティア(2015.4.5)、そして2021年の第41回を制したのはセリフォス。そんなセリフォスについて、川田将雅騎手曰く

川田 スタッフにも言いましたが、新馬戦の前に初めて跨ったときに、アドマイヤマーズにそっくりだと感じました。僕は引退間際の完成された状態で乗っているので、デビューした頃のアドマイヤマーズとは比較できないんですけど、きっとこんな感じだったんだろうなという雰囲気なんですよ。アドマイヤマーズは、本当に素晴らしい走りをしていましたからね。

新潟2歳Sを制したセリフォス あのGI馬を彷彿させるポテンシャル 【月刊 川田将雅】 – 川田将雅 | 競馬コラム – netkeiba.com

GI3勝を挙げたアドマイヤマーズ(2016.3.16)が引き合いに出される程のセリフォス、その馬名意味は「エーゲ海にある島名。母名より連想」。

  

という訳で、遅ればせながら「2022年のクラシック候補生を確認する」記事群のスタートですm(_ _)m

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。