ソダシ(2018.3.8)&メイケイエール(2018.2.23)-2021年のクラシック候補生を確認する(No.2)-

ソダシ 牝 白毛 2018.3.8生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人ホールディングス(株) 栗東・須貝尚介厩舎

ソダシ(2018.3.8)の4代血統表
クロフネ
芦毛 1998.3.31
種付け時活性値:0.75【19】
フレンチデピュティ
栗毛 1992.1.30
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Mitterand
鹿毛 1981.2.19
Hold Your Peace 1969.1.24
Laredo Lass 1971.3.19
ブルーアヴェニュー
芦毛 1990.2.15
Classic Go Go
鹿毛 1978.2.11
Pago Pago 1960
Classic Perfection 1972.4.22
Eliza Blue
芦毛 1983.4.11
Icecapade 1969.4.4
コレラ 1978.2.18
ブチコ
白毛 2012.4.27
仔受胎時活性値:1.25【5】
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
種付け時活性値:0.50【10】
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
シラユキヒメ
白毛 1996.4.4
仔受胎時活性値:1.75【15】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.25【9】
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ウェイブウインド
鹿毛 1991.1.28
仔受胎時活性値:1.00【4】
★Topsider
鹿毛 1974.3.15
種付け時活性値:0.00【16】
Storm and Sunshine
黒鹿毛 1983.2.3
仔受胎時活性値:1.75【7】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5>

ソダシ(2018.3.8)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
クロフネ
(Deputy Minister系)
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
★Topsider
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
クロフネ 5.75 近親メイケイエール
(No. 2-w)
初仔

*

2020年の第55回札幌2歳S(GIII。札幌芝1800m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 13 ソダシ 牝2 54 吉田 隼人 1:48.2 レコード 4-4-3-1 36.7 474
[+2]
須貝 尚介 2
2 8 ユーバーレーベン 牝2 54 戸崎 圭太 1:48.2 クビ 14-14-5-3 36.6 478
[+20]
手塚 貴久 5
3 6 バスラットレオン 牡2 54 坂井 瑠星 1:48.5 1 3/4 2-2-2-2 37.2 462
[0]
矢作 芳人 1
4 14 アオイゴールド 牝2 54 団野 大成 1:48.6 1/2 6-9-5-4 37.0 456
[+8]
和田 雄二 12
5 2 ヴェローチェオロ 牡2 54 大野 拓弥 1:48.7 クビ 6-6-5-7 37.1 454
[-2]
須貝 尚介 9

2020年の第55回札幌2歳S。史上初の白毛馬による芝重賞制覇を遂げたソダシ。札幌芝1800mの勝ち時計1分48秒2は2歳レコードタイムのオマケも付いてきました。白毛にブチ模様で人気を博したブチコを母に持つ白毛3代目のソダシ、その馬名意味は「純粋、輝き(サンスクリット)」ということです。なお、JRA史上初の白毛馬による重賞制覇を遂げたのは、ソダシの「いとこ」であるハヤヤッコ(2016.2.10)ですね。

2019年のクラシック候補生を確認する(其の弐拾伍)
グルーヴィット 牡 鹿毛 2016.4.5生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)キャロットファーム 栗東・松永幹夫厩舎ハヤヤッコ 牡 白毛 2016.2.10生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・金子真人ホールディングス(株) 美浦・国枝栄厩舎

そしてまた中央、地方を通じて初めての重賞制覇を遂げたのは、ソダシにとっては「伯母」となるユキチャン(2005.3.8)でした。

ユキチャン(2005.3.28)。
ユキチャン、白毛馬初の重賞V!(netkeiba.com) うぉ、史上初の白毛馬の重賞制覇、成りました。クロフネ(1998.3.31)の仔、8馬身差の圧勝ですか。これはお見事でした、ユキチャンと武豊騎手。お父さんのジャパンカップダート(GI

*

メイケイエール 牝 鹿毛 2018.2.23生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・名古屋競馬(株) 栗東・武英智厩舎

メイケイエール(2018.2.23)の4代血統表
ミッキーアイル
鹿毛 2011.3.12
種付け時活性値:1.50【6】

ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao 1980.2.28
Burghclere 1977.4.26
スターアイル
鹿毛 2004.5.18
ロックオブジブラルタル
鹿毛 1999.3.8
デインヒル 1986.3.26
Offshore Boom 1985.3.23
アイルドフランス
鹿毛 1995.3.30
Nureyev 1977.5.2
ステラマドリッド 1987.5.15
シロインジャー
白毛 2013.2.24
仔受胎時活性値:1.00【4】
ハービンジャー
鹿毛 2006.3.12
種付け時活性値:1.50【6】
Dansili
黒鹿毛 1996.1.27
デインヒル 1986.3.26
Hasili 1991.3.12
Penang Pearl
鹿毛 1996.3.11
Bering 1983.3.20
Guapa 1988.5.4
ユキチャン
白毛 2005.3.28
仔受胎時活性値:1.75【7】
クロフネ
芦毛 1998.3.31
種付け時活性値:1.50【6】
フレンチデピュティ 1992.1.30
ブルーアヴェニュー 1990.2.15
シラユキヒメ
白毛 1996.4.4
仔受胎時活性値:2.00【8】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.25【9】
ウェイブウインド
鹿毛 1991.1.28
仔受胎時活性値:1.00【4】

<5代血統表内のクロス:サンデーサイレンス3×4、デインヒル4×4>

メイケイエール(2018.2.23)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ミッキーアイル
(サンデーサイレンス系)
ハービンジャー
(デインヒル系)
クロフネ
(Deputy Minister系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ミッキーアイル 5.75 近親ソダシ
(No. 2-w)
初仔

*

2020年の第40回小倉2歳S(GIII。小倉芝1200m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 8 メイケイエール 牝2 54 武 豊 1:09.6   5-4 35.1 460
[-2]
武 英智 2
2 9 モントライゼ 牡2 54 川田 将雅 1:09.8 1 1/4 2-2 35.7 482
[0]
松永 幹夫 1
3 2 フォドラ 牝2 54 北村 友一 1:10.5 4 5-4 36.0 402
[-6]
牧浦 充徳 5
4 7 ルクシオン 牝2 54 松山 弘平 1:10.8 2 8-8 35.9 426
[0]
河内 洋 7
5 10 フリード 牝2 54 和田 竜二 1:10.8 ハナ 1-1 36.9 482
[+6]
西園 正都 3

2020年の第40回小倉2歳S。武英智厩舎の重賞初制覇は武豊騎手によってもたらされました。ユタカさんと英智師は共に曽祖父に武彦七を持つ「はとこ」の間柄。

403 Error - Forbidden
【小倉2歳S ゴールデンコンビ】「直近5年」の単勝回収率144.1%!「武英智厩舎×武豊騎手」のメイケイエール | 競馬ニュース - netkeiba
netkeibaデータベースのリニューアルにより加わった「データ分析」から興味深い数値を紹介します。「データ分析」では騎手と調教師の相性も一目瞭然。「直近1年」「直近5年」「通算」のコンビ実績を調べ… No.1競馬情報サイト「netkeib...

「はとこ」はサザエさんで言えばタラちゃんとイクラちゃんの関係です。ハイ。その父ミッキーアイルにも産駒の重賞初制覇をプレゼントしたメイケイエール、その馬名意味は「冠名+応援」ということです。

*

「いとこ」やら「伯母」やら「はとこ」やら本記事の中で述べてきましたが、ソダシとメイケイエール、彼女ら自身がシラユキヒメを牝系祖先に持つ近親馬です。9月5日の土曜日にソダシが札幌2歳Sを勝ち、9月6日の日曜日にメイケイエールが小倉2歳Sを勝つ。「同一牝系馬の連動する活躍」、2歳重賞で見事に成されました。

ソダシとメイケイエールの0の理論的総括
馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
[料の遺伝]
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
GIII ソダシ
(2018.3.8)
[2-w]
初仔
[5.75]
クロフネ
(Deputy Minister系)
キングカメハメハ
(Mr. Prospector系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
★Topsider
(Northern Dancer系)
GIII メイケイエール
(2018.2.23)
[2-w]
初仔
[5.75]
ミッキーアイル
(サンデーサイレンス系)
ハービンジャー
(デインヒル系)
クロフネ
(Deputy Minister系)
サンデーサイレンス
(Halo系)

ソダシとメイケイエールは、共に「母の初仔」です。そしてまた、0の理論的には共に料的遺伝値が「5.75」と強大な数値であり、体力的なバックボーンもしっかりしています。

同じ2018年生まれ世代の牝系近親馬どうしの活躍、これからも見られれば良いですね(^^)

*

さらに述べておきますと、先日紹介したリンゴアメ(2018.4.26)とショックアクション(2018.2.27)。

リンゴアメ(2018.4.26)&ショックアクション(2018.2.27)-2021年のクラシック候補生を確認する(No.1)-
リンゴアメ 牝 黒鹿毛 2018.4.26生 新冠・ビッグレッドファーム生産 馬主・(有)ビッグレッドファーム 美浦・菊川正達厩舎ショックアクション 牡 鹿毛 2018.2.27生 愛国・Scuderia Effevi Srl & Dioscuri Srl生産 馬主・ゴドルフィン 栗東・大久保龍志厩舎

リンゴアメが「母が不受胎後の仔」、ショックアクションが「母の初仔」です。2018年生まれ世代のJRA重賞勝ち馬、最初の4重賞を制したのは、いずれも「母が前年産駒なし後の仔」たちです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。