2021年05月12日(水)弊サイトへのアクセスについて不具合が発生しておりました。大変申し訳ございませんでした。

2019年のクラシック候補生を確認する(其の弐拾陸)

パッシングスルー 牝 鹿毛 2016.3.21生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)キャロットファーム 美浦・黒岩陽一厩舎

パッシングスルー(2016.3.21)の4代血統表

ルーラーシップ
鹿毛 2007.5.15
種付け時活性値:0.00
キングカメハメハ
鹿毛 2001.3.20
Kingmambo
鹿毛 1990.2.19
Mr. Prospector 1970.1.28
Miesque 1984.3.14
マンファス
黒鹿毛 1991.2.23
ラストタイクーン 1983.5.9
Pilot Bird 1983.2.9
エアグルーヴ
鹿毛 1993.4.6
トニービン
鹿毛 1983.4.7
カンパラ 1976.2.19
Severn Bridge 1965
ダイナカール
鹿毛 1980.5.10
ノーザンテースト 1971.3.15
シヤダイフエザー 1973.2.20
マイティースルー
芦毛 2006.5.8
仔受胎時活性値:0.25
クロフネ
芦毛 1998.3.31
種付け時活性値:1.75
フレンチデピュティ
栗毛 1992.1.30
Deputy Minister 1979.5.17
Mitterand 1981.2.19
ブルーアヴェニュー
芦毛 1990.2.15
Classic Go Go 1978.2.11
Eliza Blue 1983.4.11
スルーオール
鹿毛 1990.3.17
仔受胎時活性値:1.75
Seattle Slew
黒鹿毛 1974.2.15
種付け時活性値:1.75
Bold Reasoning 1968.4.29
My Charmer 1969.3.25
Over All
栗毛 1985.3.14
仔受胎時活性値:1.00
Mr. Prospector
鹿毛 1970
種付け時活性値:1.50
Full Tigress
鹿毛 1977.3.15
仔受胎時活性値:1.75

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×4>

パッシングスルー(2016.3.21)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
★ルーラーシップ
(Mr. Prospector系)
クロフネ
(Deputy Minister系)
Seattle Slew
(Bold Ruler系)
◆Mr. Prospector
(Raise a Native系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
クロフネ
(Nearctic)
4.75 曾祖母が米GI2勝馬
(No. 8-h)
5番仔
(5連産目)

2019年の第4回紫苑S(GIII)。15頭立ての8枠に入った2頭が人気を集めたこの一戦。春の第80回優駿牝馬(GI)では惜しくも2着だったカレンブーケドール(2016.4.23)が1番人気、前走1勝クラスを3馬身差で勝って来たパッシングスルーが2番人気。勝ちに行く競馬を見せたカレンブーケドールが終始2番手、それを追い掛けたパッシングスルーが終始3番手。直線、先に抜け出したカレンブーケドールを捉えに掛かったパッシングスルー、最後は内から迫った6番人気のフェアリーポルカ(2016.2.25)とのクビの上げ下げの勝負。ルーラーシップ産駒どうしのワンツーフィニッシュは、ハナだけ先んじて、パッシングスルー。その馬名意味は「抜き去る。ライバルを華麗に交わすシーンをイメージして」。

では、以下にパッシングスルーのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

スルーオール 1990.3.17 0勝
|Jewelofthesea 1999.4.9 不出走
||Rooney Doodle 2004.2.12 0勝
|||What's Up Dude 2014.4.1 ハンシンCS(米GIII)2着
|キングスミール 2001.4.14 不出走
||ブルミラコロ 2012.4.27 室町S(OP) サマーチャンピオンシップ(JpnIII)2着
||ハクサンルドルフ 2013.5.16 エプソムC(GIII)2着
|スルーレート 2002.3.18 2勝 フラワーC(GIII)2着 クイーン賞(統一GIII)
||ハイアーレート 2011.2.1 3勝 札幌2歳S(GIII)2着
|マイティースルー 2006.5.8 4勝
||パッシングスルー 2016.3.21 (本馬) 紫苑S(GIII)

パッシングスルーの牝系は8号族h分枝系。↑の近親牝系図の範囲外ですが、パッシングスルーの曾祖母Over Allは6勝を挙げ、メイトロンS(米GI)、スピナウェイS(米GI)、スカイラヴィルS(米GII)、アディロンダックS(米GII)、ランダルースS(米GIII)と米グレードレース5勝の名牝です。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。