Verry Elleegant(2015.10.12)-143回コーフィールドC(豪GI)の勝ち馬-

Result

Verry Elleegant(ベリーエレガント) 牝 青鹿毛 2015.10.12生 新国・J D Goodwin生産 馬主・Jomara Bloodstock Ltd, Ellee Syndicate Et Al 豪州・Chris Waller厩舎

Verry Elleegant(2015.10.12)の4代血統表
Zed(NZ)
鹿毛 2002.10.20
種付け時活性値:1.00【12】
Zabeel
鹿毛 1986.10.25
Sir Tristram
鹿毛 1971.2.28
Sir Ivor 1965.5.5
Isolt 1961.4.24
Lady Giselle
鹿毛 1982.3.28
Nureyev 1977.5.2
Valderna 1972.3.31
Emerald Dream
鹿毛 1996.10.1
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
★Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Theme Song
鹿毛 1987
Sackford 1980.3.2
Cotehele House 1980.5.9 ♀
Opulence(NZ)
青鹿毛 2005.11.4
仔受胎時活性値:0.25【9】
Danroad(AUS)
鹿毛 1999.8.17
種付け時活性値:1.25【5】
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
★Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Strawberry Girl
鹿毛 1993.5.15
Strawberry Road 1979.9.28
Pay the Piper 1977.3.25
Mulan Magic(AUS)
鹿毛 1999.10.26
仔受胎時活性値:1.25【5】
King’s Theatre(IRE)
鹿毛 1991.5.1
種付け時活性値:1.875【7.5】
Sadler’s Wells 1981.4.11
Regal Beauty 1981.4.21
Chalet Girl(NZ)
栗毛 1985.9.6
仔受胎時活性値:1.25【13】
Imposing(AUS)
栗毛 1975.9.1
種付け時活性値:0.25【9】
Cotehele House(GB)
青鹿毛 1980.5.9 ♀
仔受胎時活性値:1.125【4.5】

<5代血統表内のクロス:デインヒル3×3、Cotehele House(♀)4×4、Northern Dancer5×5×5×5>

Verry Elleegant(2015.10.12)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Zed
(Sir Tristram系)
Danroad
(デインヒル系)
King’s Theatre
(Sadler’s Wells系)
Imposing
(Star Kingdom系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
King’s Theatre
(Regal Beauty)
3.875 Octagonalと同牝系
(No. 9-c)
3番仔
(2連産目)

*

2020年の第143回コーフィールドC(豪GI。コーフィールド芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 7 Verry Elleegant 牝5 55 Mark Zahra 2:31.97 Chris Waller 1
2 1Anthony Van Dyck 牡4 58.5 Hugh Bowman 0.2 A P O’Brien 2
3 12 The Chosen One 牡5 53.5 Daniel Stackhouse 0.95 Murray Baker & Andrew Forsman 16
4 10 Prince of Arran せん7 54.5 Jamie Kah 1.95 Charlie Fellowes 7
5 9 Finche せん6 54.5 Damian Lane 2.45 Chris Waller 4
ベリーエレガント、牝馬として史上11頭目の豪G1コーフィールドC制覇 | JRA-VAN Ver.World
 豪G1コーフィールドカップ(3歳以上、芝2400m)が現地17日にコーフィールド競馬場で行われ、中団から徐々に外へ切り替えて直線に向いた1番人気のベリーエレガントが、後方から大外を回って追いすがる2

昨年2019年の第142回はメールドグラース(2015.5.26)が制した1着賞金300万豪ドルの伝統の一戦。

第142回コーフィールドC(豪GI)の勝ち馬-メールドグラース(2015.5.26)-
メールドグラース(Mer de Glace) 牡 黒鹿毛 2015.5.26生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)キャロットファーム 栗東・清水久詞厩舎

今年2020年の第143回は、1番人気のVerry Elleegantがその名の通りベリーエレガントな走りを見せて、2番人気の英ダービー(GI)馬を0.2馬身抑えたという結末でした。Verry Elleegant、ヴァイナリースタッドS(豪GI)、オーストラリアンオークス(豪GI)、タンクレッドS(豪GI)、ウィンクスS(豪GI)、ターンブルS(豪GI)、そしてコーフィールドCとGI6勝。南半球の強豪馬には「あるある」というところですが、そのGI6勝も1400mから2400mと幅広い距離で活躍しています。

ともあれ、G1レース6勝の内訳を見れば2400m3勝、2000m2勝、1400m1勝とミドルディスタンスでこそのVerry Elleegant。2020年~2021年シーズンの中距離路線において、そのベリーエレガントな走り、なお一層見せてくれることを期待しましょう。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。