Verry Elleegant(2015.10.12)-143回コーフィールドC(豪GI)の勝ち馬-

Result

Verry Elleegant(ベリーエレガント) 牝 青鹿毛 2015.10.12生 新国・J D Goodwin生産 馬主・Jomara Bloodstock Ltd, Ellee Syndicate Et Al 豪州・Chris Waller厩舎

Verry Elleegant(2015.10.12)の4代血統表
Zed(NZ)
鹿毛 2002.10.20
種付け時活性値:1.00【12】
Zabeel
鹿毛 1986.10.25
Sir Tristram
鹿毛 1971.2.28
Sir Ivor 1965.5.5
Isolt 1961.4.24
Lady Giselle
鹿毛 1982.3.28
Nureyev 1977.5.2
Valderna 1972.3.31
Emerald Dream
鹿毛 1996.10.1
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Theme Song
鹿毛 1987
Sackford 1980.3.2
Cotehele House 1980.5.9 ♀
Opulence(NZ)
青鹿毛 2005.11.4
仔受胎時活性値:0.25【9】
Danroad(AUS)
鹿毛 1999.8.17
種付け時活性値:1.25【5】
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Strawberry Girl
鹿毛 1993.5.15
Strawberry Road 1979.9.28
Pay the Piper 1977.3.25
Mulan Magic(AUS)
鹿毛 1999.10.26
仔受胎時活性値:1.25【5】
King’s Theatre(IRE)
鹿毛 1991.5.1
種付け時活性値:1.875【7.5】
Sadler’s Wells 1981.4.11
Regal Beauty 1981.4.21
Chalet Girl(NZ)
栗毛 1985.9.6
仔受胎時活性値:1.25【13】
Imposing(AUS)
栗毛 1975.9.1
種付け時活性値:0.25【9】
Cotehele House(GB)
青鹿毛 1980.5.9 ♀
仔受胎時活性値:1.125【4.5】

<5代血統表内のクロス:デインヒル3×3、Cotehele House(♀)4×4、Northern Dancer5×5×5×5>

Verry Elleegant(2015.10.12)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Zed
(Sir Tristram系)
Danroad
(デインヒル系)
King’s Theatre
(Sadler’s Wells系)
Imposing
(Star Kingdom系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
King’s Theatre
(Regal Beauty)
3.875 Octagonalと同牝系
(No. 9-c)
3番仔
(2連産目)

*

2020年の第143回コーフィールドC(豪GI。コーフィールド芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 7 Verry Elleegant 牝5 55 Mark Zahra 2:31.97 Chris Waller 1
2 1Anthony Van Dyck 牡4 58.5 Hugh Bowman 0.2 A P O’Brien 2
3 12 The Chosen One 牡5 53.5 Daniel Stackhouse 0.95 Murray Baker & Andrew Forsman 16
4 10 Prince of Arran せん7 54.5 Jamie Kah 1.95 Charlie Fellowes 7
5 9 Finche せん6 54.5 Damian Lane 2.45 Chris Waller 4
ベリーエレガント、牝馬として史上11頭目の豪G1コーフィールドC制覇 | JRA-VAN Ver.World
 豪G1コーフィールドカップ(3歳以上、芝2400m)が現地17日にコーフィールド競馬場で行われ、中団から徐々に外へ切り替えて直線に向いた1番人気のベリーエレガントが、後方から大外を回って追いすがる2

昨年2019年の第142回はメールドグラース(2015.5.26)が制した1着賞金300万豪ドルの伝統の一戦。

第142回コーフィールドC(豪GI)の勝ち馬-メールドグラース(2015.5.26)-
メールドグラース(Mer de Glace) 牡 黒鹿毛 2015.5.26生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)キャロットファーム 栗東・清水久詞厩舎

今年2020年の第143回は、1番人気のVerry Elleegantがその名の通りベリーエレガントな走りを見せて、2番人気の英ダービー(GI)馬を0.2馬身抑えたという結末でした。Verry Elleegant、ヴァイナリースタッドS(豪GI)、オーストラリアンオークス(豪GI)、タンクレッドS(豪GI)、ウィンクスS(豪GI)、ターンブルS(豪GI)、そしてコーフィールドCとGI6勝。南半球の強豪馬には「あるある」というところですが、そのGI6勝も1400mから2400mと幅広い距離で活躍しています。

ともあれ、G1レース6勝の内訳を見れば2400m3勝、2000m2勝、1400m1勝とミドルディスタンスでこそのVerry Elleegant。2020年~2021年シーズンの中距離路線において、そのベリーエレガントな走り、なお一層見せてくれることを期待しましょう。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。