Win Win Win(2016.3.20)-第41回フォアゴーS(米GI)の勝ち馬-

Result

Win Win Win(ウィンウィンウィン) 牡 黒鹿毛 2016.3.20生 米国・Live Oak Stud生産 馬主・Live Oak Plantation 米国・Michael J. Trombetta厩舎

Win Win Win(2016.3.20)の4代血統表
ハットトリック
黒鹿毛 2001.4.26
種付け時活性値:1.50【14】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
トリッキーコード
青鹿毛 1991.3.19
Lost Code
黒鹿毛 1984.3.26
Codex 1977.2.28
Loss Or Gain 1975.2.19
Dam Clever
黒鹿毛 1985.4.4
Damascus 1964.4.14
Clever Bird 1970.1.25
Miss Smarty Pants
鹿毛 2008.2.5
仔受胎時活性値:1.75【7】
Smarty Jones
栗毛 2001.2.28
種付け時活性値:1.50【6】
Elusive Quality
鹿毛 1993.1.27
★Gone West 1984.3.10
Touch of Greatness 1986.4.30
I’ll Get Along
鹿毛 1992.3.11
Smile 1982.3.26
Dont Worry Bout Me 1983.3.5
Devotion Unbridled
芦毛 2000.4.20
仔受胎時活性値:1.75【7】
Unbridled
鹿毛 1987.3.5
種付け時活性値:1.00【12】
Fappiano 1977.5.19
Gana Facil 1981.2.9
Icy Warning
芦毛 1990.4.4
仔受胎時活性値:0.25【9】
Caveat
黒鹿毛 1980.3.16
種付け時活性値:0.25【9】
Northern Sting
芦毛 1980.4.4
仔受胎時活性値:0.25【9】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector5×5>

Win Win Win(2016.3.20)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ハットトリック
(サンデーサイレンス系)
Smarty Jones
(Mr. Prospector系)
Unbridled
(Mr. Prospector系)
Caveat
(Bold Ruler系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ハットトリック 4.00 伯母が米GIII勝ち馬
(No. 2-o)
3番仔?
(3連産目?)

*

2020年の第41回フォアゴーS(米GI。サラトガ・ダート7F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 7 Win Win Win 牡4 53.5 Javier Castellano 1:21.71 Michael Trombetta 4
2 6 Complexity 牡4 53.5 Jose L Ortiz 1/2 Chad C Brown 3
3 5 True Timber 牡6 54 Kendrick Carmouche 3/4 Jack Sisterson 10
4 4 Funny Guy 牡4 53.5 Joel Rosario 1 1/4 John Terranova II 1
5 3 Lexitonian 牡4 53.5 Jose Lezcano ハナ Jack Sisterson 8
【米・フォアゴーS】ハットトリック産駒ウィンウィンウィンがG1初制覇!今月他界の父彷彿の直線一気 | 競馬ニュース - netkeiba.com
 現地時間29日、アメリカのサラトガ競馬場でG1・フォアゴーS(4歳上・ダ1400m・11頭立て)が行われた。 道中は1頭だけ大きく離れた最後方を追走した4番人気ウィンウィンウィン(牡4、J.カステリ… No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬ニュース。
急死ハットトリックの産駒衝撃V/フォアゴーS|極ウマ・プレミアム
父の現役時を思い出させる大外一気が決まった-。8月3日に南米ブラジルで急死したハットトリックの産駒、ウィンウィンウィン(牡4、M・トロンベッタ)が最後方追走か・・・ - 極ウマ・プレミアム。

「死んだ種牡馬の仔は走る」とは日本で聞かれる競馬格言のひとつですけれど、今月8月3日に逝ってしまったハットトリックが残した仔、その名もWin Win Winが米国短距離路線の重要レースのひとつであるフォアゴーSを制しました。そしてまたその勝ちっぷりが鮮烈。詳しくは↑の動画をご確認ください。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。