Romantic Warrior(2018.3.18)-第37回香港カップ(GI)の勝ち馬-

Result

Romantic Warrior(浪漫勇士/ロマンチックウォリアー) せん 鹿毛 2018.3.18生 愛国・Corduff Stud & T. J. Rooney生産 馬主・Peter Lau Pak Fai 香港・C S Shum厩舎

Romantic Warrior(2018.3.18)の4代血統表
Acclamation
鹿毛 1999.4.26
種付け時活性値:0.50【18】
Royal Applause
鹿毛 1993.2.24
ワージブ
鹿毛 1983.5.20
トライマイベスト 1975.4.28
Coryana 1976.4.8
Flying Melody
鹿毛 1979.5.17
Auction Ring 1972
Whispering Star 1963
Princess Athena
鹿毛 1985.3.30
▲Ahonoora
栗毛 1975.4.12
Lorenzaccio 1965.2.23
Helen Nichols 1966
Shopping Wise
鹿毛 1965
フロリバンダ 1958
Sea Melody 1957
Folk Melody
鹿毛 2011.4.28
仔受胎時活性値:1.50【6】
Street Cry
黒鹿毛 1998.3.11
種付け時活性値:1.00【12】
Machiavellian
黒鹿毛 1987.1.31
★Mr. Prospector 1970.1.28
Coup de Folie 1982.4.2
Helen Street
鹿毛 1982.4.4
Troy 1976.3.25
Waterway 1976.4.21
Folk Opera
栗毛 2004.2.22
仔受胎時活性値:1.50【6】
Singspiel
鹿毛 1992.2.25
種付け時活性値:0.75【11】
In the Wings 1986.1.17
Glorious Song 1976.4.22
Skiphall
栗毛 1998.3.22
仔受胎時活性値:1.25【5】
Halling
栗毛 1991.3.14
種付け時活性値:1.50【6】
Minskip
栗毛 1988.5.6
仔受胎時活性値:0.25【9】

<5代血統表内のクロス:Halo5×5>

Romantic Warrior(2018.3.18)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Acclamation
(トライマイベスト系)
Street Cry
(Mr. Prospector系)
Singspiel
(Sadler’s Wells系)
Halling
(エタン系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Halling 4.50
(【6】+【6】+【5】+【9】)
祖母が加GI馬
(No. 10-a)
3番仔?
(3連産目?)

*

2023年の第37回香港カップ(GI。シャティン芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 2 Romantic Warrior せん5 57.2 James McDonald 2:02.00 C S Shum 1
2 1 Luxembourg 牡4 57.2 Ryan Moore 短アタマ A P O’Brien 4
3 5 ヒシイグアス 牡7 57.2 Joao Moreira 短アタマ 堀 宣行 6
4 7 Straight Arron せん5 57.2 C Y Ho 1/2 C Fownes 7
5 3 プログノーシス 牡5 57.2 川田 将雅 クビ 中内田 充正 2
【香港カップ】ロマンチックウォリアーが史上2頭目の連覇、ヒシイグアスは惜しくも3着 | JRA-VAN World - 海外競馬情報サイト
G1香港カップ(3歳以上、芝2000m)が現地10日にシャティン競馬場で行われ、前走で豪コックスプレート制覇を成し遂げた1番人気のロマンチックウォリアーが、アイルランドのルクセンブルク(4番人気)、

シャティン芝2000m、晴の良馬場、11頭立て。防衛王者Romantic Warrior、2011年と2012年のCalifornia Memory(2006.3.2)以来史上2頭目の香港カップ連覇達成。決勝点ではLuxembourg(2019.3.24)、ヒシイグアス(2016.1.22)等との激戦となりましたが、僅差を凌いだ底力がサスガは香港の中距離王Romantic Warrior。昨年2022年のクイーンエリザベス2世C(香GI)、香港カップ、今年2023年のクイーンエリザベス2世C、コックスプレート(豪GI)、そして香港カップとGI5勝。今年は豪州まで遠征して伝統のコックスプレートを制して見せました。

Romantic Warrior(2018.3.18)-第36回香港カップ(GI)の勝ち馬-
Romantic Warrior(浪漫勇士/ロマンチックウォリアー) せん 鹿毛 2018.3.18生 愛国・Corduff Stud & T. J. Rooney生産 馬主・Peter Lau Pak Fai 香港・C S Shum厩舎
Romantic Warrior(2018.3.18)-第49回クイーンエリザベス2世カップ(香GI)の勝ち馬-
Romantic Warrior(浪漫勇士/ロマンチックウォリアー) せん 鹿毛 2018.3.18生 愛国・Corduff Stud & T. J. Rooney生産 馬主・Peter Lau Pak Fai 香港・C S Shum厩舎
Romantic Warrior(2018.3.18)-第103回コックスプレート(豪GI)の勝ち馬-
Romantic Warrior(2018.3.18)-第103回コックスプレート(豪GI)の勝ち馬-

今回の香港カップの勝利によりRomantic Warriorの戦績は[12-3-0-2]となり、2000m級のレースは[7-1-0-1]となりました。どんなレースで走っても強いRomantic Warriorですが、やはり2000m級の距離が最も能力を発揮できるのでしょう。2023/2024年シーズンも引き続き活躍を期待したいものです。

今回の香港カップはヒシイグアスが3着、プログノーシス(2018.5.15)が5着、ローシャムパーク(2019.2.10)が8着。やはりヒシイグアスの頑張りに目が行ってしまいます。大事に使われていますので香港カップが20戦目でしたから、まだまだ若々しく感じますけれど、2024年には8歳。どこかでGIを勝って欲しいと思わせるヒシイグアス、来年の進路も気になります。ともあれ香港カップを走った3頭、遠征お疲れ様でした。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。