第36回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズ(米GI)の勝ち馬-British Idiom(2017.3.23)-

Result

British Idiom(ブリティッシュイディオム) 牝 栗毛 2017.3.23生 米国・Hargus Sexton, Sandra Sexton and Silver Fern Farm LLC生産 馬主・Dubb, Michael, The Elkstone Group, LLC (Stuart Grant), Madaket Stables LLC and Bethlehem Stables LLC 米国・Brad H. Cox厩舎

British Idiom(2017.3.23)の4代血統表
Flashback
芦毛 2010.4.12
種付け時活性値:1.50

Tapit
芦毛 2001.2.27
Pulpit
鹿毛 1994.2.15
A.P. Indy 1989.3.31
Preach 1989.3.26
Tap Your Heels
芦毛 1996.2.16
★Unbridled 1987.3.5
Ruby Slippers 1982.3.18
Rhumb Line
栗毛 2000.3.18
Mr. Greeley
栗毛 1992.5.2
Gone West 1984.3.10
Long Legend 1978.4.26
Rose Rhapsody
鹿毛 1992.4.25
Pleasant Colony 1978.5.4
Rosy Spectre 1980.4.4
Rose and Shine
黒鹿毛 2009.3.27
仔受胎時活性値:1.75
Mr. Sekiguchi
栗毛 2003.1.28
種付け時活性値:1.25
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Welcome Surprise
黒鹿毛 1997.2.10
Seeking the Gold 1985.4.7
Weekend Surprise 1980.4.8 ♀
Yellowenglishrose
鹿毛 1996.4.4
仔受胎時活性値:1.00
コロニアルアッフェアー
鹿毛 1990.4.19
種付け時活性値:1.25
Pleasant Colony 1978.5.4
Snuggle 1985.5.1
Princess Baja
栗毛 1987.5.7
仔受胎時活性値:2.00
Conquistador Cielo
鹿毛 1979.3.20
種付け時活性値:1.75
Miss Baja
栗毛 1975.4.24
仔受胎時活性値:0.75

<5代血統表内のクロス:Pleasant Colony4×4、Weekend Surprise(♀)5×4、Mr. Prospector5×5×5×5、Nijinsky5×5×5、Secretariat5×5>

British Idiom(2017.3.23)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Flashback
(Seattle Slew系)
Mr. Sekiguchi
(Storm Cat系)
コロニアルアッフェアー
(Ribot系)
Conquistador Cielo
(Mr. Prospector系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Conquistador Cielo
(Rose and Shine)
5.50 母がリストリクテッド勝ち馬
(No. 23-b)
3番仔
(3連産目)

*

2019年の第36回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズ(米GI。サンタアニタパーク・ダート8.5F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4 British Idiom 牝2 55.3 Javier Castellano 1:47.07 Brad H Cox 2
2 1 Donna Veloce 牝2 55.3 Flavien Prat クビ Simon Callaghan 1
3 6 Bast 牝2 55.3 John R Velazquez 1 3/4 Bob Baffert 4
4 3 Perfect Alibi 牝2 55.3 Irad Ortiz Jr 1 3/4 Mark Casse 5
5 7 Wicked Whisper 牝2 55.3 Joel Rosario 13 Steven Asmussen 3

2019年の第36回ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズ。9頭立てで行われた米国2歳牝馬王者決定戦、最終コーナーで脚色良く進出した栗毛の流星British Idiom、ハビエル・カステリャーノ騎手を背にしてサンタアニタパーク・ダートの直線274mを一目散に駆け、先に抜け出していた1番人気のDonna Veloce(2017.3.11)を「クビ」だけ捉えたところがゴールでした。

British Idiomの4代血統表を確認すると、やはり母父であるMr. Sekiguchiに目が行きます。Summer Squall(1987.3.12)&A.P. Indy兄弟の甥、2004年9月のキーンランドイヤリングセールにおいて800万ドルで落札された超高馬でしたが、現役時代はメイドンとアローワンスの2勝に終わりました。

ミスターセキグチ - Wikipedia

日本語版Wikipediaの記事では、Mr. Sekiguchiの「おもな産駒」としてBritish Idiomの母であるRose and Shineが挙げられています。Rose and Shineが制した加国のプリンセスエリザベスSは、英語版Wikipediaの記事によりますとthe richest race of the year for Canadian-foaled two-year-old fillies.ということです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。