Country Grammer(2017.5.11)-第26回ドバイワールドカップ(UAE・GI)の勝ち馬-

Result

Country Grammer(カントリーグラマー) 牡 鹿毛 2017.5.11生 米国・Scott Pierce & Debbie Pierce生産 馬主・Zedan Racing Stables Inc, Winstar Farm LLC and Commonwealth Thoroughbreds LLC 米国・Bob Baffert厩舎

Country Grammer(2017.5.11)の4代血統表
Tonalist
鹿毛 2011.2.11
種付け時活性値:1.25【5】
Tapit
芦毛 2001.2.27
Pulpit
鹿毛 1994.2.15
A.P. Indy 1989.3.31
Preach 1989.3.26
Tap Your Heels
芦毛 1996.2.16
★Unbridled 1987.3.5
Ruby Slippers 1982.3.18
Settling Mist
鹿毛 1999.4.20
Pleasant Colony
黒鹿毛 1978.5.4
His Majesty 1968.4.15
Sun Colony 1968.2.25
Toll Fee
鹿毛 1985.5.20
Topsider 1974.3.15
Toll Booth 1971.5.17
Arabian Song
鹿毛 2008.3.17
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】
Forestry
鹿毛 1996.5.9
種付け時活性値:0.75【11】
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Shared Interest
鹿毛 1988.1.30
Pleasant Colony 1978.5.4
Surgery 1976.4.16
Prima Centauri
栗毛 1998.1.23
仔受胎時活性値:0.25【9】
Distant View
栗毛 1991.5.9
種付け時活性値:1.50【6】
Mr. Prospector 1970.1.28
Seven Springs 1982.4.19
Willstar
栗毛 1993.2.28
仔受胎時活性値:1.00【4】
Nureyev
鹿毛 1977.5.2
種付け時活性値:1.75【15】
Nijinsky Star
鹿毛 1980.5.3
仔受胎時活性値:1.00【12】

<5代血統表内のクロス:Pleasant Colony3×4、Mr. Prospector4×5、Nijinsky5×5、Northern Dancer5×5×5>

Country Grammer(2017.5.11)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Tonalist
(A.P. Indy系)
Forestry
(Storm Cat系)
Distant View
(Mr. Prospector系)
Nureyev
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Nureyev
(Prima Centauri)
4.25 or 2.25 5代母Chris Evert
(No. 23-b)
4番仔?
(4連産目?)

*

2022年の第26回ドバイワールドカップ(UAE・GI。メイダン・ダート2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 3 Country Grammer 牡5 57 Frankie Dettori 2:04.97 Bob Baffert 3
2 5 Hot Rod Charlie 牡4 57 Flavien Prat 1 3/4 Doug O’Neill 2
3 2 チュウワウィザード 牡7 57 川田 将雅 1/2 大久保 龍志 4
4 7 Life is Good 牡4 57 Irad Ortiz Jr 短アタマ Todd Pletcher 1
5 9 Midnight Bourbon 牡4 57 Jose L Ortiz 1 1/4 Steven Asmussen 5

2022年の第26回ドバイワールドカップ。総賞金1200万米ドルは1ドル122円換算とすると14億6400万円、1着賞金696万米ドルは8億4912万円という超高額賞金を掛けて競われた一戦を制したのは、ダート競馬の本場である米国からやって来たCountry Grammer。前走サウジカップ(沙GI)ではEmblem Road(2018.4.20)から半馬身差の2着だったCountry Grammer、

Emblem Road(2018.4.20)-2022年のサウジカップ(沙GI)の勝ち馬-
Emblem Road(エンブレムロード) 牡 黒鹿毛 2018.4.20生 米国・Brushy Hill, LLC生産 馬主・Prince Saud bin Salman Abdulaziz 沙国・Mitab Almulawah厩舎

メイダン・ダート2000mではしっかり1着を勝ち取りました。Country Grammerはサウジカップとドバイワールドカップの2戦で350万米ドル+696万米ドル=1046万米ドルの荒稼ぎ。むぅ、金額がとてつもなさ過ぎます^^;

Country Grammerを管理されるボブ・バファート調教師は第3回のシルバーチャーム(1994.2.22)、第6回のキャプテンスティーヴ(1997.3.1)、第22回のArrogate(2013.4.11)に続いてドバイワールドカップ4勝目。近年は色々と取り沙汰されていますが、なんだかんだ言いながらサスガの手腕を見せられています。そしてまたCountry Grammerにはテン乗りとなったランフランコ・デットーリ騎手も第5回のDubai Millennium(1996.3.20)、第8回のムーンバラッド(1999.3.4)、第11回のElectrocutionist(2001.2.24)に続いてドバイワールドカップ4勝目。16年ぶりのドバイワールドカップ勝利となったデットーリ騎手、51歳の今もなお、世界の超一線級のジョッキーのままでいらっしゃいます。素晴らしい。

*

本邦期待のチュウワウィザード(2015.4.19)は直線で眼を見張る末脚を発揮し、決勝点にてLife is Good(2018.4.22)を外から「短アタマ」交わして3着。昨年2021年の第25回2着に続いて、ドバイの地で好走を見せてくれました。本当に偉い。

Mystic Guide(2017.2.26)-第25回ドバイワールドカップ(UAE・GI)の勝ち馬-
Mystic Guide(ミスティックガイド) 牡 栗毛 2017.2.26生 米国・Godolphin生産 馬主・Godolphin, LLC米国・Michael Stidham厩舎

*

そんな訳で

バスラットレオン(2018.3.25)-第28回ゴドルフィンマイル(UAE・GII)の勝ち馬-
バスラットレオン(Bathrat Leon) 牡 鹿毛 2018.3.25生 浦河町・三嶋牧場生産 馬主・広尾レース(株) 栗東・矢作 芳人厩舎
ステイフーリッシュ(2015.2.22)-第13回ドバイゴールドC(UAE・GII)の勝ち馬-
ステイフーリッシュ(Stay Foolish) 牡 鹿毛 2015.2.22生 千歳市・社台ファーム生産 馬主・(有)社台レースホース 栗東・矢作 芳人厩舎
A Case of You(2018.3.27)-第15回アルクオーツスプリント(UAE・GI)の勝ち馬-
A Case of You(アケースオブユー) 牡 鹿毛 2018.3.27生 愛国・Limestone and Tara Studs生産 馬主・Gary Devlin 愛国・Adrian McGuinness厩舎
クラウンプライド(2019.5.4)-第22回UAEダービー(GII)の勝ち馬-
クラウンプライド(Crown Pride) 牡 黒鹿毛 2019.5.4生 千歳市・社台ファーム生産 馬主・吉田 照哉氏 栗東・新谷 功一厩舎
Switzerland(2014.3.10)-第29回ドバイゴールデンシャヒーン(UAE・GI)の勝ち馬-
Switzerland(スイッツァランド) せん 黒鹿毛 2014.3.10生 米国・Branch Family Trust生産 馬主・RRR Racing UAE・B Seemar厩舎
Lord North(2016.2.9)&パンサラッサ(2017.3.1)-第26回ドバイターフ(UAE・GI)の勝ち馬-
Lord North(ロードノース) せん 鹿毛 2016.2.9生 愛国・Godolphin生産 馬主・HH Sheikh Zayed bin Mohammed Racing 英国・John Gosden厩舎パンサラッサ(Panthalassa) 牡 鹿毛 2017.3.1生 新ひだか町・木村 秀則氏生産 馬主・広尾レース(株) 栗東・矢作 芳人厩舎
シャフリヤール(2018.4.13)-第24回ドバイシーマクラシック(UAE・GI)の勝ち馬-
シャフリヤール(Shahryar) 牡 黒鹿毛 2018.4.13生 安平町・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 栗東・藤原 英昭厩舎
Country Grammer(2017.5.11)-第26回ドバイワールドカップ(UAE・GI)の勝ち馬-
Country Grammer(カントリーグラマー) 牡 鹿毛 2017.5.11生 米国・Scott Pierce & Debbie Pierce生産 馬主・Zedan Racing Stables Inc, Winstar Farm LLC and Commonwealth Thoroughbreds LLC 米国・Bob Baffert厩舎

と、確認して参りました2022年のドバイワールドカップデーの活躍馬たちも今回の投稿でお終いでございます。日本馬5勝と、日本馬が強すぎて「スリープレスナイト」となった一夜でございました(^^)

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。