イロゴトシ(2017.3.7)-第25回中山グランドジャンプ(J・GI)の勝ち馬-

Result

イロゴトシ 牡 鹿毛 2017.3.7生 熊本県・本田 土寿氏生産 馬主・内田 玄祥氏 栗東・牧田 和弥厩舎

イロゴトシ(2017.3.7)の4代血統表
ヴァンセンヌ
鹿毛 2009.4.11
種付け時活性値:1.75【7】
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao 1980.2.28
Burghclere 1977.4.26
フラワーパーク
鹿毛 1992.5.8
ニホンピロウイナー
黒鹿毛 1980.4.27
ステイールハート 1972.3.25
ニホンピロエバート 1974.3.17
ノーザンフラワー
栗毛 1977.5.1
ノーザンテースト 1971.3.15
フアイアフラワー 1972.4.19
イロジカケ
鹿毛 2012.5.15
仔受胎時活性値:1.00【4】
クロフネ
芦毛 1998.3.31
種付け時活性値:1.25【13】
フレンチデピュティ
栗毛 1992.1.30
Deputy Minister 1979.5.17
Mitterand 1981.2.19
ブルーアヴェニュー
芦毛 1990.2.15
Classic Go Go 1978.2.11
Eliza Blue 1983.4.11
リッジローズ
鹿毛 2004.5.17
仔受胎時活性値:1.75【7】
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
種付け時活性値:1.50【22】
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Fig Tree Drive
鹿毛 1994.5.9
仔受胎時活性値:0.25【9】
Miswaki
栗毛 1978.2.22
種付け時活性値:1.75【15】
Rose O’Riley
鹿毛 1981.2.7
仔受胎時活性値:1.00【12】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer4×5>

イロゴトシ(2017.3.7)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ヴァンセンヌ
(サンデーサイレンス系)
クロフネ
(Deputy Minister系)
Sadler’s Wells
(Northern Dancer系)
Miswaki
(Mr. Prospector系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ヴァンセンヌ 4.00
(【4】+【7】+【9】+【12】)
曾祖母の仔にUAE・GIII勝ち馬
(No. 26)
初仔

*

2023年の第25回中山グランドジャンプ(J・GI。中山芝4250m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
平均
1F
馬体重
[増減]
調教師
1 2 イロゴトシ 牡6 63 黒岩 悠 4:54.1 5-5-1-1 13.8 474
[+2]
牧田 和弥 6
2 10 ミッキーメテオ 牡6 63 五十嵐 雄祐 4:57.2 大差 3-3-5-3 14.0 516
[+2]
西田 雄一郎 2
3 7 ダイシンクローバー せん7 63 森 一馬 4:57.5 1 1/2 6-6-5-6 14.0 484
[-2]
安田 隆行 5
4 8 テーオーソクラテス 牡6 63 小坂 忠士 4:57.5 アタマ 2-2-2-2 14.0 460
[-2]
奥村 豊 4
5 4 スマートアペックス 牡6 63 中村 将之 4:57.9 2 1/2 6-6-7-7 14.0 476
[0]
中村 直也 8

中山芝4250m、雨の重馬場、10頭立て。「色事師」が大仕事を成し遂げた、10頭全頭完走となった中山グランドジャンプ。雨の重馬場というコンディションや、昨冬の中山大障害(J・GI)を制したニシノデイジー(2016.4.18)の出遅れなど見ている側は発馬前後からハラハラする要素が多かった一戦。そんな中でもイロゴトシ。いやぁ、最終周回の3角を過ぎてからの進出具合、脚色の良さから「勝てそう」と思って見ていましたら、2着ミッキーメテオ(2017.3.24)に3秒1差というレース史上最大着差となる大差圧勝劇。イロゴトシ自身初のジャンプ重賞勝利は、そのまま鞍上の黒岩悠騎手、管理される牧田和弥調教師、馬主の内田玄祥氏、そして生産の本田土寿氏にとってのJ・GI初制覇となり、熊本県産馬ひいては九州産馬初の「J・GI」優勝と相成りました。イロゴトシ、本当に「お見事」としか言いようがありませんでした。

イロゴトシの父ヴァンセンヌは現役時代に6勝を挙げその主な勝ち鞍に東京新聞杯(GIII)があり、2015年の安田記念(GI)ではモーリス(2011.3.2)とタイム差なしの惜しいクビ差2着。GI2勝の名スプリンター・フラワーパークの仔という血統背景も加味されたのか2016年から種牡馬入りしたヴァンセンヌ、イロゴトシはその初年度産駒40頭の内の1頭。イロゴトシは九州産馬限定のJRA2歳オープン特別・ひまわり賞(OP)を制した後、4歳時には2勝クラスの揖斐川特別を勝利し、3勝クラスの博多Sで3着に入る等、北海道産馬と遜色ない活躍を見せていました。そうして6歳を迎えた今年2023年、ジャンプレースに矛先を転じると、史上最少キャリアとなるジャンプレース4戦目で中山グランドジャンプを制するという快挙を達成しました。

快挙は重なり、上述の通りイロゴトシは熊本県産馬ひいては九州産馬初の「J・GI」優勝を果たしました。生産の本田氏は2021年の北九州記念(GIII)勝ち馬ヨカヨカ(2018.5.13)の生産者としても知られています。そんな本田氏に関しては、

本田牧場 Big Dream Honda Stable
ヨカヨカ生産者を直撃!27年前、牧場手放し馬5頭の『放浪生活』どん底を救った馬がいた【競馬の話をしよう。】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
競馬の世界を掘り下げる企画「競馬の話をしよう。」。節目となる第10回は、北九州記念で熊本県産馬として初となるJRA重賞制覇を成し遂げた...

生産馬ではメガスターダム(1999.4.2)の仔であるフォーシーズンゴー(2006.4.17)が印象に残っているのですが、フォーシーズンゴーは本田氏にとっても思い出深い馬のようで、嬉しく思いました。

また鞍上の黒岩騎手。黒岩騎手といえばキタサンブラック(2012.3.10)の調教に携わり「仕上げの仕事師」という印象もあります。地道な努力を重ねていた黒岩騎手を競馬の神様は見捨てるはずもなく、デビュー22年目の嬉しいJ・GI初勝利となりました。そしてまた管理される牧田師。「牧田和弥」と聞くと「タヤスダビンチの新潟3歳S。父はダイナアクトレスの全兄サクラテルノオー」なんて思い出すところに馬齢を重ねたもの。調教師としてはロンドンタウン(2013.4.22)のコリアカップ連覇も印象に残ります。併せて馬主の内田玄祥氏。本業はお医者様の内田オーナー、所有馬は馬名が気になる馬が多い^^;。ともあれ、やはりご自身の所有馬だったイロジカケの仔イロゴトシによるJ・GI優勝、お見事でした。

【馬主プロファイル】内田玄祥オーナーの本業や珍名馬、奥様も馬主など
内田玄祥オーナーの本業など 静岡レディースクリニック、三島レディースクリニック、静岡両替町歯科クリニックの各クリニックの他に、特別養護老人ホームや保育園、鍼灸・エステ・マッサージ施術所を傘下に入れる「

色々初物尽くしだったイロゴトシによる中山グランドジャンプ制覇。鮮やかに現れたジャンプ界の新王者、6歳という年齢からも「まだまだこれから」と思います。九州産馬の星イロゴトシ、その飛び翔ける姿、次走以降も楽しみにしています(^^)

 

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。



*

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

このサイトの管理人、イロゴトシの中山グランドジャンプの記事、本当は昨日2023年04月15日(土)時点でアップしたかったみたいなんです。

マイシンザン
マイシンザン

まま、そうやんね。平地GIレースの場合でも、記事のアップが比較的早いのだけが取り柄やからね。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

ええ。ただ昨日は、管理人の使用しているPCにだいぶん大変なエラーが発生して、「うわ、ホンマにやばい」という状況で半日がかりで復旧作業をしていたそうです。

マイシンザン
マイシンザン

ほう。記事がアップできているということは、なんとか復旧出来たんやな。

 

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

はい。「奇跡的にエクスプローラー経由でコマンドプロンプトを立ち上げてDISMコマンドを叩くことが出来た。そうしたら復旧が叶った」そうです。

マイシンザン
マイシンザン

馬の俺らには、なんやよう分からんけれど、ともあれ良かった良かった。