Sky Field(2016.10.4)-第23回香港スプリント(GI)の勝ち馬-

Result

Sky Field(顯心星/スカイフィールド) せん 栗毛 2016.10.4生 豪州・Mr. M Ryan生産 馬主・K Shiu Man, J Kwan Mun Hang & J Kwan Chun Ming 香港・C Fownes厩舎

Sky Field(2016.10.4)の4代血統表
Deep Field(AUS)
鹿毛 2010.8.9
種付け時活性値:1.25【5】
Northern Meteor
鹿毛 2005.8.24
Encosta de Lago
鹿毛 1993.10.27
Fairy King 1982.3.4
Shoal Creek 1988.9.8
Explosive
鹿毛 1990.2.2
Fappiano 1977.5.19
Scuff 1979.5.2
Listen Here
栗毛 2004.8.12
Elusive Quality
鹿毛 1993.1.27
★Gone West 1984.3.10
Touch of Greatness 1986.4.30
Announce
鹿毛 1994.10.3
Military Plume 1983.12.3
Theme Song 1987.10.29
Laravissante(NZ)
鹿毛 2004.10.19
仔受胎時活性値:0.75【11】
O’Reilly(NZ)
黒鹿毛 1993.8.24
種付け時活性値:0.50【10】
ラストタイクーン
黒鹿毛 1983.5.9
トライマイベスト 1975.4.28
Mill Princess 1977.5.21
Courtza
鹿毛 1986.10.25
▲Pompeii Court 1977.3.19
Hunza 1970.9.24
Mer du Sud(IRE)
鹿毛 1993.4.3
仔受胎時活性値:0.625【10.5】
★Bluebird(USA)
鹿毛 1984.4.2
種付け時活性値:0.00【8】
Storm Bird 1978.4.19
Ivory Dawn 1978.4.19
Make Plans(USA)
黒鹿毛 1971.5.17
仔受胎時活性値:1.25【21】
ゴーマーチング(USA)
黒鹿毛 1965.4.26
種付け時活性値:1.25【5】
Sister Antoine(USA)
鹿毛 1957.4.30
仔受胎時活性値:1.25【13】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5×5、Mr. Prospector5×5>

Sky Field(2016.10.4)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Deep Field
(Fairy King系)
O’Reilly
(Northern Dancer系)
★Bluebird
(Storm Bird系)
ゴーマーチング
(Princequillo系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Deep Field 3.875 伯父The Duke
(No. 4-r)
5番仔?

*

2021年の第23回香港スプリント(GI。シャティン芝1200m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 6 Sky Field せん5 57.2 Blake Shinn 1:08.66 C Fownes 8
2 12レシステンシア 牝4 55.3 Christophe Soumillon 3/4 松下 武士 6
3 11 Courier Wonder せん4 57.2 Joao Moreira 3/4 J Size 2
4 1 Hot King Prawn せん7 57.2 Ryan Moore 1/2 J Size 7
5 10 Stronger 牡5 57.2 C Y Ho 2 1/4 Douglas Whyte 9
【香港スプリント】日本調教馬はレシステンシアが2着、多重事故により4頭が競走中止 | JRA-VAN Ver.World
 シャティン競馬場で現地12日に行われたG1香港スプリント(3歳以上、芝1200m)は、最終コーナーで先頭集団のアメージングスターが転倒し、日本から参戦した1番人気ピクシーナイトら後続3頭が巻き込まれ
ピクシーナイトが左脚骨折、香港スプリントで落馬事故に巻き込まれ転倒 | JRA-VAN Ver.World
 現地12日に行われたG1香港スプリントで落馬事故に巻き込まれて転倒、競走中止したピクシーナイトが、左前脚の膝を骨折していたことが分かった。  これはレース後に馬主のシルク・ホースクラブがSNSで発

2021年の第23回香港スプリント。「あぁっ!! ひどいことになった!!」「もう勘弁して、もうホンマに」と叫んでしまった最終コーナーから直線、そしてゴールの後。12頭立てで4頭競走中止となった一戦を制したのは地元香港のSky Field。本邦のレシステンシア(2017.3.15)、紅一点として頑張りましたが4分の3馬身差の2着まで。

日本馬に関わるところではダノンスマッシュ(2015.3.6)はアクシデントのあおりを受け、川田将雅騎手がなんとか完走させたというところで8着。多重落馬に巻き込まれたピクシーナイト(2018.5.14)は当初の発表では馬体面に異常は無いということでしたが、経過観察により左前脚の橈側手根骨に剥離骨折右トモの捻挫、胸前には過度な筋肉痛が判明し、鞍上の福永祐一騎手も左鎖骨の骨折。

落命してしまった地元香港のAmazing Star(2014.9.10)、Naboo Attack(2016.10.5)の2頭については手を合わせる他ありません。そして、

2頭が安楽死、福永祐一は鎖骨骨折…香港スプリントの“落馬事故”はなぜ起きたのか? “わずか1秒半”の悲劇で、避けるのは不可能(島田明宏)
12月12日に香港シャティン競馬場で行われた香港スプリント(芝1200m、3歳以上GI、12頭立て)で、4頭が落馬する事故が起きた。残念なことに、香港の2頭(アメージングスター、ナブーアタック)が予後不良となり、日本のピクシーナイトも骨折。落

によりますと、Amazing Starの鞍上であったライル・ヒューイットソン騎手は股関節の骨折、Naboo Attackの鞍上であったザカリー・パートン騎手は肋骨と鼻骨の骨折ということ。

2021年の第23回香港スプリント。競馬は本当に命懸けであることを改めて思わされました。故に観戦者である私は、ただただ、祈りを捧げるのみです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてがどうか無事でありますように。

*

#ピクシーナイト。未来ある若駒、身体の傷が癒えてターフに戻って来た時に「気持ち」が折れていないようにと願うばかりです。そしてまた、馬場に対するコンプレックスは「血とコンプレックス」や「サラブレッド0の理論」でも記されていますけれど、シャティン競馬場で次に走る機会がある際には、本当にお気を付けになって。「父仔4代GI馬」の血を絶対に次代につなげて欲しいと、心から思っていますので。