Mother Earth(2018.4.24)-第208回英1000ギニー(GI)の勝ち馬-

Result

Mother Earth(マザーアース) 牝 鹿毛 2018.4.24生 愛国・Grenane House Stud生産 馬主・Derrick Smith & Mrs John Magnier & Michael Tabor 愛国・A P O’Brien厩舎

Mother Earth(2018.4.24)の4代血統表
Zoffany
鹿毛 2008.3.18
種付け時活性値:0.25【9】
Dansili
黒鹿毛 1996.1.27
▲デインヒル
鹿毛 1986.3.26
Danzig 1977.2.12
Razyana 1981.4.18
Hasili
鹿毛 1991.3.12
Kahyasi 1985.4.2
Kerali 1984.3.4
Tyranny
鹿毛 2000.3.22
Machiavellian
黒鹿毛 1987.1.31
★Mr. Prospector 1970.1.28
Coup de Folie 1982.4.2
Dust Dancer
栗毛 1994.4.25
Suave Dancer 1988.2.7
Galaxie Dust 1982.5.4
Many Colours
鹿毛 2004.2.17
仔受胎時活性値:1.25【13】
Green Desert
鹿毛 1983.4.16
種付け時活性値:1.00【20】
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Foreign Courier
鹿毛 1979.4.11
Sir Ivor 1965.5.5
Courtly Dee 1968.3.8
First of Many
鹿毛 1999.1.29
仔受胎時活性値:1.00【4】
Darshaan
黒鹿毛 1981.4.18
種付け時活性値:0.25【17】
Shirley Heights 1975.3.1
Delsy 1972.3.20
Star Profile
鹿毛 1994.3.11
仔受胎時活性値:1.00【4】
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
種付け時活性値:1.00【12】
Sandhurst Goddess
栗毛 1986.4.23
仔受胎時活性値:1.75【7】

<5代血統表内のクロス:Danzig4×3、Northern Dancer5×4×5>

Mother Earth(2018.4.24)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Zoffany
(デインヒル系)
Green Desert
(Danzig系)
Darshaan
(Mill Reef系)
Sadler’s Wells
(Northern Dancer系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Green Desert
(Foreign Courier)
5.00 半姉が伊GII勝ち馬
(No. 16-f)
6番仔?
(2連産目?)

*

2021年の第208回英1000ギニー(GI。ニューマーケット芝8F)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4 Mother Earth 牝3 57.2 Frankie Dettori 1:36.37 A P O’Brien 6
2 6 Saffron Beach 牝3 57.2 Adam Kirby 1 Jane Chapple-Hyam 4
3 2 Fev Rover 牝3 57.2 Paul Hanagan クビ Richard Fahey 8
4 7 Santa Barbara 牝3 57.2 Ryan Moore ハナ A P O’Brien 1
5 1 Alcohol Free 牝3 57.2 Oisin Murphy 3/4 Andrew Balding 1
英1000ギニー、デットーリ騎乗のマザーアースが快勝 | JRA-VAN Ver.World
 現地2日、英ニューマーケット競馬場にてG1英1000ギニー(3歳牝馬、芝8ハロン)が行われ、L.デットーリ騎乗のマザーアースが勝利した。 道中は後方に控えたマザーアースは、勝負どころでラチ沿いに進路

2021年の第208回英1000ギニー。11頭立てとなった英国3歳牝馬クラシックの初戦。「死んでしまった種牡馬の仔は走る」とは日本の競馬で時折聞かれる格言ですが、英国でも同様なのでしょうか。

グランプリボスとも戦ったゾファニー、肝不全で安楽死 | JRA-VAN Ver.World
 現役時代に愛2歳G1フェニックスステークスを制すなど、欧米のマイル戦線で活躍したゾファニーが肝不全により死亡した。所有するクールモアスタッドが安楽死の措置を取り、現地8日に発表した。 ゾファニーは2

グランプリボス(2008.3.28)も出走した2011年のセントジェームズパレスS(英GI)で2着だったZoffany。勝ち馬は言わずと知れたFrankel(2008.2.11)だった訳ですが、ZoffanyはFrankelが制したグループレースでは最小着差となる4分の3馬身まで詰め寄ったのですから、その能力は確かなもの。Zoffany自身フェニックスS(愛GI)の勝ち馬でしたから、それは実力馬です。そんなZoffany、↑で引いたJRA-VAN Ver.Worldの記事のとおり、今年2021年1月8日に肝不全で安楽死の処置が取られたということです。

そうしてZoffanyの愛娘Mother Earth。「母なる地球」というスケールの大きな馬名を持つ牝馬が、テン乗りとなったランフランコ・デットーリ騎手のエスコートに応えて、昨年2020年のブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズターフ(米GI)2着以来の中176日もなんのその、ライバルたちを退けました。サスガはフランキー、道中内ラチ沿いの中団から後方の位置に構え、勝負どころでいち早く抜け出してから、最後まで我慢させきりました。もちろん鞍上の鼓舞に応じた、Mother Earthの力があればこその勝利。決勝点では2着のSaffron Beach(2018.2.14)に1馬身差の快勝、お見事でした。

エイダン・パトリック・オブライエン厩舎のZoffany産駒は、前日の第213回英2000ギニー(GI)において、人気の一角だったヴィンセントオブライエンナショナルS(愛GI)の勝ち馬Thunder Moon(2018.5.1)がシンガリ負けの悔しい負け方をしたところでしたが、翌日に同厩舎のZoffany産駒が英国3歳牝馬クラシックの初戦でGI初勝利を収めたという結果でした。

Poetic Flare(2018.3.26)-第213回英2000ギニー(GI)の勝ち馬-
Poetic Flare(ポエティックフレア) 牡 鹿毛 2018.3.26生 愛国・J. S. Bolger生産 馬主・Mrs J S Bolger 愛国・J. S. Bolger厩舎

*

Mother Earthについては、やはり昨年2020年のフィリーズマイル(英GI)における「あの事件」が思い出されます。

Pretty Gorgeous(2018.2.24)-第47回フィリーズマイル(英GI)の勝ち馬-
Pretty Gorgeous(プリティゴージャス) 牝 鹿毛 2018.2.24生 仏国・E.A.R.L. Ecurie Haras du Cadran et al生産 馬主・John C Oxley 愛国・Joseph Patrick O'Brien厩舎
​英G1フィリーズマイルで珍事、ディープ娘が別馬と勘違いされて出走 | JRA-VAN Ver.World
 現地9日に英ニューマーケット競馬場にて行われたG1フィリーズマイル(2歳牝馬、芝8ハロン)で、3位入線したディープインパクト産駒スノーフォールと思われていた馬が、実は別の馬だったことがレース後に発覚
馬の取り違え発生の英G1フィリーズマイル、最終着順が確定 | JRA-VAN Ver.World
 英国競馬統括機構(BHA)は現地23日、9日に行われた英G1フィリーズマイルで出走馬2頭が入れ替わった状態でレースが行われた件について、最終的な着順を決定した。  このレースでは、いずれもA.オブ

名馬には色々なエピソードが付きものです。Mother Earth、その実力を以て、栄光の英国クラシックホースとして歴史に名前を刻みました。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。