第20回UAEダービー(GII)の勝ち馬-Plus Que Parfait(2016.3.23)-

Result

Plus Que Parfait(プリュクパルフェ) 牡 栗毛 2016.3.23生 米国・Calloway Stables, LLC生産 馬主・Imperial Racing, LLC 米国・Brendan P. Walsh厩舎

Plus Que Parfait(2016.3.23)の4代血統表
Point of Entry
鹿毛 2008.5.10
種付け時活性値:1.75
Dynaformer
黒鹿毛 1985.4.1
Roberto
鹿毛 1969.3.16
Hail to Reason 1958.4.18
Bramalea 1959.4.12
Andover Way
黒鹿毛 1978.4.11
His Majesty 1968.4.15
On the Trail 1964
Matlacha Pass
鹿毛 1997.3.11
Seeking the Gold
鹿毛 1985.4.7
Mr. Prospector 1970.1.28
Con Game 1974.3.20
Our Country Place
黒鹿毛 1992.2.16
Pleasant Colony 1978.5.4
メイプルジンスキー 1985.2.5
Belvedera
鹿毛 2010.3.25
仔受胎時活性値:1.25
Awesome Again
鹿毛 1994.3.29
種付け時活性値:1.75
Deputy Minister
黒鹿毛 1979.5.17
Vice Regent 1967.4.29
Mint Copy 1970.2.24
Primal Force
鹿毛 1987.4.27
Blushing Groom 1974.4.8
Prime Prospect 1978.3.20
Forever Land
鹿毛 1989.2.2
仔受胎時活性値:1.00
Badger Land
鹿毛 1983.4.20
種付け時活性値:1.25
Codex 1977.2.28
Gimieroom 1977.1.27
Lullaby Song
鹿毛 1973.1.30
仔受胎時活性値:1.75
T. V. Lark
鹿毛 1957.2.12
種付け時活性値:1.75
Flower Box
黒鹿毛 1968.2.12
仔受胎時活性値:1.00

<5代血統表内のクロス:His Majesty4×5(父方)、Mr. Prospector4×5>

Plus Que Parfait(2016.3.23)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Point of Entry
(Roberto系)
Awesome Again
(Deputy Minister系)
Badger Land
(Ribot系)
T. V. Lark
(Nasrullah系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Point of Entry 5.00 祖母が米GIII勝ち馬
(No. 21-a)
2番仔
(2連産目)

*

2019年の第20回UAEダービー(GII。メイダン・ダート1900m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 4 Plus Que Parfait 牡3 57 Jose L Ortiz 1:58.41 Brendan P Walsh
2 8 Gray Magician 牡3 57 Joel Rosario 3/4 Peter Miller
3 14 Manguzi 牡3 57 Fernando Jara クビ A R Al Rayhi
4 5デルマルーヴル 牡3 57 C.ルメール 5 1/4 戸田 博文
5 13 Swift Rose 牝3 55 Pat Cosgrave 2 Saeed bin Suroor

2019年の第20回UAEダービー。ゴール前は3頭の接戦。Plus Que Parfait、Gray Magician(2016.2.16)、Manguzi(2016.4.13)の競り合いは、最後に内を「ググイ」と伸びたPlus Que Parfaitが4分の3馬身差を着けての勝利でした。本邦代表のデルマルーヴル(2016.3.19)は道中後方から進み、直線でよく伸びて4着。上位3頭とは差がありましたが、本当に頑張りました。

さて、Plus Que Parfaitの最優性先祖と判断した父Point of Entryは、現役時代に通算18戦9勝、2着3回、3着1回。その主な競走成績として、

  1. マンノウォーS(米GI)、ソードダンサー招待S(米GI)、ジョーハーシュ・ターフクラシック招待S(米GI)、ガルフストリームパークターフH(米GI)、マンハッタンH(米GI)、エルクホーンS(米GII)
  2. ブリーダーズカップ・ターフ(米GI)

があります。米GI5勝の強豪だったPoint of Entry、その主な競走成績を見ると完全にグラスホースですね。ただ、Point of Entryの初勝利は、ガルフストリームパークのダート9ハロンのメイドンにおいて、2着に15馬身半差を着けての快勝でした。そんなPoint of Entryについては、

Point of Entry - Adena Springs
Dynaformer's Heir

繋養先であるアデナスプリングスのWEBページが、サスガの手厚さです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。