Auguste Rodin(2020.1.26)-第16回ジュヴェナイルS(愛GII)の勝ち馬-

Result

Auguste Rodin(オーギュストロダン) 牡 青鹿毛 2020.1.26生 愛国・Coolmore生産 馬主・M Tabor & D Smith & Mrs J Magnier & Westerberg 愛国・A P O’Brien厩舎

Auguste Rodin(2020.1.26)の4代血統表
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
種付け時活性値:0.25【17】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
▲Alzao
鹿毛 1980.2.28
Lyphard 1969.5.10
Lady Rebecca 1971.2.28
Burghclere
鹿毛 1977.4.26
Busted 1963.3.16
Highclere 1971.4.9
ロードデンドロン
鹿毛 2014.2.11
仔受胎時活性値:1.25【5】
Galileo
鹿毛 1998.3.30
種付け時活性値:1.75【15】
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer 1961.5.27
Fairy Bridge 1975.5.4
Urban Sea
栗毛 1989.2.18
Miswaki 1978.2.22
Allegretta 1978.3.10
Halfway To Heaven
黒鹿毛 2005.4.25
仔受胎時活性値:2.00【8】
Pivotal
栗毛 1993.1.19
種付け時活性値:0.75【11】
Polar Falcon 1987.6.1
Fearless Revival 1987.3.3
Cassandra Go
芦毛 1996.4.3
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】
Indian Ridge
栗毛 1985.3.22
種付け時活性値:0.50【10】
Rahaam
芦毛 1987.3.4
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×4>

Auguste Rodin(2020.1.26)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
Galileo
(Sadler’s Wells系)
Pivotal
(Nureyev系)
Indian Ridge
(Clarion系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Galileo
(Gold Digger)
7.25 or 5.25 or 3.25母と祖母がGI3勝で叔母がGI7勝
(No. 3-d)
初仔

*

2022年の第16回ジュヴェナイルS(愛GII。レパーズタウン芝8F)の結果


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 2 Auguste Rodin 牡2 59.4 Ryan Moore 1:45.25 A P O’Brien 1
2 5 Caroline Street 牝2 58.1 Shane Crosse 1 1/2 Joseph Patrick O’Brien 5
3 1 Alder 牡2 59.4 Gavin Ryan 3/4 Donnacha Aidan O’Brien 4
4 3 Serious Challenge せん2 59.4 Kevin Manning 1 J S Bolger 3
5 4 Tower of London 牡2 59.4 Wayne Lordan 5 A P O’Brien 2
ディープ産駒オーギュストロダン、愛2歳G2を快勝で来春のクラシック戦線に名乗り | JRA-VAN Ver.World
 現地10日に愛レパーズタウン競馬場で2歳G2チャンピオンズジュベナイルステークス(芝1600m)が行われ、圧倒的な1番人気に推されたディープインパクト産駒のオーギュストロダンが、追いすがる最低5番人

ディープインパクトのラストクロップ12頭の内の1頭が愛国の地でGII勝ちを収めました。Auguste Rodin、5頭立てを道中4番手から進み、レパーズタウンの直線400mでしぶとく脚を伸ばし、紅一点だったCaroline Street(2020.4.7)の追撃を1と2分の1馬身振り切ったところがゴール地点。Auguste Rodin、6月のカラ芝7ハロンのメイドンを2着、7月のナース芝7ハロンのメイドンを1着と来て、9月のレパーズタウン芝8ハロンのジュヴェナイルS1着を以てグループレース初制覇。そうしてAuguste RodinのジュヴェナイルS勝ちにより、種牡馬ディープインパクトは、ファーストクロップである2008年生まれ世代からラストクロップである2020年生まれ世代まで、13世代すべてでGレース勝ち馬を送り込むことになりました。

では、以下にAuguste Rodinのごく簡単な近親牝系図を示しておきます。なお、近親牝系図内のレース名、格付けはいずれも施行当時のものです。

Halfway To Heaven 2005.4.25 4勝 愛1000ギニー(GI) サンチャリオットS(英GI) 英ナッソーS(GI)ほか
|Flying The Flag 2010.2.21 3勝 愛インターナショナルS(GIII)ほか
|ロードデンドロン 2014.2.11 5勝 ロッキンジS(英GI) オペラ賞(仏GI) フィリーズマイル(英GI)ほか
||Auguste Rodin 2020.1.26 (本馬) ジュヴェナイルS(愛GII)
|Magical 2015.5.18 12勝 英チャンピオンS(GI) 愛チャンピオンS(GI)2回 タタソールズゴールドC(愛GI)2回 愛プリティポリーS(GI) ブリティッシュ・チャンピオンズ・フィリーズ&メアズS(英GI)ほか

祖母の代の紹介からで充分な3号族d分枝系。Auguste Rodin、母ロードデンドロン、祖母Halfway To Heaven、そして叔母Magicalと来れば、紛れもなくピッカピカの良血馬です。母のロードデンドロンは和訳すると「ツツジ」の意味。ツツジは私が最も愛でる花のひとつでして、ロードデンドロンはその馬名意味から現役時代に気になった海外馬でした。2歳から4歳まで3年連続GI勝ちを収め、英オークス(GI)でも1番人気で2着と頑張ったロードデンドロン。けれど英オークスでは戦った相手、2014年生まれ世代の同期生が強かった。ええ、Enable(2014.2.12)でしたから、ね。また叔母のMagicalは英愛の中距離GI7勝の超名牝。それはこの辺境サイトでもMagicalが制したレースを3回も書くことになります^^;

第44回愛チャンピオンS(GI)の勝ち馬-Magical(2015.5.18)-
Magical(マジカル) 牝 鹿毛 2015.5.18生 愛国・Orpendale, Chelston & Wynatt生産 馬主・Derrick Smith & Mrs John Magnier & Michael Tabor 愛国・A P O'Brien厩舎
第142回英チャンピオンS(GI)の勝ち馬-Magical(2015.5.18)+α-
Magical(マジカル) 牝 鹿毛 2015.5.18生 愛国・Orpendale, Chelston & Wynatt生産 馬主・Derrick Smith & Mrs John Magnier & Michael Tabor 愛国・A P O'Brien厩舎 Donjuan Triumphant(ドンファントライアンファント) 牡 鹿毛 2013.3.24生 愛国・Patrick Cosgrove & Dream Ahead Syndicate生産 馬主・King Power Racing Co Ltd 英国・Andrew Balding厩舎
Magical(2015.5.18) -第45回愛チャンピオンS(GI)の勝ち馬-
Magical(マジカル) 牝 鹿毛 2015.5.18生 愛国・Orpendale, Chelston & Wynatt生産 馬主・Derrick Smith & Mrs John Magnier & Michael Tabor 愛国・A P O'Brien厩舎

併せて、Auguste Rodinのボトムラインの世代交代4回の内3回が8歳時交配でなされています。0の理論的な見解について私はorの表記にしていますが、各代の母の生年月日からは、フルマックスの「2.00」を3回続けているのでしょう。故にロードデンドロンは料的遺伝値のクレジットが「6.00」と最高の数値であり、5歳時交配の初仔となったAuguste Rodinは「7.25」という強大な数値を持つに至りました。

後ですね、Auguste Rodinについては、同じディープインパクト産駒で同じクールモア関連馬だった英2000ギニー(GI)馬Saxon Warrior(2015.1.26)と誕生日が同じ1月26日なのですが、この2頭の4代血統構成を並べてみますと、

馬名
(生年月日)
[F No.]
母の
何番仔?
[料の遺伝]
4代血統構成
母父 祖母父 曾祖母父
Saxon Warrior
(2015.1.26)

[1-t]
2番仔
(2連産目)
[4.75]
ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
Galileo
(Sadler’s Wells系)
デインヒル
(Danzig系)
Indian Ridge
(Clarion系)
Auguste Rodin
(2020.1.26)
[3-d]
初仔
[7.25 or 5.25 or 3.25]
ディープインパクト
(サンデーサイレンス系)
Galileo
(Sadler’s Wells系)
Pivotal
(Nureyev系)
Indian Ridge
(Clarion系)

まま、よく似た感じなんです。曾祖母父のIndian Ridgeも効いているのでしょう。サスガはクールモア。

  

日本で走る遺児たちにもちろん期待は掛かりますが、先んじてGII勝ち馬となったAuguste Rodinには、GI勝ちを収めて欲しいものです。さすれば、種牡馬ディープインパクトは遺した13世代すべてでGI馬を輩出することになりますので。Auguste Rodin、東洋の空の下からさらなる活躍を期待しています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

#本当に余談。Saxon WarriorとAuguste Rodinは共に1月26日生まれということで、誕生日を絶対に忘れないディープインパクト産駒。何故なら私の全弟が1月26日生まれですので。そしてまたディープインパクトとサンデーサイレンスは共に3月25日生まれですが、ままこの2頭は絶対に忘れないですけれど、私の甥が3月25日生まれですので、輪を掛けて忘れないです笑

注目2歳馬のリトルビッグベアが今季残り全休、ディープ産駒オーギュストロダンはデューハーストSへ | JRA-VAN Ver.World
 8月の愛G1フェニックスステークスを7馬身差で圧勝した2歳馬の注目株、リトルビッグベアが残りのシーズンを見送って休養入りすることになった。同馬を管理するA.オブライエン調教師が現地13日、英競馬メデ