Orchestral(2020.10.26)-第149回ニュージーランドダービー(新GI)の勝ち馬-

Result

Orchestral(オーケストラル) 牝 鹿毛 2020.10.26生 新国・Barneswood Farm Ltd生産 馬主・C R & H J Litt 新国・Roger James & Robert Wellwood厩舎

Orchestral(2020.10.26)の4代血統表
Savabeel(AUS)
黒鹿毛 2001.9.23
種付け時活性値:0.50【18】
Zabeel
鹿毛 1986.10.25
Sir Tristram
鹿毛 1971.4.7
Sir Ivor 1965.5.5
Isolt 1961.4.24
Lady Giselle
鹿毛 1982.3.28
Nureyev 1977.5.2
Valderna 1972.3.31
Savannah Success
黒鹿毛 1995.9.24
Success Express
鹿毛 1985.2.25
Hold Your Peace 1969.1.24
Au Printemps 1979.4.21
Alma Mater
黒鹿毛 1988.9.14
Semipalatinsk 1978.2.6
Sweetie 1981.9.7
Symphonic(NZ)
黒鹿毛 2012.9.20
仔受胎時活性値:1.75【7】
O’Reilly(NZ)
黒鹿毛 1993.8.24
種付け時活性値:0.50【18】
ラストタイクーン
黒鹿毛 1983.5.9
トライマイベスト 1975.4.28
Mill Princess 1977.5.21
Courtza
鹿毛 1986.10.25
▲Pompeii Court 1977.3.19
Hunza 1970.9.24
Chorus(NZ)
鹿毛 2005.11.30
仔受胎時活性値:1.50【6】
Danasinga(AUS)
鹿毛 1991.11.3
種付け時活性値:1.25【13】
デインヒル 1986.3.26
Princess Tracy 1981.3.2
Head of the River(GB)
鹿毛 1985.2.27
仔受胎時活性値:0.875【19.5】
Shirley Heights(GB)
鹿毛 1975.3.1
種付け時活性値:0.25【9】
Boathouse(GB)
鹿毛 1978.5.14
仔受胎時活性値:1.50【6】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5、Mill Reef5×5>

Orchestral(2020.10.26)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Savabeel
(Sir Tristram系)
O’Reilly
(トライマイベスト系)
Danasinga
(デインヒル系)
Shirley Heights
(Mill Reef系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Danasinga 5.625
(【7】+【6】+【19.5】+【6】)
(No. 11-d) 2番仔
(2連産目)

*

2024年の第149回ニュージーランドダービー(新GI。エラズリー芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 17 Orchestral 牝3 55 Craig Grylls 2:26.79 Roger James & Robert Wellwood 1
2 7 Antrim Coast せん3 57 Per-Anders Graberg 3 3/4 Stephen Marsh 15
3 2 Ascend The Throne せん3 57 Opie Bosson 短クビ Mark Walker & Sam Bergerson 2
4 1 Just As Sharp せん3 57 Ryan Elliot 2 3/4 Team Rogerson 3
5 3 Interlinked 牡3 57 Sam Weatherley 3 1/2 Trent Busuttin & Natalie Young 4
牝馬のオーケストラルがNZダービー圧勝、牡馬を蹴散らし圧倒的人気に応える | JRA-VAN World - 海外競馬情報サイト
G1ニュージーランドダービー(3歳、芝2400m)が現地2日にエラズリー競馬場で17頭により争われ、単勝1.30倍の圧倒的人気を集めたオーケストラルが後方4、5番手から馬群の外を進出すると、馬場の三

昨年2023年の第148回は馬場改修のためテラパ競馬場で行われたニュージーランドダービー。2年ぶりにエラズリー競馬場に戻って来た2024年の第149回を制したのは紅一点、出走17頭中唯1頭の牝馬だったOrchestral。道中後方4、5番手の外側に位置するとじっと待機し、残り1000mあたりからじわっと徐々に進出。エラズリー芝の直線382mでは大外ぶん回しでも「力が違う」とばかりに鋭進。鞍上のクレイグ・グリルス騎手の激励に応えると、メンバー中最速の上がり600m35秒61の末脚で最後は2着のAntrim Coast(2020.8.25)-ロックドゥカンブ(2004.9.29)の仔-に3と4分の3馬身差を着けたところがゴールポスト。Orchestral、「完勝」という内容で牡馬、せん馬相手のニュージーランドダービーを見事に制しました。

Orchestralは2024年1月のプケコヘパーク芝1600mのバーフット&トンプソン1600、同月のエラズリー芝1600mのカラカミリオン3歳クラシック(新L)、2月のエラズリー芝2100mのアヴォンデールギニー(新GII)、そして3月のエラズリー芝2400mのニュージーランドダービーと今年に入ってから4連勝。それぞれ2馬身半差、3馬身半差、4馬身差、3と4分の3馬身差と2着以降を突き放しての勝利であり強いところを見せ続けています。

さて、1973年の新国におけるクラシックレースの再編成後に、ニュージーランドダービーを制した牝馬を確認してみますと、

  1. Our Flight(1979.10.25)
  2. Tidal Light(1983.10.27)
  3. Popsy(1990.10.7)
  4. Silent Achiever(2008.9.18)
  5. Habibi(2009.9.4)
  6. Orchestral(2020.10.26)

Orchestralは6頭目の達成馬となりました。やはりそうそう容易に果たせるものではありません。馬場状態などの違いはありますが、Orchestralがエラズリー芝2400mで刻んだ2分26秒79は6頭の中では最速の勝ち時計でした。なお、21世紀に入ってからのニュージーランドダービーでは2020年の第145回を制したSherwood Forest(2016.9.1)の2分26秒77が最速の勝ち時計であり、Orchestralの2分26秒79は2番目に速い勝ち時計でした。また、21世紀に入ってから最初に牝馬制覇を果たしたSilent AchieverはOrchestralの母父であるO’Reillyの仔であり、Silent Achieverに続いて2年連続の牝馬勝利を飾ったHabibiはステイゴールド(1994.3.24)が2001年の香港ヴァーズ(GI)を制した際に2着だったEkraar(1997.2.13)の仔です。

#上のリストで挙げたニュージーランドダービーを制した牝馬6頭のうちTidal Light、Silent Achiever、そしてOrchestralと3頭が共同名義も含めてロジャー・ジェームス調教師の管理馬です。ジェームス師は他にもRoysyn(1992.10.24)、Zonda(1994.12.5)、Hades(1996.11.7)でも勝利を収められており、1973年以降の現行のニュージーランドダービーでは最多となる調教師として6勝を挙げられています。

新国のクラシックディスタンス強者の名牝と言いましたら、日本人はどうしてもHorlicks(1983.10.7)を思い浮かべる訳です。Orchestral、新国の競馬殿堂入りしている先達に負けない活躍を見せて、21世紀の名牝として名を馳せて欲しいものです。

Horlicks(1983.10.7)-ジャパンカップ(GI)の勝ち馬を辿る(No.9)-
Horlicks(ホーリックス) 牝 芦毛 1983.10.7生~2011.8.24没 新国・Graham de Gruchy生産 馬主・Graham de Gruchy 新国・Dave and Paul O'Sullivan厩舎

 

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。