Incentivise(2016.10.22)-第144回コーフィールドC(豪GI)の勝ち馬-

Result

Incentivise(インセンティヴァイズ) せん 鹿毛 2016.10.22生 豪州・Windemere Stud生産 馬主・Windemere Stud Pty Ltd, Yes Bloodstock Et Al 豪州・Peter G Moody厩舎

Incentivise(2016.10.22)の4代血統表
Shamus Award(AUS)
鹿毛 2010.10.28
種付け時活性値:1.25【5】
スニッツェル
鹿毛 2002.8.24
Redoute’s Choice
鹿毛 1996.8.15
デインヒル 1986.3.26
Shantha’s Choice 1992.10.28
Snippets’ Lass
鹿毛 1993.9.16
★Snippets 1984.9.1
Snow Finch 1984.4.21
Sunset Express
青鹿毛 1999.9.1
Success Express
鹿毛 1985.2.25
Hold Your Peace 1969.1.24
Au Printemps 1979.4.21
Finito Fling
栗毛 1992.10.23
Luskin Star 1974
From the Wood 1985.3.20
Miss Argyle(AUS)
鹿毛 2004.8.21
仔受胎時活性値:0.75【11】

Iglesia(AUS)
黒鹿毛 1995.10.11
種付け時活性値:0.00【8】
ラストタイクーン
黒鹿毛 1983.5.9
トライマイベスト 1975.4.28
Mill Princess 1977.5.21
Yodells
栗毛 1988.8.16
★Marscay 1979.10.20
Yodelling Lady 1979.10.14
Precious Pearl(AUS)
鹿毛 1992.11.27
仔受胎時活性値:0.75【11】
Semipalatinsk(USA)
鹿毛 1978.2.6
種付け時活性値:1.25【13】
Nodouble 1965.3.4
School Board 1968.2.1
Showsay(AUS)
黒鹿毛 1979.10.18
仔受胎時活性値:1.00【12】
Head Over Heels(FR)
鹿毛 1971.2.19
種付け時活性値:1.875【7.5】
Mink And Pearls(AUS)
黒鹿毛 1974.9.12
仔受胎時活性値:1.00【4】

<5代血統表内のクロス:なし>

Incentivise(2016.10.22)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Shamus Award
(デインヒル系)
★Iglesia
(Northern Dancer系)
Semipalatinsk
(Star Kingdom系)
Head Over Heels
(Round Table系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Head Over Heels
(Showsay)
3.50 半兄が新GIII勝ち馬
(No. 2-e)
8番仔?
(8連産目?)

*

2021年の第144回コーフィールドC(豪GI。コーフィールド芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 2 Incentivise せん5 55.5 Brett Prebble 2:30.88 Peter G Moody 1
2 16 Nonconformist せん5 51.5 Craig A Williams 3.5 Grahame Begg 3
3 7 Persan せん5 53 Linda Meech 5.25 Ciaron Maher & David Eustace 10
4 12 Montefilia 牝4 52 Jye McNeil 5.35 David Payne 5
5 19 Great House せん5 50 Teodore Nugent 5.55 Chris Waller 14
インセンティヴァイズがG1レース3連勝、豪コーフィールドCで他馬を寄せつけず | JRA-VAN Ver.World
 豪G1コーフィールドカップ(3歳以上、芝2400m)が現地16日にコーフィールド競馬場で行われ、単勝2.30倍の1番人気に推されたインセンティヴァイズが大外枠を克服。好位追走から直線で3.5馬身抜け

2021年の第144回コーフィールドC。賞金総額500万豪ドル、1着賞金300万豪ドルは日本円にすると約2億5600万円という高額賞金を賭けて競われた、コーフィールド芝2400mの伝統の一戦。18頭立てを大外から発進して3.5馬身差の快勝を見せたのは1番人気のIncentivise。Incentiviseは今年2021年4月11日に初勝利を挙げた後、このコーフィールドCが9連勝目。6月のタタソールズC(豪GIII)、9月のマカイビーディーヴァS(豪GI)、10月のターンブルS(豪GI)、コーフィールドCとグループレースは4連勝。マカイビーディーヴァSから鞍上を務めるのは、もう随分と懐かしくなってしまいましたが、2006年の安田記念(GI)を制したBullish Luck(ブリッシュラック。1999.4.3)の鞍上でもあったブレット・プレブル騎手。あのレースのBullish Luckは本当に強かった。

Incentiviseは↑で引いたJRA-VAN ver.Worldの記事によりますと、プレブル騎手曰く最終コーナーの手前でムチを見せたんだ。それで後はメルボルンカップを見据えるだけ。彼は3200mも乗り切るだろうねとのこと。むぅ、メルボルン州の出身でもあるプレブル騎手、2012年の第152回のGreen Moon(2007.2.16)以来となる2度目のメルボルンカップ(豪GI)制覇が見えた、というところでしょうか。

とはいえ、コーフィールドとメルボルンの「カップス・ダブル」を果たした馬は、140年以上の歴史で僅かに11頭だけという至難の業。

  1. Poseidon(1903.8.19) → 1906年に達成
  2. The Trump(1932) → 1937年に達成
  3. Rivette(1933) → 1939年に達成。牝馬
  4. Rising Fast(1949) → 1954年に達成
  5. Even Stevens(1957) → 1962年に達成
  6. Galilee(1963) → 1966年に達成
  7. Gurner’s Lane(1978.10.7) → 1982年に達成
  8. Let’s Elope(1987.11.20) → 1991年に達成。牝馬
  9. Doriemus(1990.11.17) → 1995年に達成
  10. Might and Power(1993.10.6) → 1997年に達成
  11. Ethereal(1997.11.16) → 2001年に達成。牝馬

「駆け落ちしよう」という馬名意味でおなじみのLet’s Elopeは、1992年の第12回ジャパンカップ(GI)も走ってくれました。また、日本との血統的なつながりで述べますと、Might and Powerは母父父がアーテイアス(1974.2.26)、祖母父がソーブレスド(1965)。21世紀に入ってから唯1頭だけ達成しているEtherealは父リズム(1987.3.31)です。リズムも懐かしい。サクラナミキオー(1995.4.4)のお父さん。

Incentivise、10連勝と共に20年ぶりとなる「カップス・ダブル」は果たされますでしょうか。国の動きを止めるレース、メルボルンカップ。第161回となる今年2021年は11月2日に行われます。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。