ファッショニスタ(2014.3.25)-第10回JBCレディスクラシック(JpnI)の勝ち馬-

Result

ファッショニスタ 牝 鹿毛 2014.3.25生 日高・ダーレー・ジャパン・ファーム(有)生産 馬主・ゴドルフィン 栗東・安田隆行厩舎

ファッショニスタ(2014.3.25)の4代血統表
ストリートセンス
鹿毛 2004.2.23
種付け時活性値:0.25【9】
Street Cry
黒鹿毛 1998.3.11
Machiavellian
黒鹿毛 1987.1.31
Mr. Prospector 1970.1.28
Coup de Folie 1982.4.2
Helen Street
鹿毛 1982.4.4
Troy 1976.3.25
Waterway 1976.4.21
Bedazzle
鹿毛 1997.4.5
★Dixieland Band
鹿毛 1980.3.20
Northern Dancer 1961.5.27
Mississippi Mud 1973.4.29
Majestic Legend
鹿毛 1985.3.18
★His Majesty 1968.4.15
Long Legend 1978.4.26
アクアリスト
栗毛 2003.3.26
仔受胎時活性値:0.50【10】
コロナドズクエスト
栗毛 1995.2.15
種付け時活性値:1.75【7】
フォーティナイナー
栗毛 1985.5.11
Mr. Prospector 1970.1.28
File 1976.4.30
Laughing Look
鹿毛 1986.4.16
Damascus 1964.4.14
Laughter 1970.4.8
Oyster Catcher
鹿毛 1996.2.8
仔受胎時活性値:1.50【6】
Bluebird
鹿毛 1984.4.2
種付け時活性値:0.75【11】
Storm Bird 1978.4.19
Ivory Dawn 1978.4.19
Brigid
栗毛 1991.3.17
仔受胎時活性値:1.00【4】
Irish River
栗毛 1976.4.2
種付け時活性値:1.50【14】
Luv Luvin’
栗毛 1977.4.20
仔受胎時活性値:1.25【13】

<5代血統表内のクロス:Mr. Prospector4×4、Northern Dancer4×5、Raise a Native5×5×5、Riverman5×5>

ファッショニスタ(2014.3.25)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ストリートセンス
(Mr. Prospector系)
コロナドズクエスト
(Mr. Prospector系)
Bluebird
(Storm Bird系)
Irish River
(Riverman系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
コロナドズクエスト
(Bold Ruler)
4.25 近親Henrythenavigator
(No. 9-b)
6番仔
(3連産目)

*

2020年の第10回JBCレディスクラシック(JpnI。大井ダート1800m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 12 ファッショニスタ 牝6 55 北村友一 1:51.1   2-2-2-2 37.5 500
[-8]
安田隆行 2
2 2 マドラスチェック 牝4 55 森泰斗 1:51.1 アタマ 4-3-3-3 37.4 507
[+2]
斉藤誠 3
3 13 マルシュロレーヌ 牝4 55 川田将雅 1:51.7 3 7-7-7-7 37.8 459
[-2]
矢作芳人 1
4 6 ダノンレジーナ 牝4 55 本橋孝太 1:51.9 1.1/4 5-5-5-5 38.0 483
[+5]
小久保智 7
5 1 レーヌブランシュ 牝3 53 松山弘平 1:52.0 1/2 8-8-8-8 37.9 457
[+3]
橋口慎介 4

ファッショニスタ、初めての重賞挑戦でもあった2018年の第8回では、京都ダート1800mを出負けしたものの、よく追い込んでアンジュデジール(2014.5.1)の3着。

第8回JBCレディスクラシック(JpnI)の勝ち馬-アンジュデジール(2014.5.1)-
アンジュデジール 牝 黒鹿毛 2014.5.1生 浦河・辻牧場生産 馬主・安原浩司氏 栗東・昆貢厩舎

デビュー当初からダート1400mで活躍しており、2020年現時点の成績でもダート1400mでは[5-6-2-1]と14戦中13戦は複勝圏に絡んでいる安定性を持つファッショニスタ。浦和ダート1400mで行われた昨年2019年の第9回では、1馬人気だったもののヤマニンアンプリメ(2014.4.5)の3着。

第9回JBCレディスクラシック(JpnI)の勝ち馬-ヤマニンアンプリメ(2014.4.5)-
ヤマニンアンプリメ 牝 鹿毛 2014.4.5生 浦河・廣田伉助氏生産 馬主・土井肇氏 栗東・長谷川浩大厩舎

過去2年、同じ2014年生まれ世代の馬たちに後塵を拝して3着続きだったファッショニスタ。「三度目の正直」となった2020年の第10回、今までどうしても勝てなかった1800mの距離を克服して、ついに栄冠を勝ち得ました。長じて長い距離がこなせるようになるのは、馬に限らず走る人でも見られる現象ではありますけれど、ファッショニスタ、6歳秋に若年牝馬たちを先行2番手からねじ伏せての勝利は「お見事」でした。

また、今回のJBCレディスクラシックの1着、2着は共に「非サンデーサイレンス」の血統馬でした。溢れ返るサンデーサイレンス(1986.3.25)系種牡馬を受け入れられるということでは、ファッショニスタ、マドラスチェック(2016.4.22)共に繁殖牝馬としても期待が掛かります。ファッショニスタは英愛マイルGI4勝のHenrythenavigator(2005.2.28)やブリーダーズカップ・ターフ(米GI)の勝ち馬Magician(2010.4.24)の近親ですし、マドラスチェックも曾祖母My Flag(1993.3.25)、高祖母Personal Ensign(1984.4.27)という名牝系です。このあたり、サスガにゴドルフィン、そして大社台。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。