ピースオブワールド(2000.2.18)-濁音・半濁音にてGI馬を辿る(No.15)-

Series

ピースオブワールド 牝 鹿毛 2000.2.18生 静内町・千代田牧場生産 馬主・飯田 正氏 栗東・坂口 正大厩舎

ピースオブワールド(2000.2.18)の4代血統表
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:1.25【13】

Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason
黒鹿毛 1958.4.18
Turn-to 1951
Nothirdchance 1948
Cosmah
鹿毛 1953.4.4
★Cosmic Bomb 1944
Almahmoud 1947.5.18 ♀
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding
栗毛 1963.2.17
★Promised Land 1954.3.31
Pretty Ways 1953.3.21
Mountain Flower
鹿毛 1964.3.23
Montparnasse 1956
Edelweiss 1959.2.15
ビバムール
黒鹿毛 1992.4.7
仔受胎時活性値:1.75【7】
Caerleon
鹿毛 1980.3.27
種付け時活性値:0.75【11】
Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
Northern Dancer 1961.5.27
Flaming Page 1959.4.24
Foreseer
黒鹿毛 1969.4.12
Round Table 1954.4.6
Regal Gleam 1964
Muffitys
鹿毛 1982.3.7
仔受胎時活性値:0.25【9】
Thatch
鹿毛 1970.3.30
種付け時活性値:0.75【11】
Forli 1963.8.10
Thong 1964.4.23
Contrail
芦毛 1968
仔受胎時活性値:1.25【13】
Roan Rocket
芦毛 1961
種付け時活性値:1.50【6】
Azurine
鹿毛 1957
仔受胎時活性値:0.50【10】

<5代血統表内のクロス:Hail to Reason3×5>

ピースオブワールド(2000.2.18)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
サンデーサイレンス
(Halo系)
Caerleon
(Nijinsky系)
Thatch
(Hyperion系)
Roan Rocket
(Relic系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Roan Rocket
(ビバムール)
3.75
(【7】+【9】+【13】+【10】)
従兄タイキシャトル
(No. 4-d)
2番仔
(2連産目)

*

2002年の第54回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI。阪神芝1600m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 5 ピースオブワールド 牝2 54 福永 祐一 1:34.7   6-10-8 35.2 492
[-4]
坂口 正大 1
2 13 ヤマカツリリー 牝2 54 安藤 勝己 1:34.9 1 1/2 4-2-2 35.9 460
[-2]
松元 茂樹 11
3 9 ブランピュール 牝2 54 本田 優 1:34.9 クビ 2-3-2 35.8 466
[-6]
西浦 勝一 6
4 8 シーイズトウショウ 牝2 54 池添 謙一 1:35.1 1 6-3-2 36.0 444
[-2]
鶴留 明雄 7
5 12 プラントパラダイス 牝2 54 和田 竜二 1:35.2 クビ 14-13-13 35.4 454
[-2]
川村 禎彦 16
2002年の第54回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI。阪神芝1600m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.6 – 11.3 – 11.2 – 11.7 – 12.0 – 11.9 – 11.8 – 12.2
ラップの
累計タイム
12.6 – 23.9 – 35.1 – 46.8 – 58.8 – 1:10.7 – 1:22.5 – 1:34.7
上り 4F 47.9 – 3F 35.9

2002年10月の京都ダート1400mの新馬戦を6馬身差、同10月の京都芝1400mのかえで賞を2馬身差、11月の京都芝1400mのファンタジーS(GIII)を1と4分の1馬身差と、3戦3勝で挑んだ12月の阪神芝1600mのGI舞台。20世紀末の最強マイラー・タイキシャトル(1994.3.23)が従兄であり、いわゆる「4分の3同血」を持つピースオブワールド。距離延長のこの舞台でも単勝1.5倍の1番人気を集め、前3走から比すると後方に構えたレースでしたが、これは馬群の外側を回しながらレースを進めたところを見ると「邪魔されないように走れば能力が違う」という自信が鞍上の福永祐一騎手にあったのではないでしょうか。果たせるかなピースオブワールド、直線でも1頭だけ他馬とは違う脚を見せ付けて、最後はリンデンリリー(1988.3.16)の娘ヤマカツリリー(2000.2.15)に1馬身半差を着けての快勝。

ピースオブワールド4戦4勝、負け無しのGI勝利。JRAが阪神3歳牝馬S、即ち現行の阪神ジュベナイルフィリーズを施行するようになってからであれば、ニシノフラワー(1989.4.19)ヤマニンパラダイス(1992.4.25)ビワハイジ(1993.3.7)スティンガー(1996.5.15)に次ぐ5頭目の無敗の2歳牝馬王者に輝くと共に、管理される坂口正大調教師に初めての牝馬GI制覇をプレゼントしたのでした。そしてまた坂口師と福永騎手のタッグと言えば、キングヘイロー(1995.4.28)が思い出されるところですが、キングヘイローで果たせなかったタッグによるGI勝ちということで、福永騎手も「ちょっとでも、そういう恩が返せたかなと思うと、嬉しいです」とコメントされていました。

そんなピースオブワールド。従兄のタイキシャトル、近親のシンコウラブリイ(1989.2.2)と、3歳以降に実が入ってからの成長、活躍が見込まれる牝系から送り込まれた馬であっただけに、明け3歳2月の骨折が本当に惜しかった。同じ2000年生まれ世代の牝馬にはスティルインラブ(2000.5.2)アドマイヤグルーヴ(2000.4.30)がいましたが、ピースオブワールドが無事であれば、彼女らに割って入るだけの素質は持ち合わせていたと思います。結果的に阪神ジュベナイルフィリーズが最後の勝利になっただけに、天才少女が無事に3歳の牝馬クラシックを走っている世界線も見てみたかったもの。……あわわ「世界線」なんて、現代風の記述をしてしまいました^^;

ピースオブワールドは静内の名門・千代田牧場で繁殖牝馬として世代を重ねる役目についた訳ですが、その名を1番強く意識したのは日本国内ではなく、海外のレースでした。2017年の独ダービー(GI)に出走してWindstoss(2014.3.7)の5着だったPromise of Peace(2014.2.9)。父キングカメハメハ(2001.3.20)、母ピースオブワールドという日本で走るならばメチャ注目される血統馬でした。ピースオブワールドの血は牝駒ラブアンドピース(2006.2.4)、オッドアイビーナス(2007.3.25)、モーニングコール(2010.4.15)、ビバパーチェ(2013.1.26)等によりボトラインから次代に継承されようとしています。千代田牧場さんの活躍馬は不思議と肩入れしたくなるのですが、名門の21世紀を支える原動力として、ピースオブワールドの血が繁栄して欲しいもの。ただただ祈っています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

[ピースオブワールド(2000.2.18)の主な競走成績]

  1. 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)、ファンタジーS(GIII)
  2. 阪神牝馬S(GII)

通算10戦4勝、3着1回。

*

マイシンザン
マイシンザン

「世界の平和」という馬名意味は、祈り、願いが込められていると実感するな。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

はい。ピースオブワールドという馬名は、2001年9月11日に発生した米国同時多発テロ事件が、オーナーサイドでも念頭にあったようです。

マイシンザン
マイシンザン

事象の大小はどうあれ、闘争がない世界の実現はなかなかに困難やけれど、それでも「世界の平和」は祈らずにはいられんなぁ。