思い出のGI1勝馬を辿る(其の拾弐)-ヘヴンリーロマンス(2000.3.5)-

Series

ヘヴンリーロマンス 牝 鹿毛 2000.3.5生 新冠・ノースヒルズマネジメント生産 馬主・(有)ノースヒルズマネジメント 栗東・山本正司厩舎

ヘヴンリーロマンス(2000.3.5)の4代血統表
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:1.25

Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason
黒鹿毛 1958.4.18
Turn-to 1951
Nothirdchance 1948
Cosmah
鹿毛 1953.4.4
★Cosmic Bomb 1944
Almahmoud 1947.5.18 ♀
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding
栗毛 1963.2.17
★Promised Land 1954.3.31
Pretty Ways 1953.3.21
Mountain Flower
鹿毛 1964.3.23
Montparnasse 1956
Edelweiss 1959.2.15
ファーストアクト
鹿毛 1986.5.16
仔受胎時活性値:1.25
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
種付け時活性値:1.00
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason 1968.4.8
Special 1969.3.28
Arkadina
鹿毛 1969.3.21
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Ribot
鹿毛 1952.2.27
種付け時活性値:0.00
Tenerani 1944.4.14
Romanella 1943
Natashka
黒鹿毛 1963.5.6
仔受胎時活性値:1.25
Dedicate
鹿毛 1952
種付け時活性値:0.50
Natasha
鹿毛 1952
仔受胎時活性値:0.50

<5代血統表内のクロス:Hail to Reason3×5、Almahmoud(♀)4×5>

ヘヴンリーロマンス(2000.3.5)の0の理論的総括
母父祖母父曾祖母父
サンデーサイレンス
(Halo系)
Sadler’s Wells
(Northern Dancer系)
Ribot
(Havresac系)
Dedicate
(Princequillo系)
形相の遺伝料の遺伝牝系母の何番仔?
サンデーサイレンス5.00 or 3.00伯父サウスアトランティック
(No. 13-c)
8番仔
(不受胎後)

*

2005年の第132回天皇賞・秋(GI。東京芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名性齢
騎手走破
時計
着差通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
11ヘヴンリーロマンス牝556松永 幹夫2:00.18-8-832.7510
[-2]
山本 正司14
213ゼンノロブロイ牡558横山 典弘2:00.1アタマ6-6-832.7500
[前計不]
藤沢 和雄1
312ダンスインザムード牝456北村 宏司2:00.1クビ4-3-333.3468
[-4]
藤沢 和雄13
45アサクサデンエン牡658蛯名 正義2:00.314-5-533.2496
[-6]
河野 通文9
514スイープトウショウ牝456池添 謙一2:00.41/211-10-1032.8464
[-2]
鶴留 明雄4

「エンペラーズカップ100年記念」として、史上初めて天皇皇后両陛下の御来臨となった、2005年の第132回天皇賞・秋。1000m通過が62秒4というGIとしては超スローペースとなったこのレース、カミソリの切れ味を競う末脚合戦は、18頭立て14番人気の伏兵が1番人気馬を「アタマ」だけ差し切ったところが決勝点。山本正司調教師と松永幹夫騎手の師弟コンビによるGI制覇は初めてのことであり、混戦を断ち切った「師弟愛の結実」というところでした。思えばこの師弟による重賞初勝利も同じ府中の芝2000mの舞台。私は、この2005年の10年前、1995年の第112回天皇賞・ 秋で父仔3代の天皇賞制覇を夢見ていたのですが、残念ながら叶わず。ともあれ、星霜を経て果たされた師弟による天皇賞制覇は、レース後の松永騎手の馬上からの天皇皇后両陛下へのお辞儀により、より感動的なものとなりました。

ヘヴンリーロマンス。1997年の第116回天皇賞・秋を制したエアグルーヴ(1993.4.6)以来8年ぶりの牝馬による天皇賞制覇を遂げた名牝は、繁殖牝馬としても能力の高さを遺憾なく発揮しています。

ヘヴンリーロマンス 2000.3.27 (本馬) 8勝 天皇賞・秋(GI) 札幌記念(GII) 阪神牝馬S(GII)ほか
|アウォーディー 2010.5.10 10勝 JBCクラシック(JpnI) 日本テレビ盃(JpnII) アンタレスS(GIII) シリウスS(GIII) 名古屋大賞典(JpnIII)
|アムールブリエ 2011.5.21 10勝 名古屋グランプリ(JpnII)2回 エンプレス杯(JpnII)2回 ブリーダーズゴールドC(JpnIII)2回
|ラニ 2013.2.22 3勝 UAEダービー(GII) ベルモントS(米GI)3着

3頭のGレース勝ち馬の母ヘヴンリーロマンス。産駒はダート志向となっているところが、米国で繁殖生活を送るヘヴンリーロマンスらしさというところでしょうか。

同馬主で同い年のもう1頭の名牝スティルインラブ(2000.5.2)は早世によりボトムラインに血を残すことができませんでした。

スティルインラブ(2000.5.2)-牝馬三冠馬を辿る(No.2)-
スティルインラブ 牝 栗毛 2000.5.2生~2007.8.2没 門別・下河辺牧場生産 馬主・(有)ノースヒルズマネジメント 栗東・松元省一厩舎

ヘヴンリーロマンス、スティルインラブの分も、その血が末永く伝わって行くことをただただ祈っています。

 

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

[ヘヴンリーロマンス(2000.3.5)の主な競走成績]

  1. 天皇賞・秋(GI)、札幌記念(GII)、阪神牝馬S(GII)
  2. クイーンS(GIII)

通算33戦8勝、2着8回、3着3回。

*

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

山本正司調教師と松永幹夫騎手の師弟コンビによる重賞初勝利と言えば、、、

マイシンザン
マイシンザン

ああ、1993年のNHK杯(GII)。勝ち馬は俺( ・`ω・´)

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

兄さん、我々馬が顔文字でアピールしましても…。

マイシンザン
マイシンザン

じゃあ、レースの勝ちっぷりでアピールしておくわ(`・∀・´)ノ

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

……。