メジロベイリー(1998.5.30)

Obituary

メジロベイリー 牡 黒鹿毛 1998.5.30生~2022.6.28没 伊達市・メジロ牧場生産 馬主・(有)メジロ牧場 栗東・武 邦彦厩舎

メジロベイリー(1998.5.30)の4代血統表
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.75【11】

Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason
黒鹿毛 1958.4.18
Turn-to 1951
Nothirdchance 1948
Cosmah
鹿毛 1953.4.4
★Cosmic Bomb 1944
Almahmoud 1947.5.18 ♀
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding
栗毛 1963.2.17
★Promised Land 1954.3.31
Pretty Ways 1953.3.21
Mountain Flower
鹿毛 1964.3.23
Montparnasse 1956
Edelweiss 1959.2.15
レールデユタン
鹿毛 1982.5.26
仔受胎時活性値:1.75【15】
マルゼンスキー
鹿毛 1974.5.19
種付け時活性値:1.75【7】
Nijinsky
鹿毛 1967.2.21
Northern Dancer 1961.5.27
Flaming Page 1959.4.24
シル
鹿毛 1970.4.22
Buckpasser 1963.4.28
Quill 1956.2.24
ケイツナミ
鹿毛 1974.5.1
仔受胎時活性値:1.75【7】
ラデイガ
鹿毛 1969.5.18
種付け時活性値:1.00【4】
Graustark 1963.4.7
Celia 1960.4.3
ハイビスカス
鹿毛 1964.5.22
仔受胎時活性値:0.25【9】
アドミラルバード
黒鹿毛 1952
種付け時活性値:0.75【11】
キクジユヒメ
栗毛 1955.5.20
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】

<5代血統表内のクロス:なし>

メジロベイリー(1998.5.30)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
サンデーサイレンス
(Halo系)
マルゼンスキー
(Nijinsky系)
ラデイガ
(Ribot系)
アドミラルバード
(Nearco系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
マルゼンスキー
(Quill)
5.75 or 3.75 半兄メジロブライト
(No. 4-r ソネラ系)
9番仔
(3連産目)

*

2000年のサラ系3歳新馬(札幌芝1800m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 6ジャングルポケット 牡2 53 千田 輝彦 1:52.0 2-2-2-2 35.9 456
[初出走]
渡辺 栄 5
2 5 タガノテイオー 牡2 53 藤田 伸二 1:52.1 クビ 5-5-4-4 35.8 436
[初出走]
松田 博資 1
3 3 ダイイチダンヒル 牡2 53 四位 洋文 1:52.2 3/4 2-2-2-1 36.2 448
[初出走]
伊藤 雄二 4
4 2 ドラマチックローズ 牝2 53 松永 幹夫 1:53.5 8 5-5-4-5 37.2 462
[初出走]
伊藤 圭三 3
5 1 メジロベイリー 牡2 53 武 幸四郎 1:53.8 1 3/4 1-1-1-2 37.8 480
[初出走]
武 邦彦 2

振り返れば、出走8頭全頭がJRAで勝ち上がるというハイレベルな一戦。1番人気のタガノテイオー(1998.4.10)をクビだけ競り落としたのは、5番人気のジャングルポケット(1998.5.7)。

JRA賞年度代表馬を辿る(其の拾伍)-ジャングルポケット(1998.5.7)-
ジャングルポケット 牡 鹿毛 1998.5.7生 早来・ノーザンファーム生産 馬主・齊藤四方司氏→吉田勝己氏 栗東・渡辺栄厩舎

負かした相手が強いと、その勝利が際立ちます。後にタガノテイオーは東京スポーツ杯3歳S(GIII)勝ち、ダイイチダンヒル(1998.4.25)は若葉S(OP)勝ち、そして本稿の主役メジロベイリーは、、、ですね。

*

2000年のサラ系3歳未勝利(京都芝1400m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 5 メジロベイリー 牡2 54 武 幸四郎 1:22.1 4-3 35.8 478
[+14]
武 邦彦 1
2 6 ダンシングカラー 牡2 54 松永 幹夫 1:22.2 3/4 6-3 35.9 476
[-2]
領家 政蔵 2
3 14 シュア 牡2 54 幸 英明 1:22.7 3 7-6 36.0 474
[0]
坂口 正大 4
4 7 ビッグラムタラ 牡2 54 村本 善之 1:23.4 4 1-1 37.4 470
[-6]
中尾 正 3
5 13 バンブーターザン 牡2 54 四位 洋文 1:23.6 1 1/2 4-5 37.3 476
[+2]
松田 正弘 6

メジロベイリーの初勝利は4戦目の未勝利戦。4分の3馬身差の2着馬にも見覚えがありますね。後にベンジャミンS(OP)勝ちから東京優駿(GI)3着と頑張ったダンシングカラー(1998.3.13)。

*

2000年の第52回朝日杯3歳S(GI。中山芝1600m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 3 メジロベイリー 牡2 54 横山 典弘 1:34.5 6-7-4 35.4 486
[+8]
武 邦彦 10
2 8 タガノテイオー 牡2 54 藤田 伸二 1:34.6 3/4 6-7-7 35.5 426
[-4]
松田 博資 1
3 14ネイティヴハート 牡2 54 菅原 勲 1:34.7 クビ 6-3-4 35.8 474
[+4]
千葉 博 4
4 12 メイショウドウサン 牡2 54 安田 康彦 1:34.7 クビ 14-14-14 35.0 458
[-6]
安田 伊佐夫 12
5 2テイエムサウスポー 牡2 54 和田 竜二 1:34.8 クビ 2-3-2 36.0 504
[+14]
柴田 光陽 5

2000年の第52回朝日杯3歳S。↑の未勝利戦勝ちから1ヶ月の時を置いて臨んだメジロベイリー。素質馬が揃った16頭立ての中山芝1600mのGIレース、メジロベイリー、1勝馬の身ではサスガに10番人気も致し方なし。

テン乗りとなった横山典弘騎手に御されたメジロベイリー、16頭の中で最も良いスタートを決めると、道中は先行集団の内側で虎視眈々と脚を溜め、中山芝310mの直線では馬場中央を鋭く駆けました。先に抜け出した内の1番人気のタガノテイオー、外の4番人気のネイティヴハート(1998.4.3)の間を突き抜けたメジロベイリー、最後はタガノテイオーに4分の3馬身差を着けたところが決勝点。メジロベイリー、サスガに半兄にメジロブライト(1994.4.19)を持つ良血馬というところを見せ付けて、現年齢表記2歳王者に輝いたのでした。

思い出のGI1勝馬を辿る(其の陸)-メジロブライト(1994.4.19)-
メジロブライト 牡 鹿毛 1994.4.19生~2004.5.16没 伊達・メジロ牧場生産 馬主・(有)メジロ牧場 栗東・浅見国一厩舎→浅見秀一厩舎

#決勝点の後。タガノテイオーは可哀相なことになりましたが、これもまた競馬。

*

メジロベイリーが老衰のため死亡 「メジロ牧場」最後のGI馬 | 競馬ニュース - netkeiba.com
 2000年の朝日杯3歳S(GI)を制し、同年のJRA賞最優秀3歳牡馬(現JRA賞最優秀2歳牡馬)を受賞したメジロベイリーが老衰のため、けい養先である青森県の東北牧場で死亡したことがわかった。28日、… No.1競馬情報サイト「netkeiba.com」の競馬ニュース。

強力1998年生まれ世代の2歳王者メジロベイリー。メジロ牧場最後のGI馬、24歳で逝きました。合掌。

  

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。