アドマイヤムーン(2003.2.23)-ジャパンカップ(GI)の勝ち馬を辿る(No.27)-

Series

アドマイヤムーン(Admire Moon) 牡 鹿毛 2003.2.23生 早来・ノーザンファーム生産 馬主・近藤利一氏、吉田勝己氏→ダーレー・ジャパン・ファーム(有)→ダーレー・ジャパン 栗東・松田博資厩舎

アドマイヤムーン(2003.2.23)の4代血統表
エンドスウィープ
鹿毛 1991.5.31
種付け時活性値:0.75【11】
フォーティナイナー
栗毛 1985.5.11
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
File
栗毛 1976.4.30
Tom Rolfe 1962.4.14
Continue 1958.2.23
Broom Dance
鹿毛 1979.4.10
Dance Spell
鹿毛 1973.3.29
Northern Dancer 1961.5.27
Obeah 1965.4.15
Witching Hour
鹿毛 1960.3.31
Thinking Cap 1952
Enchanted Eve 1949
マイケイティーズ
黒鹿毛 1998.5.18
仔受胎時活性値:1.00【4】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.75【11】
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ケイティーズファースト
鹿毛 1987.3.6
仔受胎時活性値:0.50【10】
Kris
栗毛 1976.3.23
種付け時活性値:0.50【10】
Sharpen Up 1969.3.17
Doubly Sure 1971.5.3
Katies
黒鹿毛 1981.4.22
仔受胎時活性値:1.25【5】
ノノアルコ
鹿毛 1971.4.6
種付け時活性値:0.25【9】
Mortefontaine
鹿毛 1969.4.21
仔受胎時活性値:0.75【11】

<5代血統表内のクロス:Nearctic5×5>

アドマイヤムーン(2003.2.23)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
エンドスウィープ
(Mr. Prospector系)
サンデーサイレンス
(Halo系)
Kris
(エタン系)
ノノアルコ
(Nearctic系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
エンドスウィープ 3.50 近親ヒシアマゾン
(No. 7-f)
2番仔
(2連産目)

*

2007年の第27回ジャパンカップ(GI。東京芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 4 アドマイヤムーン 牡4 57 岩田 康誠 2:24.7   5-5-6-4 33.9 480
[+8]
松田 博資 5
2 2 ポップロック 牡6 57 O.ペリエ 2:24.7 アタマ 3-3-4-4 33.9 502
[+6]
角居 勝彦 4
3 10 メイショウサムソン 牡4 57 武 豊 2:24.7 クビ 9-9-9-4 33.9 518
[0]
高橋 成忠 1
4 11 ウオッカ 牝3 53 四位 洋文 2:24.9 1 16-16-18-15 33.6 488
[-4]
角居 勝彦 2
5 18 デルタブルース 牡6 57 川田 将雅 2:25.1 1 1/4 6-5-5-4 34.4 526
[+2]
角居 勝彦 14

2007年の第27回。アドマイヤムーンの4歳初戦となった雨中の京都記念(GII)。59kgを背負いながら制した際、「あぁ強いなぁ」と、単純に思ったのでした。その時のタイム差なしの2着がポップロック(2001.3.19)。9ヶ月後、今度は舞台を晴天の府中芝2400mに移しましたが、やっぱりタイム差なしで1着、2着。3歳時は良家のお坊ちゃん然とした感じだったアドマイヤムーンに、凌ぎ切る強さが、加わっていました。

そしてまた、内枠を利して、2400mを2400mとして走らせた岩田康誠騎手の好騎乗も光りました。上位3頭は4コーナーの位置が同じ4番手あたりでしたが、同じ上がり3ハロン33秒9の鋭脚を使っても、同じ2分24秒7の走破時計でも、内を通った順に1着、2着、3着となったのでした。終わってみれば、「アタマ」「クビ」の勝負だけに、オリビエ・ペリエ騎手、武豊騎手は悔しい思いをされたのではないでしょうか。

併せて、角居勝彦厩舎は3頭出しで2着、4着、5着。勝つことは出来なかったものの、いずれもが頑張り、すべて掲示板に乗りました。後のジャパンカップにつながるということでは、やはりウオッカ(2004.4.4)。出走メンバー中最速の上り3F33秒6で詰め寄りましたが4着まで。全戦績を辿ると東京芝12戦6勝、2着3回、3着2回という府中の申し子が、唯一府中で複勝圏に入ることが出来なかったレース。それがこの第27回ジャパンカップでした。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[アドマイヤムーン(2003.2.23)の主な競走成績]

  1. ジャパンカップ(GI)、宝塚記念(GI)、ドバイデューティフリー(UAE・GI)、京都記念(GII)、札幌記念(GII)、弥生賞(GII)、共同通信杯(GIII)、札幌2歳S(GIII)
  2. 香港カップ(GI)、ラジオたんぱ杯2歳S(GIII)
  3. 天皇賞・秋(GI)、クイーンエリザベス2世カップ(香GI)

通算17戦10勝、2着2回、3着2回。

JRA賞年度代表馬を辿る(其の拾玖)-アドマイヤムーン(2003.2.23)-
アドマイヤムーン 牡 鹿毛 2003.2.23生 早来・ノーザンファーム生産 馬主・近藤利一氏、吉田勝己氏→ダーレー・ジャパン・ファーム(有)→ダーレー・ジャパン 栗東・松田博資厩舎