テイエムオペラオー(1996.3.13)-ジャパンカップ(GI)の勝ち馬を辿る(No.20)-

Series

テイエムオペラオー(T.M. Opera O) 牡 栗毛 1996.3.13生~2018.5.17没 浦河・杵臼牧場生産 馬主・竹園正繼氏 栗東・岩元市三厩舎

テイエムオペラオー(1996.3.13)の4代血統表
オペラハウス
鹿毛 1988.2.24
種付け時活性値:1.75【7】
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason 1968.4.8
Special 1969.3.28
Colorspin
鹿毛 1983.3.16
High Top
黒鹿毛 1969
Derring-Do 1961
Camenae 1961
Reprocolor
栗毛 1976.5.14
Jimmy Reppin 1965
Blue Queen 1967
ワンスウエド
栗毛 1984.3.18
仔受胎時活性値:0.75【11】
Blushing Groom
栗毛 1974.4.8
種付け時活性値:0.25【9】
Red God
栗毛 1954.2.15
Nasrullah 1940.3.2
Spring Run 1948
Runaway Bride
鹿毛 1962
Wild Risk 1940
Aimee 1957
Noura
黒鹿毛 1978.3.25
仔受胎時活性値:1.25【5】
Key to the Kingdom
黒鹿毛 1970.3.12
種付け時活性値:1.75【7】
Bold Ruler 1954.4.6
Key Bridge 1959.4.10
River Guide
栗毛 1971.3.16
仔受胎時活性値:1.50【6】
Drone
芦毛 1966.4.1
種付け時活性値:1.00【4】
Blue Canoe
鹿毛 1958.4.13
仔受胎時活性値:1.00【12】

<5代血統表内のクロス:Nasrullah4×5(母方)、Nearco5×5>

テイエムオペラオー(1996.3.13)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
オペラハウス
(Sadler’s Wells系)
Blushing Groom
(Red God系)
Key to the Kingdom
(Bold Ruler系)
Drone
(Sir Gaylord系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
オペラハウス 4.50 半姉チャンネルフォー
(No. 4-m)
7番仔
(不受胎後)

*

2000年の第20回ジャパンカップ(GI。東京芝2400m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 8 テイエムオペラオー 牡4 57 和田 竜二 2:26.1   6-5-7-7 35.2 476
[+4]
岩元 市三 1
2 13 メイショウドトウ 牡4 57 安田 康彦 2:26.1 クビ 3-3-3-3 35.4 504
[-4]
安田 伊佐夫 5
3 10 ファンタスティックライト 牡4 57 L.デットーリ 2:26.1 ハナ 9-9-9-10 35.0 472
[前計不]
S.ビン・スルール 2
4 1 エラアシーナ 牝4 55 O.ペリエ 2:26.4 1 3/4 6-8-9-8 35.4 482
[前計不]
M.ジャービス 7
5 4 ダイワテキサス 牡7 57 蛯名 正義 2:26.6 1 1/2 5-5-4-4 35.8 480
[0]
増沢 末夫 15

2000年の第20回ジャパンカップ。第5回のシンボリルドルフ(1981.3.13)以来となる「1番人気の日本馬による勝利」。

シンボリルドルフ(1981.3.13)-ジャパンカップ(GI)の勝ち馬を辿る(No.5)+α-
シンボリルドルフ(Symboli Rudolf) 牡 鹿毛 1981.3.13生~2011.10.4没 門別・シンボリ牧場生産 馬主・シンボリ牧場 美浦・野平祐二厩舎ロッキータイガー(Rocky Tiger) 牡 黒鹿毛 1981.5.12生~2007.4.2没 新冠・松浦牧場生産 馬主・児玉孝氏 船橋・泉孝厩舎

成し遂げたのは、ルドルフと同じ「3月13日生まれの母が不受胎後の仔」である、テイエムオペラオー。

デットーリ騎手曰く「Crazy strong!!」。かのフランキーにそう言わしめたからには、やっぱりクソほど強かった。

まずレースに出走すること。勝つための必要絶対条件を、骨折が癒えた後の満3歳初戦からから引退する満5歳の有馬記念(GI)まで、丸3年間もこなし続けたテイエムオペラオーとその陣営。馬も人も讃えられるべきです。

当たり前と思うことが一番難しい。その当たり前のことを、真に当たり前として、なおのこと勝利を重ね、覇王であり続けたテイエムオペラオー。彼は世紀末歌劇の主役を張り続け、脇役に回った馬たちもまた、いつでも当たり前のように、そこにいました。

栗毛に白い星ひとつ、中背中肉の馬体が跳ねて、テイエムオペラオー。悔しいが、強かった。特に2000年は、憎たらしいほどに、強かった。それ故に、このジャパンカップも忘れられません。

だからもう1回、私からも言ってやる。この「クレイジーストロング」め。なんやねん、その最後まで頑張ろうとする姿は。なんやねん、その決勝点で勝ち切ってしまう勝負根性は。恐れ入谷の鬼子母神もビックリやわ、ホンマに(^_^;)

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[テイエムオペラオー(1996.3.13)の主な競走成績]

  1. ジャパンカップ(GI)、有馬記念(GI)、皐月賞(GI)、天皇賞・春(GI)2回、天皇賞・秋(GI)、宝塚記念(GI)、京都大賞典(GII)2回、阪神大賞典(GII)、京都記念(GII)、毎日杯(GIII)
  2. ジャパンカップ(GI)、菊花賞(GI)、天皇賞・秋(GI)、宝塚記念(GI)、ステイヤーズS(GII)
  3. 東京優駿(GI)、有馬記念(GI)、京都大賞典(GII)

通算26戦14勝、2着6回、3着3回。

JRA賞年度代表馬を辿る(其の拾肆)-テイエムオペラオー(1996.3.13)-
テイエムオペラオー 牡 栗毛 1996.3.13生 浦河・杵臼牧場生産 馬主・竹園正繼氏 栗東・岩元市三厩舎