2021年05月12日(水)弊サイトへのアクセスについて不具合が発生しておりました。大変申し訳ございませんでした。

Singspiel(1992.2.25)-ジャパンカップ(GI)の勝ち馬を辿る(No.16)-

Series

Singspiel(シングスピール) 牡 鹿毛 1992.2.25生~2010.7.2没 愛国・Sheikh Mohammed Bin Rashid Al Maktoum生産 馬主・Sheikh Mohammed 英国・Sir Michael Stoute厩舎

Singspiel(1992.2.25)の4代血統表
In the Wings
鹿毛 1986.1.17
種付け時活性値:1.25【5】
Sadler’s Wells
鹿毛 1981.4.11
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Fairy Bridge
鹿毛 1975.5.4
Bold Reason 1968.4.8
Special 1969.3.28
High Hawk
鹿毛 1980.3.17
Shirley Heights
鹿毛 1975.3.1
Mill Reef 1968.2.23
Hardiemma 1969
Sunbittern
芦毛 1970
シーホーク 1963.3.16
Pantoufle 1964
Glorious Song
鹿毛 1976.4.22
仔受胎時活性値:1.75【15】
Halo
黒鹿毛 1969.2.7
種付け時活性値:1.50【6】
Hail to Reason
黒鹿毛 1958.4.18
Turn-to 1951
Nothirdchance 1948
Cosmah
鹿毛 1953.4.4
★Cosmic Bomb 1944
Almahmoud 1947.5.18 ♀
Ballade
黒鹿毛 1972.3.10
仔受胎時活性値:0.75【3】
Herbager
鹿毛 1956.4.19
種付け時活性値:1.75【15】
Vandale 1943
Flagette 1951
Miss Swapsco
鹿毛 1965.2.25
仔受胎時活性値:1.50【6】
Cohoes
鹿毛 1954.4.9
種付け時活性値:0.50【10】
Soaring
栗毛 1960.1.27
仔受胎時活性値:1.00【4】

<5代血統表内のクロス:Herbager5×3、Hail to Reason5×3、Almahmoud(♀)5×4、Mahmoud5×5(母方)>

Singspiel(1992.2.25)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
In the Wings
(Sadler’s Wells系)
Halo
(Hail to Reason系)
Herbager
(Son-in-Law系)
Cohoes
(Blandford系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Herbager
(Ballade)
5.00 母が米古馬牝馬王者
(No. 12-c)
8番仔
(2年連続流産後)

*

1996年の第16回ジャパンカップ(GI。東京芝2400m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢 騎手 走破
時計
着差 調教師
1 14 シングスピール 牡4 L.デットーリ 2:23.8 M.スタウト 4
2 4 ファビラスラフイン 牝3 松永 幹夫 2:23.8 ハナ 長浜 博之 7
3 1 ストラテジックチョイス 牡5 R.クィン 2:24.0 1・1/4 P.コール 10
3 9 エリシオ 牡3 O.ペリエ 2:24.0 同着 E.ルルーシュ 1
5 10 アワッド 牡6 C.マッキャロン 2:24.1 クビ D.ドンク 8

1996年の第16回ジャパンカップ。名手ランフランコ・デットーリのジャパンカップ勝ちにおける「ハナ差マジック」が発揮された初めての回でした。あの僅差での競り合いで負けない技術の恐ろしさ。それはもちろん、鞍上に応える鞍下あってのこと。Singspiel。ジャパンカップ前まで10戦連続で連対を果たしており、この年の9月の加インターナショナルS(GI)でGI初勝利を収めた後、10月のブリーダーズカップ・ターフ(米GI)では同い年のステーブルメイトだったピルサドスキー(1992.4.23)の2着、そうして挑んだのが11月のジャパンカップ。来日直後、Singspielは輸送熱を出して体調を崩してしまったそうですが、10日後のレース当日には見事に立ち直っていました。

そんなSingspiel、レースは先行6番手あたりから進め、ケヤキ(本当はエノキ)の向こう側あたりから追い出していたにもかかわらず、直線ではその鋭くかき込む走法で脚を伸ばしました。外から順にStrategic Choice(ストラテジックチョイス。1991.3.4)、凱旋門賞(仏GI)馬エリシオ(1993.1.24)、Singspiel、ファビラスラフイン(1993.4.13)の競り合い。直線に入るまでは馬なりで楽な感じだったはずのエリシオ、間を縫って来たSingspielの迫力に気圧されたのか、Strategic Choiceとの3着争いに後退。勝ち負けはと見れば、ハイペースを3番手で進めていた満3歳牝馬ファビラスラフインが恐るべき粘りを見せて、Singspielに応酬。しかし、最後は牡馬の意地を見せたのか、Singspiel。激しい競り合いでも追いっぷりにまったくブレが見えないデットーリ騎手に促されて、ハナだけ先んじて決勝点に飛び込みました。ゴール後、大きな喜びのアクションを見せたフランキー、馬人一体となった会心の勝利だったのでしょう。併せて、馬主のシェイク・モハメドにとっても、第3回で1番人気に押されながら13着に敗れたHigh Hawkの借りを、High Hawkの血が流れる孫で返せました。

わずかに差されてしまいましたが、ファビラスラフインと松永幹夫騎手の頑張りも見事でした。日本調教の3歳馬によるジャパンカップ連対は初めてのこと。それを牝馬で成し遂げたファビラスラフイン、スピードとスタミナを兼ね備えた名華でした。彼女はお母さんのMercalle(1986.2.12)が仏国の伝統GIである4000mのカドラン賞の勝ち馬であったことから、エリシオは敗れたものの、仏国のプレス担当者さんたちもその走りを喜ばれたとか。

ジャパンカップは、世界の血を日本でちゃんと活かしているということを、証明するためのレースでもあります。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[Singspiel(1992.2.25)の主な競走成績]

  1. ジャパンカップ(GI)、ドバイワールドC、英インターナショナルS(GI)、コロネーションC(英GI)、加インターナショナルS(GI)、セレクトS(英GIII)、ゴードンリチャーズS(英GIII)
  2. ブリーダーズカップ・ターフ(米GI)、エクリプスS(英GI)、パリ大賞(仏GI)、コロネーションC(英GI)、プリンセスオブウェールズS(英GII)、グレートヴォルティジュールS(英GII)、サンダウンクラシックトライアルS(英GIII)

通算20戦9勝、2着8回。