ゴールドシップ(2009.3.6)-カンテレ競馬【公式】さんの良い仕事に乗る(No.4)-

Series

ゴールドシップ 牡 芦毛 2009.3.6生 日高町・出口牧場生産 馬主・小林 英一氏→合同会社小林英一ホールディングス 栗東・須貝 尚介厩舎

ゴールドシップ(2009.3.6)の4代血統表
ステイゴールド
黒鹿毛 1994.3.24
種付け時活性値:1.50【14】
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason 1958.4.18
Cosmah 1953.4.4
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding 1963.2.17
Mountain Flower 1964.3.23
ゴールデンサッシュ
栗毛 1988.4.23
デイクタス
栗毛 1967.4.11
Sanctus 1960.2.28
Doronic 1960.3.25
ダイナサツシユ
鹿毛 1979.3.16
ノーザンテースト 1971.3.15
ロイヤルサツシユ 1966
ポイントフラッグ
芦毛 1998.3.23
仔受胎時活性値:0.50【10】
メジロマックイーン
芦毛 1987.4.3
種付け時活性値:0.50【10】
★メジロテイターン
芦毛 1978.3.22
メジロアサマ 1966.2.23
シエリル 1971.5.15
メジロオーロラ
栗毛 1978.3.8
リマンド 1965.2.16
メジロアイリス 1964.4.8
パストラリズム
黒鹿毛 1987.5.15
仔受胎時活性値:0.50【10】
プルラリズム
鹿毛 1980.4.9
種付け時活性値:1.50【6】
The Minstrel 1974.3.11
Cambretta 1975.5.8
トクノエイテイー
黒鹿毛 1978.3.2
仔受胎時活性値:2.00(0.00)【8】
トライバルチーフ
鹿毛 1967.2.27
種付け時活性値:0.50【10】
アイアンルビー
青毛 1972.2.11
仔受胎時活性値:1.25【5】

<5代血統表内のクロス:Northern Dancer5×5、Princely Gift5×5>

ゴールドシップ(2009.3.6)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
ステイゴールド
(サンデーサイレンス系)
メジロマックイーン
(My Babu系)
プルラリズム
(Northern Dancer系)
トライバルチーフ
(Princely Gift系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ステイゴールド 4.25 or 2.25 母がGIII2着馬
(No. 16-h 星旗系)
5番仔
(流産後)

*

2012年の第72回皐月賞(GI。中山芝2000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 14ゴールドシップ 牡3 57 内田 博幸 2:01.3 18-18-17-6 34.6 498
[-8]
須貝 尚介 4
2 9 ワールドエース 牡3 57 福永 祐一 2:01.7 2 1/2 17-17-17-15 34.9 446
[0]
池江 泰寿 2
3 6ディープブリランテ 牡3 57 岩田 康誠 2:01.8 3/4 3-3-4-4 36.7 502
[0]
矢作 芳人 3
4 15 コスモオオゾラ 牡3 57 柴田 大知 2:01.8 ハナ 4-6-5-5 36.4 476
[+2]
高橋 義博 6
5 18 グランデッツァ 牡3 57 M.デムーロ 2:02.0 1 1/4 14-15-15-14 35.4 484
[-6]
平田 修 1

*

2012年の第73回菊花賞(GI。京都芝3000m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 1ゴールドシップ 牡3 57 内田 博幸 3:02.9 17-17-4-2 35.9 500
[+2]
須貝 尚介 1
2 16 スカイディグニティ 牡3 57 I.メンディザバル 3:03.2 1 3/4 12-12-7-4 36.1 486
[+2]
友道 康夫 5
3 15 ユウキソルジャー 牡3 57 秋山 真一郎 3:03.5 2 12-12-12-10 36.0 436
[0]
服部 利之 7
4 3 ベールドインパクト 牡3 57 四位 洋文 3:03.5 アタマ 15-15-12-6 36.2 488
[-4]
大久保 龍志 10
5 4 ラニカイツヨシ 牡3 57 佐藤 哲三 3:03.6 1/2 16-15-9-4 36.4 478
[-10]
山内 研二 11

2012年の第73回菊花賞。ゴールドシップ、スタートは良かったものの、二の足のダッシュがつかずに道中は最後方。そして、淡々とした流れを断ち切るかのように、向こう正面、3角から4角にかけて進出。直線の入り口では先頭に立って、後は追撃を許さずに押し切りました。いつもはゴール前で叫ぶ私、思わず、黙ってしまいました。終わってみれば、菊花賞史上3位の勝ち時計3分2秒9(当時)。向こう正面から他馬を潰しにかかって、18頭中唯1頭だけ上り3ハロン35秒台でまとめているのですから、なんという息の長い末脚。これは強い。牡馬クラシック二冠を遂げたゴールドシップ、馬産地日高の夢も乗せて、黄金の船の航海はこの後も続いて行ったのでした。

*

2012年の第57回有馬記念(GI。中山芝2500m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 13ゴールドシップ 牡3 55 内田 博幸 2:31.9 16-15-14-10 34.9 506
[+6]
須貝 尚介 1
2 6 オーシャンブルー 牡4 57 C.ルメール 2:32.1 1 1/2 10-7-10-10 35.3 438
[+2]
池江 泰寿 10
3 9ルーラーシップ 牡5 57 C.ウィリアムズ 2:32.2 クビ 13-13-14-12 35.2 512
[+6]
角居 勝彦 2
4 2エイシンフラッシュ 牡5 57 三浦 皇成 2:32.4 1 1/2 7-7-7-5 35.8 488
[0]
藤原 英昭 3
5 3 スカイディグニティ 牡3 55 C.スミヨン 2:32.5 1/2 5-5-6-5 36.0 480
[-6]
友道 康夫 7

*

2013年の第54回宝塚記念(GI。阪神芝2200m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 10ゴールドシップ 牡4 58 内田 博幸 2:13.2 4-4-3-4 35.2 500
[-2]
須貝 尚介 2
2 4 ダノンバラード 牡5 58 川田 将雅 2:13.8 3 1/2 2-2-2-2 36.2 484
[-2]
池江 泰寿 5
3 11ジェンティルドンナ 牝4 56 岩田 康誠 2:13.8 クビ 3-3-3-3 35.9 470
[前計不]
石坂 正 1
4 3フェノーメノ 牡4 58 蛯名 正義 2:13.9 1/2 5-6-5-4 35.8 496
[0]
戸田 博文 3
5 6トーセンラー 牡5 58 武 豊 2:14.2 2 5-5-5-6 36.1 456
[-4]
藤原 英昭 4

*

2014年の第55回宝塚記念(GI。阪神芝2200m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 11ゴールドシップ 牡5 58 横山 典弘 2:13.9 4-3-4-4 35.2 504
[-2]
須貝 尚介 1
2 5 カレンミロティック せん6 58 池添 謙一 2:14.4 3 3-3-3-3 35.8 450
[-8]
平田 修 9
3 3ヴィルシーナ 牝5 56 福永 祐一 2:14.6 1 1/4 1-1-1-1 36.3 458
[+2]
友道 康夫 8
4 4 ヒットザターゲット 牡6 58 武 豊 2:14.6 クビ 11-10-9-9 35.3 514
[-6]
加藤 敬二 12
5 2 デニムアンドルビー 牝4 56 浜中 俊 2:14.6 ハナ 6-6-4-4 35.9 438
[0]
角居 勝彦 6

*

2015年の第151回天皇賞(春(GI。京都芝3200m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 1ゴールドシップ 牡6 58 横山 典弘 3:14.7 14-14-3-4 35.0 510
[+2]
須貝 尚介 2
2 14 フェイムゲーム 牡5 58 北村 宏司 3:14.7 クビ 10-9-11-10 34.5 456
[0]
宗像 義忠 7
3 2 カレンミロティック せん7 58 蛯名 正義 3:14.8 3/4 2-2-3-1 35.3 454
[0]
平田 修 10
4 4 ラストインパクト 牡5 58 川田 将雅 3:14.9 クビ 13-13-16-14 34.4 492
[+2]
松田 博資 5
5 3 ネオブラックダイヤ 牡7 58 秋山 真一郎 3:15.0 1/2 11-11-12-10 34.8 518
[+8]
鹿戸 雄一 16

*

ゴールドシップ。須貝尚介厩舎の所属馬で今浪隆利厩務員が担当される白い馬。今はソダシ(2018.3.8)、少し前ならばゴールドシップ。そのゴールドシップが第73回菊花賞を制してから早9年。厩舎の後輩のつよかわアイドルが1番人気で挑んだ先週の第26回秋華賞(GI)は残念な結果でしたが、今週も第82回菊花賞を1番人気で挑むであろう厩舎の後輩ステラヴェローチェ(2018.2.19)、そして厩舎の後輩かつ愛息ヴェローチェオロ(2018.3.29)がいます。ゴールドシップ、新冠の空の下から厩舎の後輩と愛息の走り、見守っていてあげてください。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[ゴールドシップ(2009.3.6)の主な競走成績]

  1. 有馬記念(GI)、皐月賞(GI)、菊花賞(GI)、天皇賞・春(GI)、宝塚記念(GI)2回、阪神大賞典(GII)3回、神戸新聞杯(GII)、共同通信杯(GIII)
  2. 札幌記念(GII)、ラジオNIKKEI杯2歳S(GIII)、札幌2歳S(GIII)
  3. 有馬記念(GI)2回

通算28戦13勝、2着3回、3着2回。

*

*

ナリタブライアン(1991.5.3)-三冠馬を辿る(No.5)-
ナリタブライアン 牡 黒鹿毛 1991.5.3生~1998.9.27没 新冠・早田牧場新冠支場生産 馬主・山路秀則氏 栗東・大久保正陽厩舎