Snow Fairy(2007.2.12)-【2010年】のJRA・GI勝ち馬を辿る(No.16)-

Series

Snow Fairy(スノーフェアリー) 牝 鹿毛 2007.2.12生 愛国・Windflower Overseas Holdings Inc生産 馬主・Anamoine Limited 英国・Ed Dunlop厩舎

Snow Fairy(2007.2.12)の4代血統表
Intikhab
鹿毛 1994.5.8
種付け時活性値:1.00【12】
Red Ransom
鹿毛 1987.3.31
Roberto
鹿毛 1969.3.16
Hail to Reason 1958.4.18
Bramalea 1959.4.12
アラビア
鹿毛 1977.5.6
Damascus 1964.4.14
Christmas Wind 1967.5.3
Crafty Example
栗毛 1987.4.11
Crafty Prospector
栗毛 1979.4.7
Mr. Prospector 1970.1.28
Real Crafty Lady 1975.4.2
Zienelle
鹿毛 1983.5.12
Danzig 1977.2.12
Past Example 1976.4.23
Woodland Dream
黒鹿毛 2002.3.24
仔受胎時活性値:1.00【4】
Charnwood Forest
黒鹿毛 1992.3.17
種付け時活性値:0.25【9】
ウォーニング
鹿毛 1985.4.13
Known Fact 1977.3.15
Slightly Dangerous 1979.4.8
Dance of Leaves
鹿毛 1987.3.8
Sadler’s Wells 1981.4.11
Fall Aspen 1976.3.9
Fantasy Girl
黒鹿毛 1994.1.29
仔受胎時活性値:1.75【7】
Marju
黒鹿毛 1988.3.12
種付け時活性値:1.25【5】
ラストタイクーン 1983.5.9
Flame of Tara 1980.4.20
Persian Fantasy
黒鹿毛 1989.3.9
仔受胎時活性値:1.00【4】
Persian Bold
黒鹿毛 1975
種付け時活性値:1.25【13】
Gay Fantasy
鹿毛 1981.2.24
仔受胎時活性値:1.75【7】

<5代血統表内のクロス:Roberto3×5、In Reality5×5、Northern Dancer5×5>

Snow Fairy(2007.2.12)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Intikhab
(Roberto系)
Charnwood Forest
(In Reality系)
Marju
(Northern Dancer系)
Persian Bold
(Bold Ruler系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Marju
(Woodland Dream)
5.50 伯父が独GIII勝ち馬
(No. 1-k)
初仔

*

2010年の第35回エリザベス女王杯(GI。京都芝2200m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 6 スノーフェアリー 牝3 54 R.ムーア 2:12.5 6-5-7-7 34.0 468
[前計不]
E.ダンロップ 4
2 9 メイショウベルーガ 牝5 56 池添 謙一 2:13.2 4 9-10-9-10 34.4 508
[+4]
池添 兼雄 2
3 5 アパパネ 牝3 54 蛯名 正義 2:13.5 1 3/4 4-5-6-6 35.1 494
[+4]
国枝 栄 1
4 17 リトルアマポーラ 牝5 56 福永 祐一 2:13.5 ハナ 4-4-4-4 35.5 474
[+2]
長浜 博之 7
5 10 ヒカルアマランサス 牝4 56 C.ルメール 2:13.6 3/4 11-11-12-14 34.6 476
[+6]
池江 泰郎 6
JRAホームページ|データファイル|競走成績データ

2010年の第35回エリザベス女王杯。Snow Fairy、エリザベス女王杯史上初となる外国調教馬による勝利は、圧巻の4馬身差。「淀の芝外回り」「非根幹距離」となりますと「Roberto系」というキーワードを私は思い浮かべるのですが、Roberto3×5のインブリードを持つSnow Fairy、ただただ見事な勝ちっぷり。レースを見直すたび、直線で最内を一気に突き抜ける時の、ケタ違いの脚色に「なんじゃこりゃ^^;」となってしまいます。今もこの記事を書きながらレース映像を見ていたのですが、分かっていても、直線の抜け出す時の脚に鳥肌が立ってしまいました。Snow Fairy、世界の超一線級牝馬の本物の強さを知らしめてくれた1回目のエリザベス女王杯勝ちは、鞍上のライアン・ムーア騎手にとって初めてのJRA・GI制覇でもありました。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[Snow Fairy(2007.2.12)の主な競走成績]

  1. 英オークス(GI)、愛オークス(GI)、愛チャンピオンS(GI)、香港カップ(GI)、エリザベス女王杯(GI)2回
  2. 愛チャンピオンS(GI)、ヨークシャーオークス(英GI)、ナッソーS(英GI)
  3. 凱旋門賞(仏GI)、英チャンピオンS(GI)、プレスティージS(英GIII)

通算21戦8勝、2着4回、3着4回。

Snow Fairy(2007.2.12)
Snow Fairy(スノーフェアリー) 牝 鹿毛 2007.2.12生 愛国・Windflower Overseas Holdings Inc生産 馬主・Anamoine Limited 英国・Ed Dunlop厩舎

#今年2022年はSnow Fairy以来となる愛オークス馬のエリザベス女王杯の出走が見られます。ノヴェリスト(2009.3.10)の半妹Magical Lagoon(マジカルラグーン。2019.4.22)、果たしてその走りや如何に。

Magical Lagoon(2019.4.22)-第128回愛オークス(GI)の勝ち馬-
Magical Lagoon(マジカルラグーン) 牝 鹿毛 2019.4.22生 愛国・Coolmore生産 馬主・Zhang Yuesheng 愛国・Mrs John Harrington厩舎