Stay Inside(2018.8.23)-第65回ゴールデンスリッパーS(豪GI)の勝ち馬-

Result

Stay Inside(ステイインサイド) 牡 鹿毛 2018.8.23生 豪州・Kingstar Farm生産 馬主・Newgate Bloodstock, C C Pickford Et Al 豪州・Richard & Michael Freedman厩舎

Stay Inside(2018.8.23)の4代血統表
Extreme Choice(AUS)
栗毛 2013.9.6
種付け時活性値:1.00【4】
Not A Single Doubt
鹿毛 2001.10.1
Redoute’s Choice
鹿毛 1996.8.15
デインヒル 1986.3.26
Shantha’s Choice 1992.10.28
シングルズバー
栗毛 1991.8.30
★Rory’s Jester 1982.11.17
Easy Date 1977.10.12
Extremely
鹿毛 2005.9.4
Hussonet
栗毛 1991.1.29
Mr. Prospector 1970.1.28
Sacahuista 1984.5.3
Going to Extremes
鹿毛 1994.2.11
Nasty and Bold 1975.3.11
Ole Bow Wower 1981.4.16
Nothin Leica Storm(AUS)
鹿毛 2007.10.15
仔受胎時活性値:0.50【10】
Anabaa(USA)
鹿毛 1992.3.13
種付け時活性値:1.625【14.5】
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Balbonella
鹿毛 1984.3.27
★ゲイメセン 1975.5.16
Bamieres 1978.3.19
Nothin’ Leica(AUS)
鹿毛 1999.9.30
仔受胎時活性値:1.75【7】
Nothin’ Leica Dane(AUS)
黒鹿毛 1992.10.29
種付け時活性値:1.50【6】
デインヒル 1986.3.26
Leica Pretender 1985
El Rello(AUS)
鹿毛 1982.11.25
仔受胎時活性値:2.00【16】
Cerreto(IRE)
栗毛 1970
種付け時活性値:0.875【11.5】
Pastel(AUS)
鹿毛 1970
仔受胎時活性値:0.75【11】

<5代血統表内のクロス:デインヒル4×4、Danzig5×3×5>

Stay Inside(2018.8.23)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Extreme Choice
(デインヒル系)
Anabaa
(Danzig系)
Nothin’ Leica Dane
(デインヒル系)
Cerreto
(Hyperion系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Anabaa
(Danzig)
5.00 Wonderful Worldと同牝系
(No. 22-a)
2番仔
(流産後)

*

2021年の第65回ゴールデンスリッパーS(豪GI。ローズヒルガーデンズ芝1200m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 8 Stay Inside 牡2 56.5 Tommy Berry 1:10.76 Richard & Michael Freedman 2
2 5 Anamoe 牡2 56.5 Rachel King 1.8 James Cummings 6
3 4 Ingratiating 牡2 56.5 Damien Oliver 4.1 James Cummings 7
4 13 Four Moves Ahead 牝2 54.5 Nash Rawiller 4.2 John Sargent 3
5 11 Captivant 牡2 56.5 Tom Marquand 5.5 Peter & Paul Snowden 15
​世界最高賞金の2歳G1ゴールデンスリッパーS、ステイインサイドが制す | JRA-VAN Ver.World
 現地27日、悪天候のため順延されていた世界最高賞金の2歳G1ゴールデンスリッパーステークス(芝1200m)が豪ローズヒルガーデンズ競馬場で行われ、T.ベリー騎乗のステイインサイドが好位抜け出しから押

2021年の第65回ゴールデンスリッパーS。賞金総額350万豪ドル(約2億9500万円)、1着賞金200万豪ドル(約1億6800万円)という2歳戦の世界最高賞金額のレースとして知られる一戦。2021年の第65回を制したのは、日本でもおなじみのトミー・ベリー騎手がテン乗りだったStay Inside。↑で引用したJRA-VAN Ver.Worldの記事でも触れられていますが、

4番手につけて最後の直線を向いたステイインサイドは、馬名とは裏腹に外から先行馬たちに並びかけると残り300メートル付近で先頭に。

中に居ることなく、外から堂々と抜け出したStay Inside。グループレース初勝利がゴールデンスリッパーSと相成りました。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。