アカイイト(2017.4.17)-第46回エリザベス女王杯(GI)の勝ち馬-

Result

アカイイト 牝 青鹿毛 2017.4.17生 浦河町・辻牧場生産 馬主・岡 浩二氏 栗東・中竹 和也厩舎

アカイイト(2017.4.17)の4代血統表
キズナ
青鹿毛 2010.3.5
種付け時活性値:1.50【6】
ディープインパクト
鹿毛 2002.3.25
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
★Halo 1969.2.7
Wishing Well 1975.4.12
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991.2.20
Alzao 1980.2.28
Burghclere 1977.4.26
キャットクイル
鹿毛 1990.5.22
Storm Cat
黒鹿毛 1983.2.27
Storm Bird 1978.4.19
Terlingua 1976.2.7
Pacific Princess
鹿毛 1973.5.10
★Damascus 1964.4.14
Fiji 1960
ウアジェト
黒鹿毛 2008.5.3
仔受胎時活性値:2.00【8】

シンボリクリスエス
黒鹿毛 1999.1.21
種付け時活性値:0.00【8】
Kris S.
黒鹿毛 1977.4.25
Roberto 1969.3.16
Sharp Queen 1965.4.19
Tee Kay
黒鹿毛 1991.2.9
★Gold Meridian 1982.4.14
Tri Argo 1982.5.18
リーチトゥピース
鹿毛 2001.3.21
仔受胎時活性値:1.50【6】
Mud Route
栗毛 1994.2.10
種付け時活性値:1.50【6】
Strawberry Road 1979.9.28
Our Suzette 1986.4.12
Waki Betty
鹿毛 1987.3.18
仔受胎時活性値:1.25【13】
★Miswaki
栗毛 1978.2.22
種付け時活性値:0.00【8】
Auntie Betty
黒鹿毛 1981.5.2
仔受胎時活性値:1.25【5】

<5代血統表内のクロス:Hail to Reason5×5>

アカイイト(2017.4.17)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
キズナ
(サンデーサイレンス系)
シンボリクリスエス
(Roberto系)
Mud Route
(Nijinsky系)
★Miswaki
(Mr. Prospector系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
キズナ 6.00 高祖母が米GIII2着馬
(No. 3-j)
3番仔
(3連産目)

*

2021年の第46回エリザベス女王杯(GI。阪神芝2200m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 16 アカイイト 牝4 56 幸 英明 2:12.1 13-13-13-7 35.7 514
[0]
中竹 和也 10
2 5 ステラリア 牝3 54 松山 弘平 2:12.4 2 7-8-8-9 36.1 490
[0]
斉藤 崇史 7
3 2 クラヴェル 牝4 56 横山 典弘 2:12.5 クビ 14-14-13-12 36.1 456
[-4]
安田 翔伍 9
4 11 ソフトフルート 牝4 56 岩田 望来 2:12.5 クビ 15-15-15-12 36.0 488
[0]
斉藤 崇史 11
5 4 イズジョーノキセキ 牝4 56 和田 竜二 2:12.5 ハナ 7-7-5-7 36.5 462
[+2]
石坂 公一 12

2021年の第46回エリザベス女王杯。いや、ビックリしました。ともあれ人気薄でもなんでも「強いものが勝つのではなく、勝ったものが強い」。それが勝負。戦前10番人気だったアカイイト、8枠16番からの発進で終始外外を回って3角から4角で中位まで進出すると、4角から直線では外から自力で勝ちに行く競馬。決勝点では2着のステラリア(2018.1.25)に2馬身差の完勝。終わってみればキズナ産駒のワンツーフィニッシュ。アカイイト、自身初の重賞勝利かつGI勝利は、キズナ産駒初めてのGI勝利でもありました。アカイイト、その馬名は「赤い糸。父名より連想」というそのままの意味ですが、岡浩二オーナーの勝負服である「白、赤十字襷、袖赤二本輪」のデザインも相まって、本当に似つかわしい名前。父譲りの青鹿毛も美しくアカイイト、細面の男前でおなじみの幸英明騎手のテン乗りのエスコートに応えて、見事なエリザベス女王杯制覇でした。

アカイイトの生産は辻牧場。辻牧場は菊花賞馬ハイレコード(1947.5.23)&ヒロキミ(1959.6.20)&ニホンピロムーテー(1968.4.6)、皐月賞馬タイセイホープ(1955.3.25)&ニホンピローエース(1963.3.25)、桜花賞とエリザベス女王杯を制したインターグロリア(1974.5.1)などを送り込んだ浦河町の老舗名門。21世紀に入ってからもアドマイヤホープ(2001.3.7)、ハッピースプリント(2011.3.6)、アンジュデジール(2014.5.1)などのジーワン馬を輩出されていましたが、中央のGI級競走ではインターグロリアの第2回エリザベス女王杯以来、44年ぶりの勝利となりました。インターグロリアからアカイイト、「エリザベス女王杯」という競走が結んだ縁もやはり赤い糸だったのでしょうか。

アカイイトの馬主の岡オーナー。今回のエリザベス女王杯挑戦について、スポーツ報知の記事における岡オーナーのコメントを引いておきますと、

 ―今回はヨカヨカの主戦だった幸英明騎手との初コンビです。

 「みゆぴ~(幸)は、馬主になる前に知人に紹介してもらって、最初に知り合った騎手なんです。これも何かの縁ですね」

【エリザベス女王杯】岡オーナー、アカイイトに引退ヨカヨカの思いも託し大舞台へ挑む : スポーツ報知

岡オーナーは今年2021年、思い出のマーニーならぬ思い出のマーニ(2016.4.26)で三津谷隼人騎手が「現役最終騎乗が重賞初勝利」となった京都ハイジャンプ(J・GII)で所有馬のJRA重賞初勝利を遂げられると、ヨカヨカ(2018.5.13)で北九州記念(GIII)を制してJRA平地重賞初制覇。そして今回のアカイイトがJRA・GI初優勝と相成りました。素晴らしい。

アカイイトを管理される中竹和也調教師は、2018年のホープフルS(GI)を制したサートゥルナーリア(2016.3.21)以来となるGI勝利ですが、角居勝彦厩舎からの一時転厩ということもあり、最初からの管理馬ということでは2009年のNHKマイルカップを制したジョーカプチーノ(2006.4.11)以来のGI制覇となりました。

そしてまたアカイイトと共に殊勲を立てた幸騎手にとっては、18年前の忘れ物を取り戻す勝利だったのではないでしょうか。スティルインラブ(2000.5.2)で牝馬三冠を達成した後の第28回エリザベス女王杯は、アドマイヤグルーヴ(2000.4.30)にハナ差の2着。幸騎手は2018年のヴィクトリアマイル(GI)を制したジュールポレール(2013.5.2)以来3年ぶりのGI勝利でした。いつまでも若々しく爽やかな幸騎手ですが、細面の男前も気が付けば御身45歳。むぅ、幸騎手と年齢がそう変わらない私は、馬齢を重ねてしまったものです^^;

  

GI馬の金看板を背にしたアカイイト。馬人の絆を結実させたエリザベス女王杯の後の進路は、果たしてどうなるのでしょうか。アカイイト、次走以降も楽しみにしています。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

#「キズナの娘!!」「ちがうほうのアカイが来た!!」と思わず叫ぶテレビ観戦者。