Mishriff(2017.4.1)-第180回ジョッケクルブ賞(仏GI)の勝ち馬-

Result

Mishriff(ミシュリフ) 牡 鹿毛 2017.4.1生 愛国・Nawara Stud Limited生産 馬主・Prince A A Faisal 英国・John Gosden厩舎

Mishriff(2017.4.1)の4代血統表
Make Believe
鹿毛 2012.2.19
種付け時活性値:1.00
マクフィ
鹿毛 2007.3.4
Dubawi
鹿毛 2002.2.7
Dubai Millennium 1996.3.20
Zomaradah 1995.2.21
Dhelaal
鹿毛 2002.4.25
Green Desert 1983.4.16
Irish Valley 1982.2.21
Rosie’s Posy
鹿毛 1999.3.31
Suave Dancer
鹿毛 1988.2.7
Green Dancer 1972.4.14
Suavite 1981.5.2
My Branch
鹿毛 1993.5.21
Distant Relative 1986.3.10
Pay the Bank 1987.5.27
Contradict
鹿毛 2010.4.16
仔受胎時活性値:1.50
Raven’s Pass
栗毛 2005.2.17
種付け時活性値:1.00
Elusive Quality
鹿毛 1993.1.27
★Gone West 1984.3.10
Touch of Greatness 1986.4.30
Ascutney
黒鹿毛 1994.4.4
Lord At War 1980.10.1
Right Word 1982.3.31
Acts of Grace
鹿毛 2003.1.26
仔受胎時活性値:1.50
Bahri
鹿毛 1992.2.7
種付け時活性値:0.50
Riverman 1969.3.22
Wasnah 1987.2.17
Rafha
鹿毛 1987.2.19
仔受胎時活性値:1.75
Kris
栗毛 1976.3.23
種付け時活性値:0.50
Eljazzi
鹿毛 1981.4.12
仔受胎時活性値:1.25

<5代血統表内のクロス:Nijinsky5×5、Green Valley(♀)5×5>

Mishriff(2017.4.1)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Make Believe
(Mr. Prospector系)
Raven’s Pass
(Mr. Prospector系)
Bahri
(Riverman系)
Kris
(エタン系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Make Believe 6.00 曾祖母がディアヌ賞勝ち馬
(No. 7-a)
3番仔?
(3連産目?)

*

2020年の第180回ジョッケクルブ賞(仏GI。シャンティイ芝2100m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 5 Mishriff 牡3 58 Ioritz Mendizabal 2:04.01 John Gosden 4
2 10 The Summit 牡3 58 Vincent Cheminaud 1 3/4 H-A Pantall 8
3 6 Victor Ludorum 牡3 58 Mickael Barzalona クビ A Fabre 1
4 1 Dawn Intello 牡3 58 Theo Bachelot 1 A Schutz 14
5 12 Port Guillaume 牡3 58 Cristian Demuro 3/4 J-C Rouget 5
仏ダービーはミシュリフが制す、ヴィクタールドラムの二冠ならず | JRA-VAN Ver.World
 現地5日、仏シャンティイ競馬場にてG1仏ダービー(芝2100m)が行われ、I.メンディザバル騎乗のミシュリフが勝利した。  道中は5番手に控えたミシュリフは残り100メートル付近で鋭く伸び、先に抜

2020年の第180回ジョッケクルブ賞を制したのは、日本で短期免許にて騎乗されたことでもおなじみのイオリッツ・メンディザバル騎手騎乗の英国馬Mishriff。Mishriffは前走英国のニューマーケットS(L)を制してジョッケクルブ賞に挑んだ別路線からのチャレンジャーだった訳ですが、2走前はサンバサウジダービーCで2着でした。

2020年のサンバサウジダービーCの勝ち馬-フルフラット(2017.3.27)-
フルフラット(Full Flat) 牡 鹿毛 2017.3.27生 米国・Sierra Farm生産 馬主・大野剛嗣氏 栗東・森秀行厩舎

ええ、フルフラット(2017.3.27)の2着だったのです。こうして見ると、クラシックホースに登り詰めるまで、色々な道程があるものですね(^^)

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。