第159回メルボルンカップ(豪GI)の勝ち馬-Vow And Declare(2015.10.17)-

Result

Vow And Declare(ヴァウアンドディクレア) せん 栗毛 2015.10.17生 豪州・Mr. P Lanskey生産 馬主・G & Mrs S M Corrigan, P J Lanskey Et Al 豪州・Danny O’Brien厩舎

Vow And Declare(2015.10.17)の4代血統表
デクラレーションオブウォー(USA)
鹿毛 2009.4.29
種付け時活性値:1.375
War Front
鹿毛 2002.2.11
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Starry Dreamer
芦毛 1994.2.26
Rubiano 1987.3.26
Lara’s Star 1981.5.10
Tempo West
栗毛 1999.1.21
Rahy
栗毛 1985.2.18
Blushing Groom 1974.4.8
Glorious Song 1976.4.22
Tempo
栗毛 1992.2.23
Gone West 1984.3.10
Terpsichorist 1975.3.10
Geblitzt(AUS)
栗毛 2006.9.22
仔受胎時活性値:2.00(0.00)
Testa Rossa(AUS)
鹿毛 1996.9.29
種付け時活性値:0.25
ペルジノ
鹿毛 1991.2.6
Danzig 1977.2.12
Fairy Bridge 1975.5.4 ♀
Bo Dapper
鹿毛 1985.11.21
Sir Dapper 1980.10.23
Bodega 1973
Aim For Gold(AUS)
鹿毛 2000.10.11
仔受胎時活性値:1.25
▲エンドスウィープ(USA)
鹿毛 1991.5.31
種付け時活性値:0.125
フォーティナイナー 1985.5.11
Broom Dance 1979.4.10
Young Vic(GB)
鹿毛 1992.5.3
仔受胎時活性値:1.875
オールドヴィック(GB)
鹿毛 1986.4.27
種付け時活性値:1.25
Loralane(GB)
鹿毛 1977.5.7
仔受胎時活性値:1.50

<5代血統表内のクロス:Danzig3×4、Mr. Prospector5×5>

Vow And Declare(2015.10.17)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
デクラレーションオブウォー
(Danzig系)
Testa Rossa
(Danzig系)
▲エンドスウィープ
(Mr. Prospector系)
オールドヴィック
(Sadler’s Wells系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
デクラレーションオブウォー 6.625 or 4.625 4代母からの別分枝にGolden Horn
(No. 9-c)
3番仔?
(3連産目?)

*

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
2019年の第159回メルボルンカップ(豪GI。フレミントン芝3200m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 23 Vow And Declare せん4 52 Craig A Williams 3:24.76 Danny O’Brien 4
2 12 Prince of Arran せん6 54 Michael Walker 0.2 Charlie Fellowes 8
3 20 Il Paradiso 牡3 52.5 Wayne Lordan 0.3 A P O’Brien 7
4 3 Master of Reality せん4 55 Frankie Dettori 2位降着 Joseph Patrick O’Brien 13
5 18 Surprise Baby せん5 53.5 Jordan Childs 0.9 Paul Preusker 5

2019年の第159回メルボルンカップ。ゴール前大混戦となった今年2019年の”The race that stops a nation”を制したのは、前走コーフィールドC(豪GI)でメールドグラース(2015.5.26)の2着だった戦前4番人気のVow And Declare。戦前の人気は北半球からの刺客に譲りましたが、1着は譲らず。地元勢の意地を見せた結果となりました。そんな今年のメルボルンカップは、ファーストネームが異なるオブライエン姓の調教師が掲示板を賑わせました。勝利を収めたダニー・オブライエン調教師は地元豪州で活躍。3着のエイダン・パトリック・オブライエン調教師は「言わずもがな」。そして、2位入線4着降着のジョセフ・パトリック・オブライエン調教師は一昨年の第157回のRekindling(2014.3.23)以来の2勝目を狙いましたが、ほろ苦い結果となりました。

さて、Vow And Declareの4代血統表を開くと、↑のとおり、4代に配された父のうち3頭がカタカナ表記。日本にも縁のある血が多いVow And Declare、最優性先祖と判断した父のデクラレーションオブウォーは現役時代に7勝を挙げ、その主な競走成績には

  1. 英インターナショナルS(GI)、クイーンアンS(英GI)、ダイヤモンドS(愛GIII)
  2. エクリプスS(英GI)
  3. ブリーダーズカップ・クラシック(米GI)、サセックスS(英GI)

と、英GI2勝に加え、ブリーダーズカップ・クラシック3着も光ります。デクラレーションオブウォーが出走した第30回ブリーダーズカップ・クラシック、初ダートながら勝ち馬のMucho Macho Man(2008.6.15)からハナ、アタマ差の僅差3着。そんなデクラレーションオブウォーの現役時代はエイダン・パトリック・オブライエン厩舎の所属で、主戦騎手はジョセフ・パトリック・オブライエン騎手でした。「宣戦布告」という意味のデクラレーションオブウォー、自身は8ハロンから10ハロンの距離での活躍馬でしたが、主な代表産駒を確認してみますと、、、

  1. Vow And Declare(2015.10.17)
    →メルボルンカップ(豪GI)、タタソールズC(豪GIII)ほか。本稿の主役
  2. Olmedo(2015.4.11)
    →仏2000ギニー(GI)、ゴントービロン賞(仏GIII)ほか
  3. Winning Ways(2015.8.19)
    →クイーンズランドオークス(豪GI)
  4. Warning(2016.9.30)
    →ヴィクトリアダービー(豪GI)ほか
  5. Decorated Invader(2017.3.16)
    →サマーS(加GI)

既に5頭のGI勝ち馬を送り込んでいる俊英の若手種牡馬、産駒の適正は多彩ですね。これは日本軽種馬協会の慧眼を思うところ。日本でもどんな産駒を輩出してくれるか楽しみにしたいものです。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

デクラレーションオブウォー(USA):日本軽種馬協会
日本軽種馬協会:デクラレーションオブウォー(USA)のページです。