Rocket Spade(2017.10.21)-第146回ニュージーランドダービー(GI)の勝ち馬-

Result

Rocket Spade(ロケットスペード) 牡 鹿毛 2017.10.21生 豪州・Sun Kingdom生産 馬主・Hermitage Thoroughbreds Pty Ltd 新国・Lance O’Sullivan & Andrew Scott厩舎

Rocket Spade(2017.10.21)の4代血統表
Fastnet Rock(AUS)
鹿毛 2001.9.22
種付け時活性値:1.75【15】
デインヒル
鹿毛 1986.3.26
Danzig
鹿毛 1977.2.12
Northern Dancer 1961.5.27
Pas de Nom 1968.1.27
Razyana
鹿毛 1981.4.18
His Majesty 1968.4.15
Spring Adieu 1974.5.10
Piccadilly Circus
鹿毛 1995.9.24
ロイヤルアカデミー
鹿毛 1987.2.21
Nijinsky 1967.2.21
Crimson Saint 1969.3.15
Gatana
鹿毛 1989.8.30
Marauding 1984.9.30
Twigalae 1979.9.26
Affairoftheheart(NZ)
栗毛 2005.9.7
仔受胎時活性値:0.75【11】
Fusaichi Pegasus(USA)
鹿毛 1997.4.12
種付け時活性値:1.875【7.5】
Mr. Prospector
鹿毛 1970.1.28
★Raise a Native 1961.4.18
Gold Digger 1962.5.28
Angel Fever
鹿毛 1990.5.12
Danzig 1977.2.12
Rowdy Angel 1979.5.17
Call Me Lily(NZ)
鹿毛 1995.11.15
仔受胎時活性値:0.25【9】
★Just a Dancer(NZ)
栗毛 1986
種付け時活性値:0.00【8】
★Star Way 1977.4.4
Field Nymph 1977.10.11
Colero(NZ)
青鹿毛 1982
仔受胎時活性値:1.00【12】
Brazen Bay(AUS)
栗毛 1971.11.13
種付け時活性値:0.50【10】
On Tour(NZ)
鹿毛 1976.11.15
仔受胎時活性値:1.25【5】

<5代血統表内のクロス:Danzig3×4、Northern Dancer4×5×5、Natalma(♀)5×5>

Rocket Spade(2017.10.21)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
Fastnet Rock
(デインヒル系)
Fusaichi Pegasus
(Mr. Prospector系)
Just a Dancer
(Herbager系)
Brazen Bay
(Star Kingdom系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Fusaichi Pegasus
(Affairoftheheart)
3.25 叔母が新GI馬
(No. 13-a)
3番仔?

*

2021年の第146回ニュージーランドダービー(GI。エラズリー芝2400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破時計
・着差
調教師
1 1 Rocket Spade 牡3 56.5 Craig Grylls 2:35.51 Lance O’Sullivan & Andrew Scott 1
2 5 Milford 牡3 56.5 Leith Innes 短クビ Stephen Marsh 5
3 8 Frontman 牡3 56.5 Danielle Johnson 短アタマ Murray Baker & Andrew Forsman 7
4 14 Il Affare 牝3 54.5 Johnathan Parkes 1 1/2 Peter & Dawn Williams 8
5 9 Iffie Shows せん3 56.5 Sam Weatherley アタマ Steven Cole 14
NZダービー、1番人気のロケットスペードが最後方から馬群を抜け出す | JRA-VAN World - 海外競馬情報サイト
G1ニュージーランドダービー(3歳、芝2400m)が現地7日にエラズリー競馬場で行われ、最後方を追走した1番人気のロケットスペードが最終コーナーで広がった馬群に馬場の内目から突っ込むと、タイミング良

2021年の第146回ニュージーランドダービー。道中は14頭立ての最後方に構えて、直線では上手く馬場の中央内側を突いて抜きん出たRocket Spade。どこかで聞いたことがあるような馬名のMilford(2017.11.15)、更にはFrontman(2017.11.23)の追撃をわずかに退けて、見事1番人気に応えてGI初制覇となりました。Rocket Spadeの鞍上のクレイグ・グリルス騎手は、2019年の第144回に続いてニュージーランドダービー2勝目。

第144回ニュージーランドダービー(GI)の勝ち馬-Crown Prosecutor(2015.9.19)-
Crown Prosecutor(クラウンプロセキューター) 牡 鹿毛 or 青鹿毛 2015.9.19生 豪州・Hesket Bloodstock生産 馬主・Huntingdale Lodge 2012 Ltd (Mgr: Harvey Green) & JML Bloodstock Ltd (Mgr: L Petagna) 新国・Stephen Marsh厩舎

そしてまた、共同管理されるランス・オサリバン調教師は1990年の第115回をSurfers Paradise(1987.10.14)、1993年の第118回をPopsy(1990.10.7)と、騎手としてはニュージーランドダービー2勝を挙げられていましたが、調教師としては初勝利となりました。ええ、日本ではHorlicks(1983.10.7)による1989年のジャパンカップ(GI)制覇でおなじみの、オサリバン師ですね。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。