ムービースター(1986.4.9)-五十音にて名馬を辿る(No.33)-

Series

ムービースター 牡 栗毛 1986.4.9生~2016.10.10没 白老町・社台フアーム生産 馬主・吉田 照哉氏 栗東・坪 憲章厩舎

ムービースター(1986.4.9)の4代血統表
デイクタス
栗毛 1967.4.11
種付け時活性値:0.50【18】
Sanctus
鹿毛 1960.2.28
Fine Top
黒鹿毛 1949
▲Fine Art 1939
Toupie 1943
Sanelta
鹿毛 1954
Tourment 1944
Satanella 1941
Doronic
栗毛 1960.3.25
Worden
栗毛 1949
★Wild Risk 1940
Sans Tares 1939
Dulzetta
栗毛 1954.2.9
▲Bozzetto 1936
Dulcimer 1946
ダイナビーム
栃栗毛 1979.5.18
仔受胎時活性値:1.50【6】
ノーザンテースト
栗毛 1971.3.15
種付け時活性値:1.75【7】
Northern Dancer
鹿毛 1961.5.27
Nearctic 1954.2.11
Natalma 1957.3.26
Lady Victoria
黒鹿毛 1962.2.20
Victoria Park 1957.5.10
Lady Angela 1944 ♀
ビーチマスト
栗毛 1967
仔受胎時活性値:0.75【11】
Hornbeam
栗毛 1953
種付け時活性値:1.25【13】
Hyperion 1930.4.18
Thicket 1947
Panalady
栗毛 1960
仔受胎時活性値:1.50【6】
パナスリツパー
栗毛 1952
種付け時活性値:1.75【7】
Lady Cham
栗毛 1950
仔受胎時活性値:0.25【9】

<5代血統表内のクロス:Lady Angela(♀)4×5(母方)、Hyperion4×5(母方)>

ムービースター(1986.4.9)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
デイクタス
(Fine Top系)
ノーザンテースト
(Northern Dancer系)
Hornbeam
(Hyperion系)
パナスリツパー
(Blandford系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
ノーザンテースト
(Hyperion)
4.00  
(No. 21-a)
4番仔
(4連産目)

*

1991年の第27回東海テレビ杯金鯱賞(GIII。中京芝1800m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 3 ムービースター 牡5 54 武豊 1:46.6 レコード 10-10-8-9 35.0 426
[-2]
坪憲章 2
2 1 トーワルビー 牝4 52 岸滋彦 1:46.6 ハナ 1-1-1-1 35.8 496
[+2]
佐山優 4
3 4 センターショウカツ 牡4 54 松永昌博 1:46.7 クビ 7-6-5-3 35.4 448
[-2]
松永善晴 3
4 9 ホワイトアロー 牡4 56 田原成貴 1:46.9 1.1/4 11-11-8-6 35.4 482
[-6]
小野幸治 1
5 11 スノージェット 牡5 55 安田隆行 1:46.9 ハナ 12-12-11-9 35.1 456
[0]
梅内忍 9

*

1991年の第26回テレビ西日本賞北九州記念(GIII。小倉芝1800m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 12 ムービースター 牡5 56 武豊 1:46.9 レコード 11-10-8-7 35.2 434
[+8]
坪憲章 2
2 7 イクノディクタス 牝4 55 村本善之 1:47.2 2 5-6-3-5 35.8 456
[+6]
福島信晴 3
3 6 ヌエボトウショウ 牝4 54 角田晃一 1:47.4 1.1/2 5-3-3-3 36.1 484
[-2]
渡辺栄 1
4 11 ダンディスピリット 牡4 56 加用正 1:47.7 2 7-6-3-5 36.4 440
[0]
北橋修二 4
5 5 ミスターヤマノ 牡6 57 樋口弘 1:47.7 クビ 2-2-2-1 36.7 492
[0]
福永甲 10

*

1992年の第40回トヨタ賞中京記念(GIII。中京芝2000m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 6 ムービースター 牡6 57 岸滋彦 2:00.6 9-9-4-2 36.5 426
[-10]
坪憲章 2
2 10 ブレスレット 牝4 49 久保田英敬 2:00.8 1.1/2 11-11-10-5 36.4 440
[-6]
渡辺栄 7
3 2 ステイジヒーロー 牡6 55 武永祥 2:00.9 1/2 3-3-4-5 36.9 480
[-8]
田中章博 9
4 5 ミスタースペイン 牡4 56 石橋守 2:01.0 クビ 3-3-2-1 37.1 482
[-10]
橋口弘次郎 1
5 12 ホワイトアロー 牡5 58.5 大崎昭一 2:01.1 1/2 3-3-4-5 37.1 496
[+4]
小野幸治 3

*

1993年の第67回中山記念(GII。中山芝1800m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 14 ムービースター 牡7 58 岸滋彦 1:47.0 レコード 11-11-10-8 34.5 430
[-2]
坪憲章 5
2 10 シスタートウショウ 牝5 55 角田晃一 1:47.2 1.1/4 6-6-3-2 35.2 474
[0]
鶴留明雄 3
3 9 エルカーサリバー 牝4 55 岡部幸雄 1:47.3 1/2 9-8-7-6 35.0 458
[-4]
田中良平 1
4 11 ヤマニンゼファー 牡5 58 田原成貴 1:47.3 ハナ 2-2-3-2 35.3 464
[+2]
栗田博憲 2
5 12 セキテイリュウオー 牡4 56 田中勝春 1:47.4 1/2 5-5-3-2 35.4 456
[-6]
藤原敏文 4

*

ムービースター。1993年の第67回中山記念を当時通っていた床屋さんで見た記憶があるのです。私、当時15歳。むぅ、……遥か遠い昔です^^;

振り返ればその中山記念はムービースターに続いたシスタートウショウ(1988.5.25)、エルカーサリバー(1989.4.7)、ヤマニンゼファー(1988.5.27)、セキテイリュウオー(1989.4.30)など役者が揃っていた一戦。桜花賞(GI)以来の重賞制覇を狙った絶世の美女、牡牝混合重賞4勝目を目指した男勝り、1600m超の距離に初めて挑んだマイル王、中距離の高みを目指した竜王。そんな若年の上位人気馬たちをなぎ倒したのは壮年の銀幕俳優、ムービースター。旧年齢表記で言えば8歳の栗毛の流星、得意の1800mでは譲れないとばかりに、先に抜け出していたシスタートウショウをあっという間に捉えて、最後は1と4分の1馬身差。その勝ち時計1分47秒0はコースレコード。↑でも記したとおり、ムービースターの重賞4勝のうち3勝は1800m。その1800mでの重賞勝ちはいずれもコースレコードでした。

そしてまた、結果的にムービースターの最後の勝利となった、1993年の小倉日経オープン。

1993年の小倉日経オープン(OP。小倉芝1700m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 14 ムービースター 牡7 56 岸滋彦 1:41.4 8-8-6-5 35.4 428
[-4]
坪憲章 1
2 8 メイショウマキーナ 牡6 56 西浦勝一 1:42.1 4 3-3-4-3 36.8 542
[+2]
高橋直 12
3 10 ホクセイシプレー 牡5 57 角田晃一 1:42.3 1.1/4 6-6-5-5 36.8 454
[+10]
須貝彦三 9
4 5 レガシーフィールド 牝5 55 佐藤哲三 1:42.3 アタマ 11-11-9-7 36.1 426
[+12]
吉岡八郎 4
5 12 シャネルレングス 牝3 52 大崎昭一 1:42.3 クビ 3-3-2-3 37.1 428
[0]
布施正 8

オープン特別において定量56kgでは裸同然。ムービースター、「戦って来た相手が違う」とばかりに4馬身差。格の違いを見せ付けました。

*

ムービースターは吉田照哉さんの持ち馬ですが、女優の南田洋子さんが共同馬主であり、南田さんは名牝ダイナアクトレス(1983.5.4)の一口馬主としても知られていました。「アクトレス」や「ムービースター」は、正に南田さんからの着想だったのでしょう。そしてまた関西圏、特に京滋地区のオールドファンしかご理解いただけないと思いますが、南田さんはご夫君の長門裕之さんと共に、KBS京都の交通安全キャンペーン企画として知られた「かたつむり大作戦」のメインMCを務められていました。関西の企業つながりではないですけれど、長門夫妻のメインMC、塩野義製薬の一社提供でおなじみのミュージックフェアだけではなかったのです。併せて、かたつむり大作戦による縁深さから、南田さんがKBS京都の競馬中継にゲスト出演されていたことを思い出します。

……余談が過ぎましたが、ムービースター。私が意識をして見たレースは中山記念以降の1993年の一連のレースでしたけれど、競馬者として最初期に出会った「古豪」の1頭として、今もなお思い出す1頭です。

 

それでは、これから走る馬、人すべてが無事でありますように。

*

[ムービースター(1986.4.9)の主な競走成績]

  1. 中山記念(GII)、中京記念(GIII)、北九州記念(GIII)、金鯱賞(GIII)
  2. 天皇賞・秋(GI)
  3. 安田記念(GI)、神戸新聞杯(GII)

通算50戦9勝、2着9回、3着3回。

*

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

このサイトの管理人曰く「ムービースターについては、初年度産駒のマイネルハリウッドも印象に残っている」そうです。

マイシンザン
マイシンザン

おお。俺の全弟のマイジェントルマン(1995.4.11)のデビュー戦で勝った馬こそ、マイネルハリウッド(1995.4.17)やからな。

ワイルドブラスター
ワイルドブラスター

このサイトのコアなユーザーの方向けにお伝えしますと、ムービースターさんが満8歳時交配のミニモの遺伝馬で、母父のトウシヨウボーイ(1973.4.15)さんも満8歳時交配だったのが、マイネルハリウッドです。

マイシンザン
マイシンザン

一説によるとサラブレッドクラブ・ラフィアンの初期の馬には中島国治氏の関与があったらしいので、マイネルハリウッドもその名残かも知れんね。