スティンガー(1996.5.15)

Obituary

スティンガー 牝 鹿毛 1996.5.15生~2023.9.21没 千歳市・社台ファーム生産 馬主・吉田 照哉氏 美浦・藤沢 和雄厩舎

スティンガー(1996.5.15)の4代血統表
サンデーサイレンス
青鹿毛 1986.3.25
種付け時活性値:0.25【9】

Halo
黒鹿毛 1969.2.7
Hail to Reason
黒鹿毛 1958.4.18
Turn-to 1951
Nothirdchance 1948
Cosmah
鹿毛 1953.4.4
★Cosmic Bomb 1944
Almahmoud 1947.5.18
Wishing Well
鹿毛 1975.4.12
Understanding
栗毛 1963.2.17
★Promised Land 1954.3.31
Pretty Ways 1953.3.21
Mountain Flower
鹿毛 1964.3.23
Montparnasse 1956
Edelweiss 1959.2.15
レガシーオブストレングス
栗毛 1982.5.7
仔受胎時活性値:1.25【13】
Affirmed
栗毛 1975.2.21
種付け時活性値:1.50【6】
Exclusive Native
栗毛 1965.4.17
Raise a Native 1961.4.18
Exclusive 1953.4.12
Won’t Tell You
鹿毛 1962
Crafty Admiral 1948.6.6
Scarlet Ribbon 1957.4.8
Katonka
鹿毛 1972.3.7
仔受胎時活性値:0.25【9】
Minnesota Mac
鹿毛 1964.4.26
種付け時活性値:1.75【7】
Rough’n Tumble 1948
Cow Girl 1949
Minnetonka
鹿毛 1967.4.4
仔受胎時活性値:1.00【4】
Chieftain
黒鹿毛 1961.4.9
種付け時活性値:1.25【5】
Heliolight
鹿毛 1957.3.4
仔受胎時活性値:0.25【9】

<5代血統表内のクロス:なし>

スティンガー(1996.5.15)の0の理論的総括
母父 祖母父 曾祖母父
サンデーサイレンス
(Halo系)
Affirmed
(Raise a Native系)
Minnesota Mac
(Himyar系)
Chieftain
(Bold Ruler系)
形相の遺伝 料の遺伝 牝系 母の何番仔?
Minnesota Mac
(Bull Dog)
2.75
(【13】+【9】+【4】+【9】)
全姉サイレントハピネス
(No. 9-c)
8番仔
(7連産目)

*

1998年の第50回阪神3歳牝馬S(GI。阪神芝1600m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢 騎手 走破
時計
着差 調教師
1 12 スティンガー 牝2 横山 典弘 1:37.0 藤沢 和雄 3
2 1 エイシンレマーズ 牝2 幸 英明 1:37.3 2 湯浅 三郎 11
3 9 ゴッドインチーフ 牝2 河内 洋 1:37.8 3 坂口 正大 1
4 2 スタートマーチ 牝2 四位 洋文 1:38.0 1・1/4 伊藤 圭三 9
5 8 ケイズエンジェル 牝2 植野 貴也 1:38.5 3 梅内 忍 7
1998年の第50回阪神3歳牝馬S(GI。阪神芝1600m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.3 – 10.9 – 11.1 – 11.9 – 12.4 – 13.5 – 12.2 – 12.7
ラップの
累計タイム
12.3 – 23.2 – 34.3 – 46.2 – 58.6 – 1:12.1 – 1:24.3 – 1:37.0
上り 4F 50.8 – 3F 38.4

*

1999年の第34回サンケイスポーツ賞4歳牝馬特別(GII。東京芝2000m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 14 スティンガー 牝3 54 岡部幸雄 2:01.4 3-5-5 35.3 448
[0]
藤沢和雄 2
2 7 フサイチエアデール 牝3 54 武豊 2:01.4 クビ 3-3-3 35.4 418
[-8]
松田国英 1
3 8 クロックワーク 牝3 54 横山典弘 2:01.5 1/2 7-6-5 35.3 458
[-6]
奥平真治 3
4 6 コウヨウヒロイン 牝3 54 武藤善則 2:01.6 1/2 7-8-8 35.3 460
[+6]
加藤修甫 7
5 12 エイシンルーデンス 牝3 54 野元昭嘉 2:01.6 クビ 2-1-1 35.8 452
[+2]
野元昭 5
1999年の第34回サンケイスポーツ賞4歳牝馬特別(GII。東京芝2000m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.8 – 11.7 – 11.9 – 12.0 – 12.3 – 12.4 – 12.7 – 12.5 – 11.1 – 12.0
ラップの
累計タイム
12.8 – 24.5 – 36.4 – 48.4 – 1:00.7 – 1:13.1 – 1:25.8 – 1:38.3 – 1:49.4 – 2:01.4
上り 4F 48.3 – 3F 35.6

*

2000年の第35回京都牝馬特別(GIII。京都芝1600m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 3 スティンガー 牝4 56 O.ペリエ 1:34.9 4-3 34.1 456
[0]
藤沢 和雄 1
2 11 エイシンルーデンス 牝4 56 野元 昭嘉 1:34.9 ハナ 1-1 34.4 462
[+2]
野元 昭 6
3 7 ハイフレンドコード 牝5 56 熊沢 重文 1:35.0 1/2 5-5 34.1 506
[0]
中島 敏文 2
4 5 ナリタルナパーク 牝5 55 渡辺 薫彦 1:35.1 1/2 7-7 34.1 434
[-2]
大久保 正陽 3
5 10 ラパシオン 牝4 52 福永 祐一 1:35.1 クビ 2-2 34.5 440
[+6]
北橋 修二 10
2000年の第35回京都牝馬特別(GIII。京都芝1600m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.7 – 11.4 – 12.2 – 12.3 – 11.9 – 11.3 – 11.4 – 11.7
ラップの
累計タイム
12.7 – 24.1 – 36.3 – 48.6 – 1:00.5 – 1:11.8 – 1:23.2 – 1:34.9
上り 4F 46.3 – 3F 34.4

*

2000年の第45回京王杯スプリングC(GII。東京芝1400m)の結果(上位5頭。馬齢は現年齢表記に合わせる)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 17 スティンガー 牝4 55 武 豊 1:21.0 17-17 33.6 460
[+4]
藤沢 和雄 5
2 13 ブラックホーク 牡6 59 横山 典弘 1:21.3 1 3/4 2-2 34.8 526
[-8]
国枝 栄 2
3 3 タイキブライドル 牡5 57 岡部 幸雄 1:21.3 クビ 2-2 34.7 472
[-4]
伊藤 正徳 7
4 14 ウメノファイバー 牝4 56 佐藤 哲三 1:21.3 ハナ 13-13 34.1 446
[0]
相沢 郁 12
5 15 シンボリインディ 牡4 58 蛯名 正義 1:21.4 3/4 6-2 34.9 460
[0]
藤沢 和雄 8
2000年の第45回京王杯スプリングC(GII。東京芝1400m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.5 – 11.1 – 11.2 – 11.6 – 11.8 – 11.2 – 11.6
ラップの
累計タイム
12.5 – 23.6 – 34.8 – 46.4 – 58.2 – 1:09.4 – 1:21.0
上り 4F 46.2 – 3F 34.6

*

2001年の第46回京王杯スプリングC(GII。東京芝1400m)の結果(上位5頭)


馬名 性齢
騎手 走破
時計
着差 通過
順位
上り
3F
馬体重
[増減]
調教師
1 17 スティンガー 牝5 56 岡部 幸雄 1:20.1 10-10 34.3 482
[+8]
藤沢 和雄 2
2 13 スカイアンドリュウ 牡4 57 菊沢 隆徳 1:20.2 クビ 6-4 34.7 494
[0]
角居 勝彦 7
3 12 ブラックホーク 牡7 59 横山 典弘 1:20.2 クビ 4-4 34.8 528
[-2]
国枝 栄 1
4 1 タイキブライドル 牡6 57 郷原 洋司 1:20.4 1 1/4 6-7 34.8 486
[+16]
伊藤 正徳 13
5 3 テスタロッサ 牡5 59 D.オリヴァー 1:20.4 アタマ 12-12 34.3 532
[前計不]
D.ローソン 5
2001年の第46回京王杯スプリングC(GII。東京芝1400m)のラップタイム
1F毎の
ラップ
12.2 – 10.4 – 11.0 – 11.3 – 11.8 – 11.2 – 12.2
ラップの
累計タイム
12.2 – 22.6 – 33.6 – 44.9 – 56.7 – 1:07.9 – 1:20.1
上り 4F 46.5 – 3F 35.2

*

スティンガーが死亡 JRA

スティンガー。「天才少女」という響きで思い出す馬は、ビワハイジ(1993.3.7)かスティンガーか、となりますのは、私が既にオールドファンだからでしょうか。デビュー29日目で掴んだGI勝利は、東京芝1600mの赤松賞1着からの連闘によるものでした。

そんなスティンガー、連闘でGI馬になったかと思えば、阪神3歳牝馬S以来のぶっつけで挑んだ桜花賞(GI)において青い帽子が出遅れて場内がどよめいたのも懐かしい。岡部幸雄騎手の桜花賞制覇の代わりに成されたのは、岡部騎手と馬事公苑同期の福永洋一さんのご子息であった福永祐一騎手のGI初勝利でした。

プリモディーネ(1996.4.5)-福永祐一騎手の引退に寄せて・前編-
プリモディーネ 牝 鹿毛 1996.4.5生 門別町・サンシヤイン牧場生産 馬主・伊達 秀和氏 栗東・西橋 豊治厩舎

藤沢和雄調教師の管理馬の「2歳GIから桜花賞直行」というローテーションによる3歳牝馬クラシックの勝利は、スティンガーから20年後のグランアレグリア(2016.1.24)により成されました。グランアレグリア、同じ青い帽子4枠8番からの発進で先輩の雪辱を果たしたのでした。

第79回桜花賞(GI)の勝ち馬-グランアレグリア(2016.1.24)+α-
グランアレグリア 牝 鹿毛 2016.1.24生 安平・ノーザンファーム生産 馬主・(有)サンデーレーシング 美浦・藤沢和雄厩舎シゲルピンクダイヤ 牝 黒鹿毛 2016.2.12生 日高・天羽牧場生産 馬主・森中蕃氏 栗東・渡辺薫彦厩舎

またスティンガーが連覇を果たした京王杯スプリングC。特に1回目の2000年の現年齢表記4歳時、テン乗りとなった武豊騎手を背にして18頭立ての17番手からピューンと伸びた様は「圧巻」でした。そしてまた、スティンガーの1996年生まれ世代は母父にAffirmedを持つ馬が大いに活躍した世代でした。記してみれば、

  1. スティンガー(1996.5.15)
    →阪神3歳牝馬S(GI)、京王杯スプリングC(GII)2回、サンケイスポーツ賞4歳牝馬特別(GII)、京都牝馬特別(GIII)ほか。牝馬。本稿の主役
  2. ナリタトップロード(1996.4.4)
    →菊花賞(GI)、阪神大賞典(GII)2回、京都大賞典(GII)、京都記念(GII)、弥生賞(GII)、きさらぎ賞(GIII)ほか。牡馬
  3. メイショウドトウ(1996.3.25)
    →宝塚記念(GI)、日経賞(GII)、オールカマー(GII)、金鯱賞(GII)、中京記念(GIII)ほか。牡馬
  4. メジロダーリング(1996.5.28)
    →アイビスサマーダッシュ(GIII)、函館スプリントS(GIII)ほか。牝馬

の4頭がJRAでGI連対を果たし内3頭がGI馬。1990年代末期から2000年初頭にかけては栗毛の米国三冠馬の血を強く思い知ったものです。

振り返れば思い出に残る馬であったスティンガー。27年の馬生、お疲れ様でした。どうぞ安らかに。合掌。

  

それでは、これから走る馬、人すべてに幸多からんことを。

*

[スティンガー(1996.5.15)の主な競走成績]

  1. 阪神3歳牝馬S(GI)、京王杯スプリングC(GII)2回、サンケイスポーツ賞4歳牝馬特別(GII)、京都牝馬特別(GIII)
  2. 高松宮記念(GI)、阪神牝馬S(GII)、東京新聞杯(GIII)

通算21戦7勝、3着3回。